ようこそわが家への初回視聴率は?嵐の主題歌「青空の下」の評価も

 yokoso

 

2015年春のドラマ「ようこそ、わが家へ」が4月13日にスタートして視聴率に注目が集まっています。

 

ドラマ「ようこそ、わが家へ」は嵐の相葉雅紀さん主演で、主題歌は嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」ということで話題となっていました。

 

また沢尻エリカさんや、有村架純さんという可愛い女性も出演するということで前評判も高かったのですが、今回の月9ドラマは衝撃のスタートを飾りました。

 

ドラマがスタートしたとたんネットで大騒ぎとなったのが

 

「月9ドラマ。まさかのホラーか!?」

 

ということでした。

 

ネット上ではドラマの内容が、怖い、おっかない、恐ろしい、というコメントで溢れ返りました。

 

そこで「ようこそ、わが家へ」のネットの反応と初回視聴率についてまとめました。

 

また主題歌「青空の下、キミのとなり」のネットの評価についても紹介します。

 

スポンサードリンク

 

月9「ようこそ、わが家へ」の初回視聴率は?

 

「ようこそ、わが家へ」の初回視聴率は13.0%となりました。まずまずの視聴率とは思いますが、個人的にはもっといくのかなと思ったので意外でした。

 

今回の月9ドラマは多くの視聴者にとって衝撃のドラマだったと思います。

 

というのは、前情報でサスペンスタッチとは言われていましたが、

 

これはもう”タッチ”というより「完全ホラー!」と言った方がいいくらいのサスペンスドラマだったのです。

 

ドラマがスタートするや否やネットではたちまち

 

「怖い」

 

「おっかない」

 

「恐ろしい。(というかこれ月9じゃない)」

 

というコメントで溢れました。

 

簡単なあらすじは、性格は温厚だが、とても気弱で争い事からいつも逃げてばかりいる主人公の倉田健太(相葉雅紀さん)が、駅でちょっと注意した男から逆恨みされて、その日から陰湿な嫌がらせ行為が始まるというストーリーでしたが、

 

確かに怖いです。

 

ホラー映画を見ている時のようなハラハラ感(気持ち悪いモヤモヤ感!?)がこみ上げてくる内容でした。

 

前回の月9ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』のノリで見た方は、きれいにカウンターをもらったと思います(と言いますかサスペンスタッチだと知ってた人でも驚いたと思われます)。

 

「ようこそ、わが家へ」はどこなくホームドラマっぽいタイトルなのに、実際はホラードラマというのも意表を突かれたポイントかも知れません。

 

初回視聴率については、相葉雅紀さんを始めキャスティングも良いですし、主題歌も嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」に決まりましたので、初回視聴率は結構伸びるのでは?と思われますが

 

果たして2回目以降も視聴率を維持するかというのは気になるところです。

 

サスペンス系が好きな人は次が気になってしかないところですが、これから(恐らくですが)陰湿なストーカーとの戦いがずっと続くと思いますので、好みは分かれるかも!?知れません。

 

スポンサードリンク

 

主題歌の嵐新曲「青空の下、キミのとなり」への評価は?

 

ドラマ主題歌となった嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」へのネットの反応もかなり大きなものとなりました。

 

嵐の新曲のCDは5月13日発売となっていますので、嵐ファンの方もまだまともに曲を聴いていないこともあり(?)

 

「新曲を早く聴いてみたい♪」

 

というメッセージはかなり多く、ドラマのエンディング時間が近づくにつれてどんどん新曲に対するメッセージは伸びていきました。

 

ただし。今回はそれだけはありませんでした。

 

嵐ファンでなくても、ツッコミが止まらなかったのが「ドラマの内容と新曲タイトルのギャップ」でした。

 

ネットの反応も少し紹介します。

 

・ねぇ、しょっぱなからこんなに怖いのに、主題歌の青空の下キミのとなりって、ほんとに、合ってるの?

 

・なんで主題歌「青空の下、キミのとなり」なの?これからなんかあるの?

 

・もしかして、青空の下、キミの隣って、キミの隣にストーカーはいつもいるよってこと?怖い無理

 

・ようこそ ってストーカーを受け入れて、青空の下でストーカーとお隣さんになるドラマなんですよね?そうですよね?

 

・青空の下、キミのとなり 流れたねぇ!全然 それどころじゃない、怖すぎて 笑

 

・やっぱこのストーカー番組に主題歌のタイトルがおかしいw「青空の下、キミのとなり」じゃなくて、「暗雲の下、キミのとなり」だったらなんとなくわかるw

 

 

つまり、今回はドラマ内容の『コワ過ぎインパクト』がかなり強かったようです。

 

ドラマのスタートから終わりまで、ずーっと「怖い」的なメッセージが続いていましたので、主題歌についても「怖い」というテーマが引きずられた感じです。

 

ただサスペンスタッチな部分を置いといて聴いてみると、前回のsakuraに次いで良い曲だというメッセージがたくさんありましたので人気は出そうな感じでした。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ