ワールドカップバレー2015の結果と順位は?組み合わせや対戦相手も

valley

 

FIVBワールドカップバレー2015が始まり注目が集まっています。

 

今年(2015年)の8月は高校野球の夏の甲子園やワールドカップがあったり、世界陸上があったり、とやけにスポーツイベントが重なりますが

 

ワールドカップバレーもなかなか侮れません。

 

というのも4年に1度しか行われないバレーボールの祭典が「ワールドカップバレー」であり、なんと2015年の開催国は日本なのです(ただ前回の開催国がどこかは置いておいて、、)。

 

そこでワールドカップバレーの女子と男子の組み合わせ(試合結果と順位)をまとめました。

 

またワールドカップバレーの順位決定方式過去の大会での日本チームの結果についても少し紹介します。

 

スポンサードリンク

 

女子チーム組み合わせと結果

女子チームの試合は8月22日〜9月6日の日程で行われ、表彰式は6日の試合終了後となります。日本代表チームはAサイトでの試合です。

 

女子Aサイト

 

女子Bサイト

 

女子順位(ランキング)

スポンサードリンク

 

男子チーム組み合わせ

男子チームの試合は9月8日〜9月23日の日程で行われ、表彰式は23日の最終試合終了後となります。日本代表チームはAサイトでの試合です。

男子Aサイト

男子Bサイト

 

男子順位

 

ワールドカップバレーの順位決定方式は?

 

ワールドカップバレーは出場国12カ国(12チーム)による総当たり戦で戦います。そしてワールドカップバレーの場合は、順位決定戦が用意されていません。

 

そのため各チームとの対戦は1回勝負です。

 

例えば日本チーム女子であれば対戦相手である11チームと1回づつのみ戦います。そのため、日本チーム(女子)の試合数は全部で11試合となります。

 

そして順位の決め方は勝率ではなく「勝ち点ポイント方式」となります。

 

各試合毎に勝ち点ポイント・ルールに従って与えられる勝ち点ポイントの多いチームから順位が決まります。

 

【勝ち点ポイント・ルール】

・セットカウントが「3-0」もしくは「3-1」 の試合の場合

勝者が3ポイント獲得(敗者はポイントなし)

 

・セットカウントが「3-2」の試合の場合

 勝者が2ポイント獲得、敗者も1ポイント獲得

 

勝ち点ポイントが同じになってしまった場合は、下記の条件順に比較して数字の高い方のチームが勝ちとなります。

 

【勝ち点ポイントが同点の場合の比較条件】

条件1)勝利数

条件2)セット率

条件3)得点率

 

最悪ケースとして、全てが全く同点となった場合は(それがあり得るのかわかりませんが)直近の直接対決で勝った方が上の順位となります。

 

バレーボールの場合は、男子と女子で別々の試合日程で行われ(同時には行わない)、日本戦が常にテレビ放送にベストな時間帯(ゴールデンタイム)に設定されているせいか!?

 

全体の日程を長引かせないように順位決定戦が設定されていないのかも?という気もします。

 

ちなみにバレーボールではないですが、8月28日から開催されるU18野球ワールドカップも12カ国で争われます。

 

野球のワールドカップの場合も、今年は開催国が日本ということで、日本戦は必ずテレビ放送にベストな時間帯に設定されていますが、野球の場合は女子がないためか?、こちらは順位決定戦が用意されています。

高校球児による野球のワールドカップの順位決定方式はこちら

 

スポーツの順位決定方法は、それぞれ工夫されているので、気にしてみると意外な発見があるので面白いですね。

 

ワールドカップバレー2015まとめ

 

ワールドカップバレーは4年に1度の大会なので、バレーボールの大会としてはかなり大きな大会ですが、この大会は結構特殊(?)な大会でもあります。

 

というのは1977年以降「ワールドカップバレーの開催国は常に日本」なんですね。

 

世界大会が常に同じ国で行われるというのは珍しいと思いますが、その理由は恐らくスポーツ事情だけではない色々な大人たちの事情があるでしょうからよいとして

 

ワールドカップバレー開催国である日本チームの過去の成績はどうなのかな?

 

と思ってみて見ると日本チームは日本で初めてワールドカップバレーを開催した1977年に女子が優勝男子が準優勝して以来38年間

 

男女共に全く勝ちがない・・・優勝、準優勝どころか3位さえないという・・・

 

悲しい結果に終わっています。

 

今年こそは是非日本チームに表彰台へ上がって欲しい!と思って応援してます。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ