全米オープン2015のトーナメント表(ドロー)は?錦織圭の賞金も

b7c8a0f9

 

全米オープン・テニスが近づいてきて注目が集まっています。

 

今回の大会で今年のテニス4大大会が全て終わりますので、錦織圭選手の活躍にも期待したいですね。

 

そこで、全米オープン・テニスのトーナメント表(ドロー)と試合結果ついてまとめました。

 

またテニス4大大会の中でどの大会の賞金が一番多いのか?

 

特に全米オープン・テニスの賞金額は毎年結構アップするので、他の大会と比較しながら今年の4大大会賞金額ランキングも紹介します。

 

スポンサードリンク

 

全米オープン2015のトーナメント表(ドロー)

 

全米オープン2015のドローセレモニーは8月27日(現地時間)にニューヨークで行われました。

 

男子シングルスは出場選手128名とかなり多いので、トーナメント表(ドロー)もかなり大きくなってしまいますが試合結果と共にアップします。(10位までのトップランカー名は赤字)

 


スポンサードリンク

 

全米オープンの賞金

 

昨年(2014年)は錦織選手が日本人で初(どころかアジア選手で初)となる決勝進出を果たしたので全米オープンの賞金というよりも

 

「錦織選手の手に入る賞金はいくらなのか!?」

 

にも注目が集まりました。

 

やはり他人事ながら誰がいくら貰えるのか、若干ヒガミもあるせいか(?)気になるところです。

 

ちなみにお金持ちへの色々な意味での注目は『人類共通』らしく、世の中には世界のスポーツ選手の長者番付なるものが毎年フォーブスなど有名な出版社から発表されています。

 

スポーツ選手は本業のテニスの賞金よりも、実はそれ以外の副収入の方が圧倒的に多く、テニスのランキングと年収のランキングがまるで一致しないという面白い現象があります。

 

錦織選手もそのパターンで昨年の世界年収ランキング(スポーツ選手)はなんと9位でした。

2014年のスポーツ選手年収ランキングで錦織選手が世界で9位だった件はこちら

 

さて、それはそれとして全米オープンの賞金に注目が集まるのは、もうひとつ理由があります。

 

それはテニス4大大会の中で全米オープンが最も優勝賞金が多いから、なんですね。

 

テニス4大大会の優勝賞金は年々上がってますが、今年(2015年)の4大大会の優勝賞金(シングルス)はこうなりました。

 

【2015年4大大会の優勝賞金ランキング】

 

1位:全米オープン

330万ドル(約4億円)

 

2位:ウィンブルドン

188万ポンド(約3億5千万円)

優勝:N.ジョコビッチ

 

3位:全豪オープン

310万豪ドル(当時で約3億円)

優勝:N.ジョコビッチ

 

4位:全仏オープン

180万ユーロ(2億5千万円)

優勝:S.パブリンカ

 

日本円の金額は為替相場によって変わってしまうものの、現時点では各大会で大体5千万円くらいの差があり、全米オープンが4億円というえらい高額な優勝賞金となりました。

 

また意外に?全仏オープンが一番賞金が少ない(といっても多いですが)という結果でした。ただ豪ドルは1月よりも大分円安が進んでいるので、今の豪ドル為替レートで換算すると大体2億6千万円と全仏オープンとあまり変わらない賞金額となります。

 

それにしても1つの大会で優勝して賞金4億円というのは凄いですが、とはいえサマージャンボ宝くじが1等5億円なので、それと比べれば全米オープンもまだまだ!?

 

なんていうのは庶民のヒガミですが、今年の全米オープン優勝者が誰になるかやはり気になりますね。

 

全米オープン・テニスまとめ

 

全米オープン・テニスは8月27日〜9月13日まで行われます。

 

昨年は錦織選手が惜しくも決勝でチリッチ選手に破れ準優勝となりましたが、過去10年の男子シングルスの歴代優勝者を見ると圧倒的にビッグ4が強いです。

 

 

US Open優勝者
2005 R.フェデラー
2006 R.フェデラー
2007 R.フェデラー
2008 R.フェデラー
2009 J.ポトロ
2010 R.ナダル
2011 N.ジョコビッチ
2012 A.マレー
2013 R.ナダル
2014 M.チリッチ

 

ただ昨年の錦織圭選手は、あのジョコビッチ選手を倒して決勝進出を決めてますので、2015年の全米オープンでは優勝者の名前に錦織圭を刻んで頂いて、新世代ビッグ4の幕開けとなればいいなと期待してます。

 

ただ錦織選手は前回の大会ウエスタン&サザン・オープンで「体調を考慮して欠場」としているのが気になるところです。

 

最近左ふくらはぎの怪我を引きずっているいる感じもするので少し心配ですが、全米オープンに標準を合わせるための調整だと思って

 

今年の最後の4大大会での錦織選手の活躍を楽しみにしたいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ