ウロボロスの最終回の視聴率は?主題歌の嵐新曲sakuraの効果が!?

 

生田斗真さんと小栗旬さんが主役の「ウロボロス」が最終回となり視聴率に注目が集まっています。

 

ウロボロスは放送前から大きな話題のひとつとなっていたのが、嵐の新曲「sakura」がウロボロスの主題歌として決まったことでした。

 

嵐のメンバーが誰も出演していないドラマに嵐の楽曲が提供されるというのは過去になかったので、TBSにとっても嵐のファンにとっても初めてのこととなりました。

 

嵐といえば今やジャニーズ事務所の超人気グループで、ヤフーで検索される人物ランキングで常に上位を維持するほど注目の集まるグループです。

 

TBSとしては嵐の新曲効果が視聴率を伸ばすのを期待していたはずですが、「主題歌だけが嵐」というのは結局どうだったのでしょうか?

 

ウロボロス最終回の視聴率とこれまでの視聴率をまとめました。また嵐の新曲sakuraの効果も評価します。

 

ウロボロス最終回は3月20日放送ですので最終回の視聴率はわかり次第追記します。

 

スポンサードリンク

 

それでウロボロスの視聴率はどうなった?

 

1月16日から始まったウロボロスの各回での視聴率はこうなりました。

 

放送日 視聴率
1 1/16  11.5%
2 1/23 12.0%(最高)
3 1/30 10.4%
4 2/6 9.8%
5 2/13 10.1%
6 2/20 9.2%
7 2/27 10.6%
8 3/6 9.6%
9 3/13 9.4%
10 3/20  11.3%
平均視聴率
(9回まで)
10.3% 
平均視聴率
(全10回)
10.4% 

 

 

まだ最終回を残して平均視聴率が2桁というのは、なかなか良かったという感じではあると思います。

 

ただ嵐の主題歌で前評判はとても良かっただけに意外に伸びなかった?という印象もあります。

 

ウロボロスの最終回はトレンドキーワードにも入っていましたし、ネットを評価をみると「最終回はすごい感動して泣けた」という感想が多かったので平均視聴率はさらに伸びると思われます。

 

主題歌で嵐の新曲でもあったsakuraの効果は?

 

今回TBSの仕掛けが結構うまいなと思ったのは(たまたまかも知れないですが)、嵐の新曲sakuraをウロボロスの主題歌にもってくるだけでなく、新曲sakuraの発売日をドラマの放送開始後に持ってきたことでした。

 

ウロボロスの初回の放送日が1月16日でしたが、嵐の新曲sakura(初回限定盤)の予約が解禁となったのがその3日前の1月13日となりました。

 

嵐の新曲は(特に初回限定盤は)、予約開始後ただちに完売するというショップも出るくらい人気度(関心度)が高いので、嵐ファンとしては

 

「すぐに予約はするけど、どんな曲なのか早く聴きたい!」

 

という気持ちになったと思います。

 

そんな時に(予約解禁の3日後に)ドラマ「ウロボロス」の初回放送がスタートです。

 

実際ウロボロスの初回放送の時は、ドラマの最初と最後(主題歌が流れる時間帯だけ)ツイート数が爆発的に伸びたり、「ドラマの内容より主題歌がきになる」というコメントもたくさんありました。

 

そんなこともあり視聴率にはどう影響するのかなと思ったら、その時(初回放送)の視聴率が「11.5%」でした。

 

11.5%です。決して悪くはないと思いますが、前振りから考えると期待するほど上がらなかったのかな?という感じです。

 

ちなみに1月にスタートした他のドラマの初回放送の視聴率トップはこうでした。

 

【1月スタートのドラマの初回放送視聴率ランキング

1位 デート 14.8%

2位 DOCTORS3 14.6%

3位 ○○妻 14.4%

4位 銭の戦争 14.1%

5位 ウロボロス 11.5%

 

こうして見ると2015年1月スタートのドラマのトップは14%台でしたので、

 

ウロボロスの初回放送は悪くないですけど凄い上位までは伸びなかったという結果でした。

 

 

そして嵐の主題歌の仕掛けとして、もうひとつ注目のポイントは第2回の放送が1月23日という点でした。

 

嵐の新曲sakuraの発売日が1月25日でしたので、23日といえばかなり新曲への期待感(楽しみ感)が高まっている時でした。

 

また初回放送では「ドラマの内容というより正直主題歌にしか興味がない」という視聴者もドラマの内容を見て次が気になるという人も少なからずいたと思います。

 

そして結果を見ると、第2回の視聴率は12.0%でした。

 

残念!

 

とまではいかないと思いますが、何とも微妙な感じの数字でした。

 

結局この第2回の視聴率がウロボロスの最高視聴率となり最終回を迎えることになります。(最終回の数字は現時点でわかりません)

 

スポンサードリンク

 

ウロボロスの視聴率まとめ

 

ウロボロスは生田斗真さんと小栗旬さんというイケメン2人が主演ということに加えて、超人気グループ嵐が新曲sakuraをドラマの主題歌として提供したということで大きく話題となっていました。

 

TBSとしては嵐ファンの呼び込みを大いに期待したと思いますが、嵐ファンとしては

 

「嵐のメンバーが出演しないのに嵐の新曲だけが登場するドラマ」

 

ということで戸惑った部分はあったのかなと思います。

 

そして蓋を開けて見ると、初回視聴率が11.5%第2回の視聴率が12.0%という結果となり、最終回を残した第9回まで視聴率は12.0%を越えることはありませんでした。

(また最終回を残して平均視聴率は10.3%でした)

 

もちろん視聴率が全てではないのですが、前評判からするとちょっと微妙な結果でした。

 

後は最終回の視聴率がどのくらい伸びたかというのが気になるところですが、結果が分かり次第追記します。

 

(追記)ウロボロスの最終回の視聴率は11.3% (平均視聴率 10.4%)となりました。

 

第3回からずっと9%、10%台が続いていましたが最終回ということで11%台を出せたということかな思いますが、それでも第2回の最高視聴率12%を超えることはできませんでしたね。

 

ちなみに原作の漫画「ウロボロス」は、まだ連載中とのことなので、次は漫画でドラマとは違ったラストを楽しむのもいいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ