低体温症のマラソン選手は命も危険!駒大の馬場の症状も説明

 

第91回箱根駅伝の往路5区でトップを走っていた駒澤大学の馬場翔太選手が低体温症で突然失速。

 

駒澤大学は順位を1位から4位に落としてゴールしたというニュースが話題となっています。

 

ニュースでは駒澤大学の順位が4位に落ちたという点に焦点が集まっているようですが、馬場翔太選手が発症した低体温症とはどんな症状なのでしょうか?

 

実は低体温症はマラソン選手の命にも関わる危険な症状ですので、馬場翔太選手に何が起きたのかまとめました。

 

低体温症になるとどうなるの?

 

夏の脱水症状というのは有名ですがが、冬に気をつけないといけないのが低体温症です。

 

低体温症は体温が35℃を下回ることで、血圧が低下し、血流が鈍り、酸素など必要な栄養が体に供給されにくくなってしまうことです。

 

その結果として精神的な機能が失われてしまい、特に33℃以下になると精神的に錯乱状態となり、手足の筋肉が硬直して動かなくなります。

 

意外に知られていないかも知れませんが、低体温症が原因でマラソン選手が競技中に突然命を落とすという事故も珍しくないそうです。

 

寒い中、立ち止まっている時ならまだしも、マラソンで走っていれば体が温まるので低体温症にはなりにくいのでは?と思いそうですが、なぜマラソン中に低体温症になってしまうのか、見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

低体温症のマラソン選手はどうなるの?

 

極端に気温が低い時にマラソンなどした場合、体内で生まれる熱量よりも、体から放出される熱量の方が上回ってしまい、走れば走る程だんだんと体温が低くなっていくために低体温症が発症します。

 

まずマラソン中に低体温症になってしまった場合、唇の色や顔色に変化が生じます。血の気が引いて青白くなったり、紫に変化します。

 

そして手足の動きがだんだんと鈍くなり走るスピードが次第に落ちていきます。

 

低体温症になってしまったら、体温を上げない限りは、どんなに気合いを入れようが頑張ろうが体は動かなくなってしまいますのでとても危険で、場合によってはそのまま命まで落としてしまうことがあるので決して軽く見てはいけない症状です。

 

箱根駅伝で駒澤大学の馬場翔太選手が低体温症に

 

2015年箱根駅伝の往路5区を走る駒澤大学の馬場翔太選手は1位でタスキを受け取りました。

 

ポイントは芦ノ湖へ向けた山登りルートだったと思います。高度が高くなるにつれてどんどん気温が下がっていったはずです。恐らく前日の雪の影響もあったでしょう。

 

10キロを過ぎて青学大・神野大地選手に並ばれた時には本人に意識があったかどうかわかりませんが低体温症だったと思われます。

 

低体温症となってしまった場合、だんだんと手足の機能が失われていきます。

 

これは血圧低下による身体的な障害なので、これまでにどれだけ練習を積んでいたとしても、またどれだけ気合いや根性を入れたとしても、どうにかなるものではありません。

 

トップでタスキをもらって大歓声の中で期待を背負って走る馬場翔太選手にとってこれほど辛いことはなかったでしょう。

 

終盤に近づいた時にはふらつき始め、何度か転倒も起こしました。何度も手を地面につきながら倒れ込むようにゴールし、その後は意識を失ったそうです。

 

スポンサードリンク

 

低体温症のまとめ

 

低体温症は気温が非常に低いときに、体が生み出す体温よりも、放出する体温が上回ってしまい、体温が徐々に下がってしまう症状です。

 

35℃以下になると血圧が下がり精神障害が発生します。また33℃以下になると精神錯乱、手足の筋肉が硬直するなどの症状が現れます。

 

箱根駅伝で悲劇にも低体温症となってしまった馬場翔太選手は途中で何度も手をついたり、転倒もしていたので、手足の筋肉がもはや自分の思うように動かせなくなっていたと思います。

 

そう考えると馬場翔太選手の体温は33℃を切っていた可能性もあります。

 

箱根駅伝という年に一度しかない大会で仲間のランナーが必死に走って繋いでくれたタスキを受け取りトップを走っていた馬場翔太選手にとって、低体温症で体が動かないというのは、精神的にも肉体的にも本当に辛い区間だったと思います。

 

箱根駅伝は医療体制もしっかりしていると思いますのでしっかり治療を受けて元気になって欲しいです。

 

低体温症で最後まで走り抜いた馬場翔太選手は本当に頑張ったと思います。お疲れさまでした。

 


スポンサードリンク

2 Responses to “低体温症のマラソン選手は命も危険!駒大の馬場の症状も説明”

  1. 箱根好き より:

    低体温症とても危険なものですね。
    やはり、一度成功していても
    侮れない区間ですね
    馬場翔大の大はこちらです!!
    聞いたところあのあと
    病院へ行って点滴を受けてたみたいですね

  2. […] ・低体温症が命にかかわる理由とは?駒大の馬場翔太選手で説明 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ