スカーレット・ヨハンソン出演で激話題になったおすすめ映画!

 

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版の主役草薙素子役をスカーレット・ヨハンソンが演じることが決まったと話題となっています。

 

攻殻機動隊がどんな映画になるのか今からホントに楽しみですが、そこまで待ってられません。

 

なので取りあえずスカーレット・ヨハンソン出演の映画でも見ようかなと思うと、彼女が出演の映画はかなり多いので選ぶのが悩ましいのです。

 

そこでスカーレット・ヨハンソンの出演映画はたくさんありますが、どうせ見るなら絶対コレでしょ。

 

という映画をまとめました。『なんでこの映画なの?』というポイントと一緒に紹介します。

 

スポンサードリンク

 

スカーレット・ヨハンソン出演の見るならコレっていうおすすめ映画

 

『ホームアローン3』(1998年)

ホームアローンシリーズは有名中の有名ですが、ホームアローン3にスカヨハが出演しているというのはあまり知られていないのではないでしょうか?

 

デビューしたてのスカーレット・ヨハンソンが、まだ子役で出ている頃を見られる映画です。映画の中ではモリー・プルット役(主役アレックスのお姉さん役)で出演しますが、この時からもう可愛い!

 

余談ですが、スカヨハは26歳になると、マコーレ・カルキンの弟キーラン・カルキンとパリの街でデートをしているところが見つかって話題になります(あ、それはどうでもいいですか。そうですか)。

 

時間に余裕があってスカヨハの映画なら何本でもガッツリ見たるで!という方は、もうこっから見て下さい。

 

『アイランド』(2005年)

 

スカーレット・ヨハンソンを見るならアクション映画に興味がなくてもこれは見ておくべきです。

 

なぜならば、この映画は失敗したからなんです。

 

日本では割と人気があって映画のレビューの得点も悪くなかったのですが、アメリカではさんざんの興行収益だったようです。

 

ユアン・マクレガーと競演したSFアクション映画で、制作費1億2000万ドルもかけましたが、興行収入はたった3000万ドルしかあげられず、大失敗に終ったということで話題となりました。

 

いったいコレのどこが悪いんだ!なんてちょっと頭に置きながら見てみて下さい。

 

まだまだ見ていきます。

スポンサードリンク

 

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2013年)

 

この映画はスカーレット・ヨハンソンが男たちを次々と誘惑するという美しきエイリアンのスタイリッシュなSFスリラー。

 

という前振りなのですが、なぜこの映画かといえば

 

『スカーレット・ヨハンソンが初めて脱いだから』ということです。はい。

 

映画のレビューサイトで評価をみると2.9点(5点満点)と映画の評価は別段高くありません。

 

これはもうあなたの趣味の世界で選んで下さい。

 

『LUCY』(2014年)

 

「LUCY」は主人公の名前ですが、ストーリーはルーシー役のスカーレット・ヨハンソンの脳が100%覚醒してスーパーサイヤ人みたいになって、暴走しまくるという気持ちよい内容です。

 

ちなみになぜこの映画かといえば、アイランドの反対で大成功したからです。

 

リュック・ベッソン監督のLUCYは全世界で470億円もの興行収益を上げたそうです。その影響か?攻殻機動隊への出演料は約11億円だとも言われています。

 

リュック・ベッソン監督といえば、「レオン」や「ニキータ」が有名ですが、この映画もちょっとダークな雰囲気が出ていて、何気に攻殻機動隊の雰囲気を想起させなくもないというのもあるので、この映画は見ておくベキですね。

 

スカーレット・ヨハンソン出演映画見るならコレのまとめ

 

攻殻機動隊のハリウッド実写版が待ちきれないので、取りあえずスカーレット・ヨハンソンをおさらいしておこうと思ったら絶対コレ!という映画を紹介しました。

 

ポップコーンを食べながら見たいです。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ