進撃の巨人の実写版映画の評価や感想は?酷評され炎上した前評判も

maxresdefault

 

進撃の巨人「ATTACK ON TITAN」が8月1日から公開されて、その評価や感想に注目が集まっています。

 

進撃の巨人は超がつく人気漫画の実写映画版ということで公開前から、

 

・リヴァイ兵長が出ないキャスティング

・原作にはない映画版オリジナルのストーリー

 

といった映画版独自の要素にかなりの注目が集まっていました。

 

が、なんと映画公開前の試写会から酷評がスタートし、「進撃の巨人」の映画監督である樋口真嗣さんが過激な発言をツイートして炎上する騒ぎにまでなりました。

 

映画公開前からマイナスイメージでスタートした映画版「進撃の巨人」ですが、酷評炎上騒ぎでここまで盛り上がると、それはそれでどんな映画なのか見たくもなってきます!?

 

そこで公開日初日のネットの反応をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

映画「進撃の巨人」が酷評されて炎上騒ぎに

 

映画「進撃の巨人」の公開日は8月1日ですが、試写会が行われたため公開日前から映画に対する評価が始まりました。

 

そして公開日前日(31日)に「超映画批評」で、映画版「進撃の巨人」の点数が40点となったことで、ネットでは「進撃の巨人」の映画監督である樋口真嗣さんを巻き込んで炎上騒ぎとなりました。

 

超映画批評は、評価点数1点なんてこともしょっちゅうあるという超辛口批評で有名なので、いつも通りといえばいつも通りですが、今回は樋口真嗣監督がFacebookに激怒なコメントを書き込んで炎上騒ぎとなりました。

 

「やったぜ!大先生に褒められたら、どうしようかと思ったが、これなら安心だ。というか、誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」

 

その後、樋口監督は「酷評炎上騒動」を謝罪して騒動は収まりましたが

 

実際のところ実写版「進撃の巨人」の評価や感想はどうなのでしょう?

 

 

ネットの評価を見てみます。

 

スポンサードリンク

 

進撃の巨人「ATTACK ON TITAN」の実際の評価は?

 

進撃の巨人「ATTACK ON TITAN」の評価は公開前の段階(試写会)では、酷評の嵐となりました。

 

映画レビューサイト「YAHOO!映画」ではレビュー数206件で平均の星の数が2.2個となりました。特に星1つの評価が圧倒的に多いという結果でした。

 

目立ったコメントがこういう感じでした。

 

・特撮が、(平たく言うと・・・)しょぼい

・シナリオが原作とまるで違い過ぎる(特に恋愛関係など)

・石原さとみ(ハンジ役)は良かった

 

そして迎えた8月1日の一般公開日。朝から進撃の巨人の実写版映画「ATTACK ON TITAN」に対するツイートがかなり数飛び交っていましたので、目立ったものを挙げるとこんな感じです。

 

・進撃の巨人みたーっ‼原作と違い過ぎたー*\(^o^)/*

 

・進撃の巨人が批判されてる理由がわかったw

 

・とにかく映像がすごいです!臨場感半端ないです。大満足!!

 

・進撃の巨人ってCM見た感じアベンジャーズの監督にやってもらった方が114514倍いい気がする

 

・進撃の巨人思ってたより全然おもしろかった!はよ後編観たい

 

・進撃の巨人見終わった\( ˙ ˙ )/原作どこいったって感じでなんか恋愛系も入ってて巨人が人間人間だったなぁ(>_>)最後の方は良かったかなヾ(。>﹏<。)ノ゙石原さとみ演技うまかった\( ˙ ˙ )/本郷奏多くん可愛かったなぁ

 

・進撃の巨人、人があんな食われ方をするのを見たのはキングコング2以来だな。面白かった

 

・進撃の巨人やべええええええええええクッソつまんなwwwwwwwwwwwwww

 

・進撃の巨人 ATTACK ON TITAN観てきました!ちゃんと巨人がすごく怖いです。石原さとみ本郷奏多よかったなあ。シキシマ肯定派です。早く後篇観たい。

 

・実写映画版進撃の巨人の特報映像的なやつ見たけど立体機動装置での動き方になんか違和感が。なんやろ。あんな空飛ぶような動き方やったっけ?巨人たちもしょぼくないすかね。あれならスバルのフォレスターのCMに出てきた巨人の方がよっぽど良く出来ていたような。

 

・進撃の巨人結構面白かった。新しいストーリだと思って見たら結構楽しめると思うよ

 

・進撃の巨人見てきたー!!!ちょっとなんか違う感じもしたけど、面白かった。9月の進撃も見よっかなー

 

ネットの意見を個人的にざっくりまとめると大体5つくらいかなという感じでした。

 

1)面白かったので、後編も早くみたい派

意外といえば意外ですが、8/1午前の段階では全体的に「前評判ほどは悪くない。むしろ結構面白かった」というコメントが多かったです。原作を知ってるかどうかでも評価は別れたのかも知れません。

 

2)えらいグロいので、そういうのに弱い人は辛い派

想定内とはいえ、実写版ではグロいシーンがかなり過激なために、これから見る人機をつけてねーというコメントになってしまう派ですね。

 

3)超つまんなかった、前評判で酷評されてる意味がわかった派

こちらは完全に原作を熟知している方々の評価かなと思われます。前評判での酷評内容も原作をよく知ってる方のコメントが多かった気がします。

 

4)期待してたCGがこれじゃなかった派

地味に多いのがこのコメントですね。スバル「フォレスター」のCMに進撃の巨人が出てくるのですが、そのCGがやたらよく出来ているので、観客はそのレベルを期待していたのに実際はちょっと残念だった派ですね。

 

5)ツッコミどころは色々あるけど、石原さとみの演技は良かった派

ストーリーの内容に疑問が残るとか、主人公であるエレン役の三浦春馬さんの演技力がちょっととか、ミカサ役の水原希子さんが華奢過ぎる(細すぎて立体機動とか付けれないでしょ!)的なツッコミをしながらも、でも石原さとみは良かったで締める派ですね。

 

ハンジ役の石原さとみさんがハマり役というのは、前評判通りで間違いないようです。

 

進撃の巨人「ATTACK ON TITAN」の評価・感想のまとめ

 

8月1日から進撃の巨人「ATTACK ON TITAN」が公開されました。

 

前評判ではかなりメタメタに酷評されていて、監督の樋口真嗣さんまでもがネット上でブチギレて炎上する程でしたが

 

映画公開日のネットの反応を見ると、酷評一色という感じではなく、むしろ思っていたより「良かった、面白かった」という感想コメントが多かった気がします。

 

原因は恐らく原作のファンな人とそうでない人の違いかと思われます。

 

 

原作を知らないとか、それほど思い入れがない方は、実写版は実写版として割り切って楽しめるのかなと思います。

 

原作が大好きな方は(自分も原作好き派ですが)、、、過度に期待しないで見るのが良いかも!?ですね。


スポンサードリンク

2 Responses to “進撃の巨人の実写版映画の評価や感想は?酷評され炎上した前評判も”

  1. […] 資料來源:Yahoo! Japan、TRANS-ARROW.COM。 […]

  2. h より:

    進撃の巨人は原作も好きですが、映画は映画で成り立っていると思います。
    酷評を読む度に悲しくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ