シドニアの騎士が映画化!劇場版のあらすじや公開日の内容まとめ

 

弐瓶勉の漫画「シドニアの騎士」が劇場版として映画化され公開日が決定しました!

シドニアの騎士といえば、太陽系が謎の生命体によって破壊されてから1000年後を描いたSF漫画。すでにアニメ化もされていて、世界50カ国以上で放送・配信されるという世界からも注目されている大人気アニメです。

そんな「シドニアの騎士」の劇場版はどんな映画なのでしょうか?

あらすじをまとめてみました。

 

劇場版「シドニアの騎士」の内容とあらすじ

 

劇場版 シドニアの騎士はテレビ放送された12話のアニメ版から作られたリメイク版です。オリジナルのアニメをベースにして新たなシーンを追加したり、音響を再度製作し直したりと劇場で見ることを意識してリメイクされたようです。

 

スポンサードリンク

 

あらすじ

ある時、太陽系が謎の生命体・奇居子(ガウナ)によって破壊されてしまいます。

 

そして地球を脱出し、わずかに生き残った人類は小惑星を船体とする巨大宇宙船・シドニアを建造し、ガウナから逃げながら植民できる星を探して宇宙を旅していました。

 

シドニア出航紀元1009年(西暦3394年)。船内の最下層部で誰にも知られずにこっそりと暮らしていた主人公の少年・谷風長道(たにかぜ ながて)は、食料を調達するために上層部へ出てくるも、そこで拘束され、上層部にある人型巨大装甲・衛人(もりと)の操縦士訓練学校に入学することになるところから物語は始まります。

 

長道は操縦士訓練学校で様々な友人たちと交流を深めていきますが、そんな時についにガウナが100年ぶりに姿を現します。

 

長道は衛人の中でも歴史的な名機である継衛(ツグモリ)に搭乗し、まさにシドニアの騎士となって、人類の生き残りを賭けた謎の異性物ガウスとの戦いに挑む!という物語です。

 

シドニアの騎士のみどころ

謎の生命体ガウスは再生能力を持っているため、普通に攻撃してもすぐに再生してしまいます。ガウスを倒す方法は、カビザシと呼ばれる槍でガウスの本体を貫くことですが、そのためには銃やレーザーでの攻撃は通用せず、超接近戦に持ち込まなければなりません。

 

チームを組んでガウスの隙を作り、懐へ切れ込んでいくバトルシーンは見応えあります。

 

また宇宙のでの戦闘や巨大惑星、人型巨大装甲・衛人など全体の映像クオリティが高いです。これはポリゴン・ピクチュアズという米国の有名な制作会社が作成しているためです。

 

ポリゴン・ピクチュアズは『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』でデイタイム・エミー賞を獲得するという実績があります(優秀なテレビ作品に贈られる賞)。さらにアニー賞にも輝いたことのある製作会社です(アニメ界のアカデミー賞として知られている賞)。

 

ポリゴン・ピクチュアズが設立30周年記念作品として世に送り出したのが本作品ですので、プロフェッショナルな映像美も見逃せません。

 

そして「劇場版のシドニアの騎士」は映画館の大画面を意識して、そのために迫力のある映像と音響に作り直されていますので、これは是非劇場でみたい作品ですね。

 

劇場版「シドニアの騎士」はたった2週間の限定公開です

 

劇場版のシドニアの騎士は、2015年3月6日(金)に全国の劇場で公開予定です。ただし、2週間の限定公開ということですので注意しましょう。

 

つまり公開期間は 2015年3月6日(金)〜 2015年3月19日(木)になるはずです。

 

シドニアの騎士のファンはもちろんのこと、SFアニメが好きな人も、迫力の映像を大スクリーンで味わえるこの映画は一度見ておきたい映画です。

 


スポンサードリンク

One Response to “シドニアの騎士が映画化!劇場版のあらすじや公開日の内容まとめ”

  1. […] なシーンを追加したり、音響を再度製作し直したりと劇場で見ることを意識してリメイクされたようです。 [引用元] シドニアの騎士:劇場版映画化!あらすじ、公開日など内容まとめ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ