世界陸上2015の結果タイムは?日本代表のメダル数やマラソン日程も

seriku

 

世界陸上競技選手権大会(世界陸上)2015北京での結果に注目が集まっています。

 

今年の世界陸上は北京で8月22日〜8月30日の日程で行われます。

 

世界陸上は2年に一度の世界的な大会ですが、実はオリンピックよりも参加する国や地域が多く選手層の厚い大会でもあります。

 

世界陸上のここ最近の結果をみると、日本は銀や銅はあるものの金メダルがほとんどない(といいますか過去15年で1つのみ)ですので北京での結果に期待したいところです。

 

そこで北京での日本代表選手メンバー(男女)の結果とタイムをまとめました。

 

また日本が過去に獲得したメダル数や、日本が世界陸上で強い陸上競技についても紹介します。

 

スポンサードリンク

 

世界陸上2015北京の結果タイムは?

北京で開催される今年の世界陸上は、8月22日〜8月30日の日程で行われますので結果がわかり次第更新します。

 

日本代表(男子)の結果

 

日本代表(女子)の結果

 

スポンサードリンク

 

日本が世界陸上で強い競技とは?

 

世界陸上は歴史こそ浅いものの、実はオリンピックよりも参加する国や地域が多いので、陸上競技としてはオリンピックを凌ぐ世界最高峰の大会というレベルの大会です。

 

そのため選手層も厚く、世界陸上が持っている世界記録もたくさんあります。

 

そして世界陸上は1983年から始まって、今年で15回目の大会となりますが、これまでに日本が獲得したメダルの数は合計22個です。

 

【世界陸上での日本のメダル数】

金メダル 4個

銀メダル 6個

銅メダル 12個

合計 22個

 

22個が多いか少ないかというと、日本勢としては「多い」のかなと思います。

 

というのは世界陸上が始まる約70年程前からスタートしているオリンピックの陸上競技で日本がこれまでに獲得したメダルの総数が23個なので

 

そこから考えるとオリンピック級の大会である世界陸上ですでに22個のメダルは多いですし、素晴らしいと思います。

 

ちなみに世界陸上で日本が獲得した金メダルが4つと言われてピンとくる選手はいますか?

 

実は日本の金メダルは2000年に入って以降、まだ1つだけなんですね。

 

世界陸上で日本が獲得したメダル

大会 受賞者・種目
1991年
第3回
金メダル – 谷口浩美(男子マラソン)

銀メダル – 山下佐知子(女子マラソン)

1993年
第4回
金メダル – 浅利純子(女子マラソン)

銅メダル – 安部友恵(女子マラソン)

1997年
第6回
金メダル – 鈴木博美(女子マラソン)

銅メダル – 千葉真子(女子10000m)

1999年
第7回
銀メダル – 市橋有里(女子マラソン)

銅メダル – 佐藤信之(男子マラソン)

2001年
第8回
銀メダル – 土佐礼子(女子マラソン)

銀メダル – 室伏広治(男子ハンマー投)

銅メダル – 為末大(男子400mH)

2003年
第9回
銀メダル – 野口みずき(女子マラソン)

銅メダル – 室伏広治(男子ハンマー投)

銅メダル – 末續慎吾(男子200m)

銅メダル – 千葉真子(女子マラソン)

2005年
第10回
銅メダル – 為末大(男子400mH)

銅メダル – 尾方剛(男子マラソン)

2007年
第11回
銅メダル – 土佐礼子(女子マラソン)
2009年
第12回
銀メダル – 尾崎好美(女子マラソン)

銅メダル – 村上幸史(男子やり投)

2011年
第13回
金メダル – 室伏広治(男子ハンマー投)
2013年
第14回
銅メダル – 福士加代子(女子マラソン)

 

2011年の室伏選手は記憶にあると思いますが、実は1997年以降日本の金メダルは室伏選手のみという状況です。

 

今年は日本人による金メダルを期待したいですが、これまでの過去の結果を見る限り

 

日本代表が強い陸上競技は、ずばり『マラソン』です。

 

今年の世界陸上2015のマラソン選手は男子2名(藤原選手と前田選手)、女子は3名(前田選手、重友選手、伊藤選手)がエントリーされています。

 

(ちなみに男子は今井正人選手もエントリーされていましたが、体調不良(髄膜炎)で欠場となりました)

 

そしてマラソンの日程は次の通りです。

 

・男子マラソン 8月22日(土)

・女子マラソン 8月30日(日)

 

日本がマラソンに強いといっても、あくまで過去の結果から見てなので、今年の世界陸上では意表をついた所から凄い記録が飛び出ることも期待していますが、それにしてもマラソンは男女共に注目したいですね。


スポンサードリンク

One Response to “世界陸上2015の結果タイムは?日本代表のメダル数やマラソン日程も”

  1. 佐藤公義 より:

    32年間で23個ですか…。これでは、もっと国として力をと言っても無理?力を入れればもう少しメダル数が増える?選手より番組MCのほうが収入絶対多いでしょう?!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ