21世紀枠に松山東も決定!2015年の選考理由と注目ポイントは?

 

2015年 第87回選抜高校野球大会の21世紀枠が決定したと話題となっています。

 

21世紀枠といえば、単に野球の実力が高いというだけでなく、他校の規範なっていること、困難な条件を克服している、といった点も考慮されて特別に選ばれる枠です。

 

2015年の21世紀枠は豊橋工業、松山東、桐蔭に決定しました、3校それぞれの選考理由と注目ポイントとなる特徴をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

2015年の21世紀枠に決定した高校データと選考理由

 

【豊橋工業(愛知・県立)初出場】

・高校別データ:豊橋工

・学校創立:1944年 生徒数:817人(男子772,女子45)

・野球部創部:1947年 部員数:33人 甲子園:出場経験なし

・秋季愛知大会3位、東海大会1回戦

・選考理由

豊橋工業は、今秋の県大会で3位になり東海地区大会に出場。夏の愛知大会でも4回戦で優勝した東邦高校に惜敗。県高野連によると、グラウンドが他の部活動や定時制と共有で、限られた環境の中で練習していることや、日頃から地域の清掃活動をしていることなどが選考理由となりました。

 

豊橋工業は工業高校という特性を活かして色々な工夫をこらす校風です。野球で使うティー打席用のビニールハウス、電工カウンター、グランド整備用のトンボ、得点板、バット置き、ネットなどは主に引退した3年生が学校で習う溶接や旋盤技術などを活かして作っています。

 

また去年の「ビジネスアイデア甲子園」では、風邪に飛ばされにくい皿「エアロディッシュ」を考案してグランプリを受賞しています。

 

そして学校の正面前の清掃とあいさつも日課として行なっているそうで、去年は一般社団法人日本善行会から「日本善行賞」の全国表彰も受けています。

 

中村主将の「先輩らが続けていたことが周りに評価された。同時に責任も強く感じます」というコメントからも部員の縦の繋がりの強さが伺えます。

 

 

【松山東(愛媛・県立)16回目】

・学校創立:1878年 生徒数:1072人(男子545,女子527)

・野球部創部:1892年 部員数:31人(女子マネージャー3名を除く)

・甲子園出場回数:春1回(1933年 10回大会) 夏2回(1933年 19回大会、1950年 32回大会)

・秋季愛媛大会準優勝、四国大会1回戦

・選考理由

同校は今秋の県大会で、63年ぶりに決勝進出を果たした。他の部と運動場を共用しながら部員と指導者が一体となって創意工夫を凝らした練習で成果を上げたことや、学業と部活動を両立させていることが評価されました。

 

松山東はとにかく著名なOBが多い高校です。元文部大臣の安倍能成さんや、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎さんなど、政治家、作家、アナウンサーなど多数です。全国大会へ出場している運動部、文化部が多く、部活動が活発であることに加えて、卒業後は難関大学への進学者も排出するなど文武両道のレベルが高い学校です。

 

本年度から文部科学省によるスーパーグローバルハイスクール指定校となっています。

 

【桐蔭(和歌山・県立)2回目】

・高校別データ:桐蔭

・学校創立:1879年 生徒数:877人(男子424,女子453)

・野球部創部:1897年 部員数:19人(女子マネージャー4名を除く)

・甲子園出場回数:春15回 夏20回

・秋季和歌山大会ベスト8

・選考理由

県下新人戦で4強入りし、秋季近畿地区高校野球大会県2次予選に進出。前身の和歌山中時代を含めて第1回選手権大会(1915年)から出場している伝統があります。

 

野球以外にも陸上競技・科学部・ESSなどが毎年安定して全国大会に出場するという部活動に活発な高校ですが、現役国公立大学合格率67%を誇る県下随一の進学校でもあります。

 

また「スーパーサイエンススクール研究」に指定されていたことがあり、2013年からは全国に先駆け「中高一貫教育校に於けるキャリア教育の推進」をテーマに研究開発学校の指定も受けて研究開発校という実績もアピールポイントになっています。

 

スポンサードリンク

 

2015年の21世紀枠のまとめ

 

2015年の21世紀枠は豊橋工、松山東、桐蔭の3校に決まりました。

 

21世紀枠は野球の実力が高いということに加えて、他校の規範なっていること、困難な条件を克服していることなども選考の対象となりますが、今年の3校はどんな選考理由だったのかまとめました。

 

21世紀枠として選ばれるだけあって、困難な環境にあっても自分たちで工夫して野球の実力をつけていたり、また運動だけでなく勉強(進学)にも力を入れて文武両道を進めているのがポイントとなっていました。

 

また、野球以外にも掃除をしっかりやっていて地域から認められていたり、学校教育として新しいことに挑戦していたりと、高校野球に必要なことだけに捕われない取り組みをきちんとやっているという感じがしました。

 

今年の夏の選抜も楽しみにしています。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ