あさが来たの”さっぱりぽん”は方言?びっくりぽんより意味は広いとも

ab09876

 

朝のドラマ「あさが来た」で白岡あさが度々口にする「びっくりぽん」ですが、新たに「さっぱりぽん」もご登場予定ということで話題です。

 

あさが来たは放送開始直後に「びっくりぽん」というフレーズが飛び出し、一時は流行語大賞狙いかとネットでも騒がれましたが、続いて「さっぱりぽん」のご登場です。

 

この「さっぱりぽん」は、大阪で飛び出しましたので大阪弁?それとも炭坑のある九州から持って来た九州弁?

 

というわけで気になったので、さっぱりぽんがどこの方言なのか調べてみました

 

また、全然関係ないのですが、ポンが付く方言として福島弁や愛媛弁、そして愛媛生まれのポン・ジュースまで少し紹介することになります。

 

スポンサードリンク

 

「さっぱりぽん」はどちらの方言?

 

さっぱりぽんの前身である(?)びっくりぽんが一時話題となった時にも気になったので調べたのですが、まず「びっくりぽん」は方言ではないようです。

びっくりぽんの語源が京都弁ではないっぽい件はこちらから

 

そのせいか、さっぱりぽんも調べてもやはり方言ではなさそう、といいますかびっくりぽんの派生語っぽいので「さっぱりぽん」もやはり造語ではないのかな?と思われます。

 

ただ「ぽん」が付く方言は、色々とあるようで、例えば福島弁で「じゃんぽん」というと「葬式」を意味するそうです。

 

そして、恐らく国内最強となる「ぽんが付く方言」は愛媛弁における「ぽん」でないかと思われます。

 

というのは愛媛弁の場合「ぽん」は、トイレにいって出すおっきい方のアレを差す(差した?)そうです。

 

愛媛といえばポン・ジュースというオレンジジュースが有名ですが、新しい商品名の案として「ポン・ジュース」が出てきた時は、それはそれは大変だったようです。

 

飲み物に「ポン」だけはまずいです!「ポン」だけは!

 

というわけで、ポン・ジュースは愛媛県民にとってある意味考えただけでもゾッとする名前だったわけですが、色々あってそれでもポン・ジュースになったようです。

 

スポンサードリンク

 

「さっぱりぽん」の意味は?

 

さっぱりぽんの意味って、、説明が必要なほど難しい言葉ではないでしょ!

 

とは自分も思いますが、ただ現代においては2つほど意味があるのかなと思います。

 

最初に「びっくりぽん」をみると意味としてはわかりやすく

 

要は「びっくりした」という意味

 

ですので、それ以外に意味を取り違えようがないわけですが

 

「さっぱりぽん」の場合はそれよりも若干意味が広くなります。

 

というのは、あさが使った「さっぱりぽん」は、新次郎、榮三郎、雁助が三人そろって散切り頭(ざんぎりあたま)になったのを見て飛び出した言葉なので、意味としては

 

「(髪を切って)さっぱりした」

 

という意味に引っ掛けて「さっぱりぽん!」の用法となりましたが、もちろんこれはこれで意味はよくわかるのですが、現代においてはもうひとつ意味がありますね。

 

「さっぱり意味がわからない。全然理解できない」

 

という方の「さっぱりぽん」です。どちらかというと、後者の方が今は使われるかも!?知れません。

 

「あの人の言ってることはさっぱりぽんや」

 

みたいな感じですね。

 

さっぱりぽんのまとめ

 

朝のドラマ「あさが来た」において、「びっくりぽん」の応用編である、「さっぱりぽん」がご登場すると静かな話題となっています。

 

「さっぱりぽん」も「びっくりぽん」と同様に方言ではなく、あさが来たの脚本で決まった造語ではないかなと思われます。

 

たださっぱりぽんの場合は、「髪切ってさっぱり!」という意味の他にも、「意味がさっぱりわかんない!」という意味もあるのかなと思います。

 

さらに言えば、「さっぱりとポン酢で!」みたいなのもありますが、流行語狙いという意味ではやはりドラマの中で執拗に使われている「びっくりぽん」が本命かなと思います。

 

余談ですがびっくりぽんについて、ネットでは結構意見が分かれていて

 

・面白いからいい

・耳障りだからいや

・使ってもいいけど京都弁や大阪弁とイントネーションが違う

 

など、色々ツッコミどころがあるようで見ていて面白いです。

 

個人的には鈴木梨央ちゃん(幼少期の今井あさ)の「びっくりぽん」の方がナチュラル&可愛くて良かったかななんて思いますが、

 

いずれにしても、あさが来たの「〜ぽん」シリーズは他にも出てきそうな気もするので新登場を楽しみに見ていこうと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ