BNLイタリア国際2015の結果は?トーナメント表(ドロー)で紹介

tennis

 

ローマで行われるテニストーナメント「BNLイタリア国際2015」へ注目が集まっています。

 

先のマドリード・オープンでは久々にトップ10の上位ランカーが揃うかと思いきや、ジョコビッチ選手が全仏対策のために欠場という残念なニュースがありました。

(上位選手たちにとっては嬉しいニュースだったかも?ですが)

 

BNLイタリア国際は出場選手の怪我等なければ、トップ10の上位ランカーが全員出場することになります(全員揃うのは3月のBNBパリバ・オープン以来)。

 

そして現在マドリード・オープンでベスト4の選手たちがまだ戦ってる最中だというのに、もうBNLイタリア国際のトーナメント表(ドロー表)が決まってきています。

 

そこで出場選手全員の現在のランキングと、トーナメント表(ドロー表)をまとめました。

 

またBNLイタリア国際は錦織圭選手にとって順位を上げるチャンスとなる大会ですので、その理由も紹介します。

 

試合結果はトーナメント表に随時反映していきます。

 

スポンサードリンク

 

BNLイタリア国際のトーナメント表(ドロー表)

 

BNLイタリア国際の出場選手は56人名(トーナメント表は64名分)となりますので、16名づつAからDの4つのブロックに分けてアップします。

 

◆Aブロック

ジョコビッチ選手錦織圭選手のブロックです。

 

錦織圭選手はランキング5位ですので、ベスト4に入る前にジョコビッチ選手と当たってしまうのは致し方なしですね。

 

見た感じジョコビッチ選手はスイスイと勝ち上がってくると思いますが、錦織選手側で気になるのはロペス選手やキルギオス選手でしょうか。

 

特にギルギオス選手はマドリード・オープンでフェデラーを倒すというポテンシャルを見せてますので気になるところです。

 

romeA16

 

◆Bブロック

マレー選手フェレール選手のブロックです。

 

モンテカルロ・マスターズへの出場を無視してから絶好調のマレー選手ですので、誰かに止めて欲しいですが、止めれそうな選手が見当たらないような!?

 

上位選手にとってモンテカルロ・マスターズはオイシイ大会なのに、マレー選手は奥さんキム・シアーズさんのためにパスした(と勝手に妄想している)理由はこちらから

 

romeB16

 

※マレー選手が3回戦敗退となりました。棄権ということで怪我か!?と思いきや、なんと「疲れたから」という理由を堂々とコメントされていました。

 

日本だったら「思ってても言えない」感じになると思うのですが、さすがマレー選手です。ただ実際、5月は大会が3つも続きますし次は全仏オープンですので、根性だけでなく冷静に体調管理は重要だとは思います。

 

◆Cブロック

ナダル選手ワウリンカ選手のブロックです。

 

過去のBNLイタリア国際の結果を見ると、ナダル選手とジョコビッチ選手しか優勝してないので、ここはナダル選手が圧倒的に強いと思われます。

 

ただ、今年のナダル選手はたまに驚きの敗退を見せたりするので、もしかしたら30位以内の選手にうっかり負けてしまうなんてことが!?

 

romeC17

 

◆Dブロック

フェデラー選手ベルディヒ選手のブロックです。

 

ここも順当にフェデラー選手とベルディヒ選手の戦いになるのが堅いと思われますが、フェデラー選手は先のマドリード・オープンでまさかの初戦敗退という結果でしたので、どう修正してくるかというのは見どころかなと思います。

 

romeD16

 

BNLイタリア国際の決勝トーナメント

 

今年はナダル選手がまさかの4回戦敗退となり、そしてマレー選手に至っては個人的にまだ信じられてない「疲れたから棄権宣言」で3回戦敗退となり、

 

トップランカーによる決勝ではありますが、若干荒れてます。決勝はジョコビッチ選手とフェデラー選手になる可能性が高いと思いますが、1位と2位のガチンコ対決は是非観たい所です(他の2人にちょっと申し訳ない感じですが)。

 

romeSF20

スポンサードリンク

 

BNLイタリア国際は錦織圭にとってチャンス

 

今年のBNLイタリア国際は錦織圭選手にとってランキング・ポイントを伸ばすチャンスです。

 

テニスのランキング・ポイントは昨年の結果に対して、今年どこまで良い結果を出したかによってポイントが上下します。

 

そして錦織選手は昨年のBNLイタリア国際を怪我のため欠場しているのです。

 

そのため今年は大会で獲得したポイントがそのままランキング・ポイントに反映されます。

 

例えば仮に優勝して1000ポイント獲得すると、ランキングのポイントも1000ポイント増やすことができます。

 

そのため是非良い結果を出して欲しい所ですが、錦織選手にとって一番の壁は4回戦で当たるであろうジョコビッチ選手でしょう。

 

錦織選手は現在5位ですので、上位4名がそれぞれ別のブロックへ配置された後、5番目(第5シード)の錦織選手が1位のジョコビッチ選手と同じブロックになってしまうのは仕方ないですが

 

ジョコビッチ選手は現在トップの王者ですが、錦織選手では全然歯が立たないという相手ではありません

 

錦織選手とジョコビッチ選手の去年(2014年)の対戦成績を見ると

 

錦織選手の1勝3敗です。

 

さすがに五分ではないものの、でも1勝はしていますので(去年のUSオープン)勝機はあるはずです。

 

錦織選手の活躍には注目&期待してます。

 


スポンサードリンク

One Response to “BNLイタリア国際2015の結果は?トーナメント表(ドロー)で紹介”

  1. […] ・オープンでまさかの初戦敗退という結果でしたので、どう修正してくるかというのは見どころかなと思います。 [引用元] BNLイタリア国際2015の結果は?トーナメント表(ドロー)で紹介 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ