ラオニッチのマイアミオープン後のポイントは?ランキング変動も!?

 

マイアミ・オープン2015でミロシュ・ラオニッチ選手が4回戦敗退というニュースが話題となっています。

 

ラオニッチ選手を倒したのはランキング24位でアメリカ出身のジョン・イスナー選手でした。

 

スコアは 6(3)-7, 7-6(6), 7-6(5) でイスナー勝利という結果ですが、毎回タイブレークにもつれ込む相当な接戦となりました

 

先日もナダル選手がベルダスコ選手(34位)に敗れて3回戦敗退となりましたが、30位前後で勝ち上がってくる選手は、順位以上に(?)強いということがあるので侮れません。

 

イスナー選手も過去最高で9位まで伸ばしたことがある選手でしたので、ラオニッチ選手も事前にわかっていたとは思いますが、接戦の末敗れたというのは悔しかったことでしょう。

 

さてそれはそれとして、ラオニッチ選手が4回戦敗退となったのでポイントが確定しましたので、そこへも注目が集まります。

 

さらに!

 

ラオニッチ選手は錦織圭選手と同じブロックですので、ラオニッチ選手が敗れたことで錦織圭選手の次の相手がイスナー選手です。

 

これはもしかするとベスト4に入りやすくなった(?)かも知れません。

(マイアミ・オープンの詳しいトーナメント表はこちらから

 

そこでラオニッチ選手のマイアミ・オープン後のポイントをまとめました。

 

また3回戦敗退で大きくポイントを落としたナダル選手(3位)と、まさかの順位入れ替えがあるか?!というのも比較します。

 

ラオニッチ選手のポジションをチェック

 

ラオニッチ選手は錦織選手より下位のせいか(?)、意外にノーマークだったりしますが、錦織選手のすぐ後ろ(6位)の選手ですので、

 

まずマイアミ・オープンのラオニッチ選手のポイントを確認します。

 

【マイアミ・オープンのランキング】

1位 ジョコビッチ 13,205

2位 フェデラー 9,205

3位 ナダル 5,810

4位 マレー 5,695

5位 錦織圭 5,460

6位 ラオニッチ 5,160

 

大会前のポイントで見ると第2集団からは若干離れている感じがしますが、実はそうでもありません。

 

というのは先日ナダル選手が3回戦敗退となったため結構下まで落ちてきているのです。

 

【3回戦敗退のナダル選手のポイント】

ナダル選手 5,255 (-555)

(ナダル選手のポイントがなんでこんなに下がっているのか詳しくはこちらから

 

つまりラオニッチ選手と現状3位のナダル選手の差はわずか95ポイントにまで迫っていたのです。

 

スポンサードリンク

 

マイアミ・オープン後のラオニッチ選手のポイントは?

 

マイアミ・オープンは優勝すると1000ポイント獲得できる大会ですが、ラオニッチ選手は4回戦敗退(ベスト16)でしたので、獲得できるのは90ポイントとなります。

 

従って、残念ながらナダル選手を抜く事はできませんでした。

 

さらに90ポイント獲得してもラオニッチ選手のランキングのポイントにそのまま90ポイントが加算されるわけではありません。

 

テニスのポイントのルールとして今回の場合は、昨年のマイアミ・オープンで獲得したポイントを減らして(失効となります) 、その上で90ポイントを加算となります。

 

ラオニッチ選手の昨年(2014年)のマイアミ・オープンの結果をみると、ベスト8と今年よりも成績が良くて180ポイント獲得していました。

 

そのためラオニッチ選手のランキングのポイントは、増えるどころか逆に90ポイント下がることになります

 

【マイアミ・オープンのラオニッチ選手のポイント】

ラオニッチ選手 5070(-90)

 

こうなってくると、ベスト8を決めた錦織選手とアンディ・マレー選手が、どこまで結果を出せるかというのが見どころになってきます!

 

2人の試合はアンディ・マレー選手の試合が先で4月2日4時AM(日本時間)、錦織選手は3日になります。

 

スポンサードリンク

 

ラオニッチ選手のマイアミ・オープン後のポイントまとめ

 

ミロシュ・ラオニッチ選手がマイアミ・オープンの4回戦でジョン・イスナー選手(24位)に大接戦の末敗れてしまいました。

 

マイアミ・オープンではナダル選手が3回戦敗退となりポイントを下げていたので、順位の入れ替えがあるかというのも注目でしたが、

 

結局ラオニッチ選手のポイントは-90ポイントで、5070ポイントとなりナダル選手との順位入れ替えはありません。

 

現在、錦織選手(5位)とマレー選手(4位)はベスト8進出を決めていますので、3位から5位のランキング争いはまだまだホットです。

 

マイアミ・オープンは盛り上がって楽しいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ