パリバマスターズ2015のドロー(トーナメント表)は?優勝賞金も

02-arena-Barclays-Atp-World-Tour-Finals

 

BNPパリバ・マスターズが近づいてきて注目を集めています。

 

BNPパリバ・マスターズは、フランスのパリで開催されますのでパリ・マスターズとも呼ばれますが

 

BNPパリバ・オープンというとアメリカのカルフォルニアで開催される大会ですので若干紛らわしい大会ではあります。

 

そしてBNPパリバ・マスターズはATP1000のグレードの大会(優勝すると1000ポイント頂ける大会)としては今年最後となります。

 

錦織圭選手には是非期待したいところですが、実力に次いで大事なのが誰と同じブロックになるかというくじ運?でもあります。

 

そこでBNPパリバ・マスターズのドロー(トーナメント表)と試合結果をまとめました。

 

また今年のパリバ・マスターズの賞金についても紹介します。

 

スポンサードリンク

 

BNPパリバ・マスターズのドロー(トーナメント表)

 

BNPパリバ・マスターズはフランスのパリにて11月2日〜8日の日程(本戦)で行われます。

 


 

スポンサードリンク

 

パリバ・マスターズ2015の賞金は?

 

パリバ・マスターズ2015の賞金総額は3,189,900 €だそうで、日本円にして約4億3千万円となります。

 

そしてシングルスの成績毎に与えられる賞金はこうなります。日本円は今の為替レートでざっくりと計算しました。

 

1)優勝者 

653,700€(約9000万円)

2)準優勝者 

320,500€(約4500万円)

3)ベスト4 

161,320€(約2000万円)

4)ベスト8 

82,030€(約1000万円)

5)3回戦 

42,600€(約600万円)

6)2回戦 

22,460€(約300万円)

7)1回戦 

12,125€(約150万円)

 

1つの大会で優勝して 9,000千万円ですので結構な金額ですね。

 

ちなみに昨年の錦織圭選手はジョコビッチ選手に負けてしまいベスト4という結果となりましたが、それでも2000万円ほど獲得ですので一流のテニスプレーヤーは凄いです。

ただテニスプレーヤーの場合、本業の賞金より副業で異常に稼いでいる件はこちら

 

また錦織圭選手がシード選手なので、もはやどうでもいい話題といえばそうなんですが、テニスの大会は予選を勝ち上がっても賞金を頂けます。

 

予選2回戦 2,685 €(約36万円)

予選1回戦 1,370 €(約18万円)

 

BNPパリバ・マスターズ2015まとめ

 

今シーズンもいよいよ大詰めとなってきました。BNPパリバ・マスターズは優勝すると1000ポイント獲得できますので、チャンスではありますね。

 

去年の錦織圭選手は準決勝(セミファイナル)でジョコビッチ選手に敗れてしまいベスト4でした。

 

優勝を狙う限りジョコビッチ選手やフェデラー選手など、大概上位に上がって来る強者とどこで当たるかというのはポイントなので、ドロー(トーナメント表)が気になる所ですが、

 

もうひとつフランスで注目といえば、フランス出身のブノワ・ペール選手ですね。

 

錦織選手がまさかの2連敗という悔しい結果となっていますので、今回はひとつガツンを強さを見せて頂きたい、ですね。

 

個人的にはジョコビッチ vs 錦織圭よりも注目してるのがブノワ・ペール戦ですので、いっそ1回戦くらいでガーンとやっちゃって欲しいくらいですが!

 

今回の大会もじっくりと楽しみたい思います。


スポンサードリンク

One Response to “パリバマスターズ2015のドロー(トーナメント表)は?優勝賞金も”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ