ジョコビッチとフェデラーのパリバオープン後のポイント結果は?

 

BNPパリバ・オープンの決勝がついに決まってポイントに注目が集まっています。

 

今年はジョコビッチ対フェデラーという、世界ランキング1位と2位の最強カードとなりました。

 

決勝戦には錦織圭選手にご登場頂きたかったですが、、、今年のツアーはまだ序盤ですので錦織選手の活躍は今後に期待です。

 

さてそれはそれとして、パリバ・オープン決勝が決まったジョコビッチ選手とフェデラー選手のポイントはいくつになるのでしょうか?

 

パリバ・オープン決勝の結果と、大会後2人のポイントとランキングがどう変わるかまとめました。

 

パリバ・オープン決勝は23日に行なわれますので試合の結果はわかり次第追記します。

 

スポンサードリンク

 

BNPパリバ・オープン後の2人のポイントは?

 

テニスのポイント計算は、基本的に昨年の結果と比較してどれだけ上がったか(下がったか)によってポイントが決まります

 

そこでジョコビッチ選手とフェデラー選手の昨年(2014年)のパリバ・オープンの結果を見てみます。

 

2014年のパリバ・オープンの結果】

優勝 ジョコビッチ

準優勝 フェデラー

 

はい。実は去年の決勝も今年と全く対戦でした。

 

ということは、ジョコビッチ選手が仮に2連覇して今年も優勝した場合

 

ジョコビッチ選手は昨年の結果(優勝)と同じ結果となるので、ポイントは上がりも下がりもせず同じです。つまり現在のポイントと同じ13205を維持となります。

 

ジョコビッチ選手が優勝するとフェデラー選手は当然準優勝なので、フェデラー選手も現在のポイントを維持(9205ポイント)となります。

 

 

逆に今年はフェデラー選手が優勝した場合、

 

今度はジョコビッチ選手が準優勝となり、昨年よりも成績が下がるのでポイントも下がります。

 

パリバ・オープンは優勝すると1000ポイント、準優勝の場合600ポイントを獲得できます。

 

ジョコビッチ選手の場合、去年の優勝(1000ポイント)から準優勝(600ポイント)に成績が下がるので、ランキング・ポイントもその差分400ポイントダウンして、12805となります。

 

一方、フェデラー選手の場合は、ジョコビッチ選手と全く逆になります。

 

つまりフェデラー選手の場合、去年の準優勝(600ポイント)から優勝(1000ポイント)に上がるので、ランキング・ポイントもその差分400ポイントアップして、9605ポイントとなります

 

スポンサードリンク

 

ジョコビッチとフェデラーのパリバ・オープン後のポイントまとめ

 

2015年のBNPパリバ・オープンの決勝は、ジョコビッチ選手 対 フェデラー選手というカードとなりました。

 

これは昨年2014年の決勝と全く同じカードです。

 

テニスのランキングポイントの計算は若干ややっこしいのですが、基本的には昨年の結果と比較してポイントが上がったり下がったりします。もし昨年と結果が同じであればポイントも同じになります。

 

そのため、仮にジョコビッチ選手が昨年と同じく優勝してフェデラー選手が準優勝であれば、昨年と成績が同じですのでポイントの増減はなく現在と同じです。

 

【今年のパリバ・オープンでジョコビッチが優勝した場合の2人のポイント】

ジョコビッチ 13205(現状維持) ランキング1位

フェデラー 9205(現状維持) ランキング2位

 

 

一方、もしフェデラー選手が優勝してジョコビッチ選手が準優勝した場合はこうなります。

 

【今年のパリバ・オープンでフェデラーが優勝した場合の2人のポイント】

ジョコビッチ 12805(-400) ランキング1位

フェデラー 9605(+400) ランキング2位

 

まだ2人のポイントは差が大きいので順位の変動こそありませんが、フェデラー選手が優勝すればジョコビッチ選手とのポイント差を800ポイント分縮めることができます。

 

錦織選手にとっては、フェデラー選手のポイントが上がってでもジョコビッチ選手のポイントが下がってくれた方が良いという考え方もありますが、その逆の考え方もあるので何とも言えないところですね。

 

個人的はフェデラー選手のプレーが好きなのでフェデラー優勝を期待します。

 

(追記)BNPパリバ・オープンの結果は?

 

2015年BNPパリバ・オープンの決勝でジョコビッチ選手がフェデラー選手を下して優勝しました。

 

スコアは 6-3, 6(5)-7, 6-2 でジョコビッチ選手の2連覇達成です。

 

ジョコビッチ選手ホント強いですね!!

 

これでジョコビッチ選手とフェデラー選手は昨年と同じ成績となりましたので、ポイントも現状維持で変わらずとなります。

 

BNPパリバ・オープン後のポイントとランキング】

1位 ノバク・ジョコビッチ 13,205 

2位 ロジャー・フェデラー 9,205

 

次の大会はマイアミ・オープン(3/24〜4/5)となります。

 

次も錦織圭選手の活躍を期待したいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ