鬼塚雅の妹の鬼塚貴理もゴルフで国際大会優勝!両親の教育が凄い

105412_600400

 

先日、鬼塚雅さんが若干16歳、史上最年少でスノーボードの世界選手権、女子スロープスタイルで金メダルを取るというニュースで興奮しましたが、鬼塚雅さんの妹の鬼塚貴理さんもスーパーゴルファーということがわかりましたので紹介します。

 

鬼塚雅さんがスノーボードの世界選手権で優勝したことをきっかけに何気なくネットを調べてみると、鬼塚雅さんの妹である鬼塚貴理さんもゴルフの国際大会で優勝していることがわかりました。

 

若くして日本を飛び出すということ自体凄いのに、さらに海外で結果まで残してしまう子供が、鬼塚家にまさか2人もいるとは思いもしませんでした。

 

妹の鬼塚貴理さんはゴルフでどんな結果を残しているのかまとめました。

 

鬼塚貴理さんのプロフィールとゴルフを始めたきっかけ

 

鬼塚貴理さんについては、今まで全く知らなかったので簡単にプロフィールを紹介します。

 

201407-03C05

鬼塚 貴理(おにずか きり)

2000年12月30日生まれ(14歳)

身長 153cm

体重 45kg

熊本市立竜南中学校 2年

 

お姉さんの鬼塚雅さんがスーパースノーボーダーですが、鬼塚貴理さんも3歳からスノーボードを始めていて、今でも趣味で楽しんでいるそうです。

 

それがなぜゴルフなのかというと、きっかけは、なんとゲーム「みんなのゴルフ」だそうです。

 

61Ir55pA1tL

(画像はイメージです。「みんゴル5」で遊んだかはわかりません)

 

ゲームで遊んでいたら楽しくて実際にゴルフをしてみたいと思ったのがきっかけで、8歳の時からゴルフを始めたそうです。

 

8歳から始めたということは、現在14歳になったばかりですのでゴルフ歴は6年ほどということになりますが、鬼塚貴理さんの成績についても見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

鬼塚貴理さんのゴルフの成績は?

 

鬼塚貴理さんは、2014年7月に米国サンディエゴで行われた「キャロウェイ世界ジュニアゴルフ選手権」に参戦しています。

 

米カリフォリニア州サンディエゴの「トーリーパインズGC」で行なわれた大会で、日本からはPGM日本代表選抜大会を勝ち抜いた男女各6部門の代表とシード選手の計38人が日本代表として参加しました。鬼塚貴理さんもそのメンバーの1人です。

 

この時の鬼塚貴理さんの結果は26位となりましたが、その時にこんなコメントを残しています。

 

「もっといけたかなと思います。

コースは距離はあまりないけど、木とかバンカーがいろいろなとことにあって、グリーンが速かった。

アプローチは通用したかなと思います。これからは2打目の正確性と、4~5メートルのパットの練習をしたい」

 

当時13歳にしては、とても頼もしいコメントですが、その言葉通り鬼塚貴理さんの快挙はその5ヶ月後に起こります。

 

鬼塚貴理さんが2014年12月に「海南オープン・国際ジュニアチャンピオンシップ」へ参戦した時です。

 

この大会は中国海南省の海南古塩田ゴルフ倶楽部で開催された大会で、参加者は中国のランキング上位者と、韓国、台湾、日本からの海外招待選手合わせて110名。

 

2014年12月5日〜8日までの3日間で行なわれました。

 

鬼塚貴理さんはB組(女子13歳-14歳の部)でプレーしましたが、大会3日目(12月7日)の最終ラウンドで2位につけていた中国のMohan Du選手と競り合いになりました。

 

スコアは鬼塚選手が73、Mohan Du選手が71と、トータル1アンダー(215)で並び、プレーオフへ。

 

プレーオフ3ホール目、両者2オンに成功するものの、Mohan Du選手は3パットのボギー、鬼塚選手は2パットでパー。

 

鬼塚貴理さんが「海南オープン・国際ジュニアチャンピオンシップ」でなんと優勝です。

 

試合後は簡単ですがこんなコメントを残しています。

「プレーオフの1打目は緊張しました。バーディをとらないと勝てないと思っていたけど、ラッキーだった。でも、勝てて本当にうれしいです」

 

実は、お姉さんの鬼塚雅さんがスノーボードの世界大会で優勝する前に、妹の貴理さんもゴルフの国際大会で優勝をしていたということになります。

 

鬼塚姉妹の才能もありますが、親の教育の素晴らしさといいますか、ご両親の子供の力をうまく引き出す仕方がとても上手なのだと思います。

 

スポンサードリンク

 

鬼塚貴理さんのゴルフまとめ

 

とにかく鬼塚家の姉妹は凄い!

 

鬼塚と聞くと(鬼塚雅さんは特に)「GTO」の鬼塚英吉を想像してしまうのですが(知らない人は無視して下さい)、二人ともとても可愛いのに凄いです。

 

つい先日お姉さんの鬼塚雅さんがスノーボードの世界選手権、女子スロープスタイルで金メダルを取って日本を沸かせましたが、実はその1ヶ月前(2014年12月)に妹の鬼塚貴理さんも

 

2014年海南オープン・国際ジュニアチャンピオンシップで優勝しています。

 

開催場所は中国海南省、海南古塩田ゴルフ倶楽部で、参加者は中国のランキング上位者と、韓国、台湾、日本からの海外招待選手合わせて110名。

 

鬼塚貴理さんはB組(女子13歳-14歳の部)でプレーし、中国の選手とのプレーオフ3ホールを制し、見事優勝を飾りました。

 

鬼塚貴理さんの誕生日が12月30日ですので、優勝当時はまだ13才となります。昨年末は最高の誕生日となったことと思います。

 

鬼塚貴理さんが国際大会で優勝したのが昨年12月、そして今年1月にはお姉さんの鬼塚雅さんがスノーボードの国際大会で優勝。

 

鬼塚家はお祝い続きで嬉しい悲鳴でしょうね。

 

本当に素晴らしいですし、同じ日本人としても嬉しくなりました。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ