大倉忠司の息子は関ジャニの大倉忠義!鳥貴族社長の教育も凄い

 

カンブリア宮殿で大人気焼き鳥チェーン「鳥貴族」社長の大倉忠司さんが取り上げられて注目を集めています。

 

最近は何かにつけて「改善」や「効率化」という言葉がもてはやされますが、番組の中で大倉さんは

 

「やってはいけない効率化と、やらなくていけない効率化」

 

をきちんと分けた「ぶれない経営」で、鳥貴族を時価総額16億7千万円の大企業に育てあげたエピソードが語られていました。

 

そして意外に知られていないのが、鳥貴族 大倉忠司社長の息子(長男)が関ジャニ∞の大倉忠義さんということです。

 

大倉忠義さんもビジネスマンになるかと思いきや、全く別のアイドルの道に進み成功しているという素晴らしい経歴ですが、実は大倉忠義さんは鳥貴族の株1万株を保有する株主でもあります。

 

つまり若くしてお父さんから恐ろしい額の資産をもらっている大倉忠義さんですが、社長の忠司さんは一代で鳥貴族を作っただけあって、長男の忠義さんへの教育もしっかりとしていましたのでまとめました。

 

スポンサードリンク

 

大倉忠義さんの玉の輿レベルは?

 

大倉忠義さんはお父さんの会社「鳥貴族」の1万株をもらい受けたわけですが、これは実際いくらくらいでしょう?

 

現在の鳥貴族の株価を見てみると1株あたり4735円となっていますので、それを1万倍すると・・・

 

47,350,000円となります。

 

はい。素晴らしい桁数です!8桁もあります。

 

つまり4,735万円です。

 

そして大倉忠義さんは親のすねかじりではなく、関ジャニ∞としてしっかり自立もされてますので1万株は自身の貯金とは別の資産となります。

 

若くしてすでに5000万円近くの資産が丸見え状態で、しかも関ジャニ∞のイケメン、さらに鳥貴族社長の長男ですので、玉の輿レベルを凄まじいものがありますね。

 

スポンサードリンク

 

鳥貴族社長 大倉忠司さんの教育とは?

 

大企業の社長の息子で、しかも長男といったら親が溺愛し過ぎて、良くも悪くも浮世離れした子供に成長しそうなイメージもありますが(実際そんな芸能人もいますが)、大倉家はそうでもないようです。

 

大倉忠義さんは1997年(当時12歳)にジャニーズ事務所のオーディションに受かり、ジャニーズJr.の一員となりましたが、その頃からお小遣いはもらわず(もらえず)、その代わりに自分でお金を稼ぐことを教えられたそうです。

 

まだ夜が明けてない時間から起きなければいけない新聞配達のアルバイトの経験もあるそうです。

 

またお父さんの忠司さんから「近所のコンビニバイトで一番安い時給のお店を調べろ」と言われて調べてみると、なんとそれと同じ時給でお父さんの会社のバイトをさせられるという、ちょっと理不尽な(?)事件もあったようです。

 

こうして見ると、お金持ちの息子というイメージが全く感じられないですね。

 

また忠義さんのラジオ番組で、忠義さんの母の日のエピソードが語られたことがあり、その時にも

 

「小学生の時に100円ショップへ行き、自分の少ないお小遣いからお金を出して母の日のプレゼント買った事がある」

 

と話したこともありました。100円ショップでプレゼントを買うということは、下手したら普通の子供たちよりお小遣いは少なかったのではないでしょうか。

 

また小学生の頃は家族でキャンプへ行くのが恒例で、子供時代はバーベキューを楽しみにしていたそうですが、これは忠司さんが「子供たちに色々な思い出を残してあげたい」という思いから恒例行事化しています。

 

こうして見て行くと、忠司さんは鳥貴族の経営でかなり忙しかったとは思うのですが、それでもお金で何でも買い与えるような教育ではなく

 

家族との時間も取ったり、お金を自分で稼ぐ大切さを教えたり、自分の少ないお小遣いからでも母にプレゼントを買うような教育をされているようで、素晴らしいですね。

 

鳥貴族社長の大倉忠司さんの息子大倉忠義さんのまとめ

 

カンブリア宮殿で鳥貴族社長の大倉忠司さんが出演したことで、息子で関ジャニ∞でもある大倉忠義さんへも注目があつまりました。

 

大倉忠義さんは、春からのドラマ「ドS刑事」への出演が決まっていて、多部未華子さんと共演です。

 

ジャニーズでもしっかり独り立ちして俳優としても活躍されていますので、それだけでも素晴らしいのですが、忠司さんの会社鳥貴族の株を1万株(約5000万円)も保有する御曹司でもあります。

 

そんなお金持ちの家ではありますが、ご両親の教育はしっかりとされていてお金持ち特有の妙な価値観(?)もなく良い意味で一般家庭と同じように育てられたようです。

 

1万株(5000万円)というと大金ですが、それでも鳥貴族の全体の発行株数からすると1万株はわずかに0.3% ほどです。

 

あのMicrosoftの社長ビルゲイツも自分の子供には1%の財産しか渡さない、子供たちは自分たちの仕事を通してやりがいと重要性を感じないといけないのです。

 

と言っていましたが(ビルゲイツは全財産の95%を子供に渡さず寄付するそうです)、大倉家にも同じようなマインドがあるのかも知れないですね。


スポンサードリンク

One Response to “大倉忠司の息子は関ジャニの大倉忠義!鳥貴族社長の教育も凄い”

  1. […] 、その頃からお小遣いはもらわず(もらえず)、その代わりに自分でお金を稼ぐことを教えられた そうです。 [引用元] 大倉忠司の息子は関ジャニの大倉忠義!鳥貴族社長の教育も凄い […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ