錦織圭の2015メンフィスオープン後のランキング!4位と6位の動きも

Screen Shot 2015-02-13 at 0.43.49

 

錦織圭選手が2015年のメンフィス・オープンで最初に1セット落としたものの逆転勝ちを収めてベスト8入りしたと注目を集めています。

 

錦織選手は「厳しい試合だったけど、こういう勝ち方をするのも大切だと思う」と力強いコメントを残しました。

 

錦織選手は今年のメンフィス・オープンで優勝すると大会3連覇となりますので重要な大会ですが、もうひとつ重要な点として昨年優勝しているので今大会ではランキングポインを増やすことができないという点です。

 

そしてもし仮に今大会で優勝できなければ、ポイントを減らしてしまいます。

 

そこで2015年メンフィス・オープン後の錦織圭選手の世界ランキングポイントがいくつになるかまとめました。

 

またランキング4位のアンディ・マレーと、6位のミロシュ・ライオニッチのポイント変動によって錦織選手は影響を受けるのかどうかも紹介します。

 

スポンサードリンク

 

2015メンフィス・オープン後の錦織圭選手のランキング

 

錦織圭選手のランキングを見る上で重要なのが昨年(2014年)のメンフィス・オープンの結果です。

 

ただ今大会3連覇を狙う錦織選手ですので、当然ながら昨年のメンフィス・オープンは優勝です。

 

そして去年優勝している場合、ランキングポイントは「良くて現状維持」となります。

 

つまり今年(2015年)のメンフィス・オープンで3連覇を達成しても、ポイントは現在と変わらず5205となります。

 

そしてもし優勝できなければポイントが下がることになりますが、何ポイント下がるのかまとめます。

 

【2015年メンフィス・オープン後の錦織選手のランキングポイント】

 

錦織選手のポイントは、メンフィス・オープンの試合結果によってこうなります。

 

ベスト8 5000 (-205)

ベスト4 5045 (-160)

準優勝  5105 (-100)

優勝   5205 (±0)

 

もしベスト8で終わってしまうとポイントは-205となり、5000へダウンしてしまいます。

 

是非3連覇して欲しいですね!

 

スポンサードリンク

 

錦織圭選手の上下(4位と6位)選手のランキング変動は?

 

また錦織選手の上下(4位と6位)に位置する選手たちですが、2月12日現在4位から6位までの世界ランキングかなり密集しています。

 

4位 アンディ・マレー 5460

5位 錦織圭 5205

6位 ミロシュ・ライオニッチ 4845

 

錦織選手だけ見ると、メンフィスオープンで最悪ベスト8だったとしても5000ポイントですので変動なしですが、4位のアンディ・マレーが下がってきたり、6位のミロシュ・ライオニッチが上がってきたりすると順位が変動します。

 

そして今現在アンディ・マレーと、ミロシュ・ライオニッチは別のトーナメント

 

「ABNアムロ 世界テニス・トーナメント」で試合中です。

 

この結果次第では、4位〜6位の順位が変動するので要注意です。

 

特にミロシュ・ライオニッチは昨年のABNアムロ 世界テニス・トーナメントには参加していませんので、今大会で結果を出すと大きくポイント上げてきます(特に優勝すると500ポイントアップですので錦織選手を超えてきます)

 

ABNアムロ 世界テニス・トーナメントもメンフィスオープンと同じ日程(2/10 – 2/15)で開催されていますので、試合結果が確定次第、錦織圭選手も含めて3人のポイントをまとめて追記します。

 

錦織圭選手のメンフィス・オープン3連覇を見れるのを楽しみにしてます。

 

錦織圭選手のメンフィオープン後のランキングまとめ

 

(2月14日追記)

ABNアムロ 世界テニス・トーナメントでアンディ・マレー選手がベスト8で終わったというニュースが入ってきました。(ジル・シモン(19位)に6-4,6-2でストレート負け)

 

これでアンディ・マレー選手のポイントが確定しました。アンディ・マレー選手は昨年の同大会でもベスト8でしたので、ランキング・ポイントの変動はなしとなります。

 

(2月15日追記)

ABNアムロ 世界テニス・トーナメントでミロシュ・ライオニッチ選手が準々決勝でワウリンカ(8位)に負けてベスト4で終わったというニュースが入ってきました。試合結果は7-6(3),7-6(7)で、かなり競り合いながらもライオニッチ選手のストレート負けとなりました。

 

これでミロシュ・ライオニッチ選手もポイントが確定しました。ライオニッチ選手は昨年は同大会へ出場していないため今回ベスト4の得点が加算されて4980となります。

 

(2月16日追記)

メンフィスオープンで錦織圭選手がケビン・アンダーソン選手を破って優勝したというニュースが入ってきました。試合結果は6-4,6-4とストレート勝ちです。

 

これまで常に1セット落としてからの逆転勝ちでしたが、決勝は第2シードのケビン・アンダーソン選手をストレートで破るという気持ちのいい勝ち方でした。調子が100%出なくても勝ちを取れるという錦織圭選手の強さを感じました。

 

さてこれでメンフィス・オープンも終了しましたので錦織選手のランキング・ポイントも確定しました。

 

見事3連覇を達成したので『3連覇ポイント』が、、、付くといいのですが、そういうポイントはないですので、3連覇達成したことによってポイントは現状維持の5205となります。

 

2015年全体の錦織選手の世界ランキング・ポイントの推移はこちら。

 

【メンフィスオープン後のランキング】

4位 アンディ・マレー 5460(確定)

5位 錦織圭 5205 (確定)

6位 ミロシュ・ライオニッチ 4980(確定)

 

錦織選手の次回の大会は『アビエルト・メキシコ・テルセル(2/23-3/1)』の予定です。

 

アビエルト・メキシコ・テルセル大会は、昨年アンディ・マレー選手(4位)が出場してベスト4となっている大会です。

 

ここで錦織選手がアンディ・マレーを抑えて結果を出せば錦織選手(5位)とアンディ・マレー選手(4位)のランキングがひっくり返る可能性はかなり高いです!

 

今から楽しみですが、錦織選手にはまずはゆっくり体を休めて欲しいです。

 

メンフィスオープン3連覇おめでとうございました!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ