パリバオープン2015の錦織圭の試合結果は?ポイントの途中経過も

 

錦織圭選手がランキング3位に上がるチャンスもあるということで「BNPパリバ・オープン2015」の試合結果に注目が集まっています。

 

そこで早速ですが錦織圭選手のパリバ・オープンでの対戦相手と試合結果をまとめました。

 

また錦織圭選手を含めてランキング上位の選手たちのポイント・ランキング(途中経過)も紹介します。

 

BNPパリバ・オープンの日程は3/12 〜 3/22となりますので、結果が分かり次第追記していきます。

 

スポンサードリンク

 

パリバ・オープン2015錦織圭の試合結果は?

 

錦織選手の対戦相手の情報が決まり次第まとめていきます。

 

【錦織圭選手の対戦結果】

対戦相手(順位) 結果 スコア
1回戦(ベスト128確定)
不戦勝 WIN
2回戦(ベスト64確定) 
ライアン・ハリソン(110位) WIN 6-4,6-4
3回戦(ベスト32確定)
フェルナンド・ベルダスコ WIN 6(6)-7,6-1,6-4
4回戦(ベスト16確定)
フェリシアーノ ロペス LOSE 4-6,6(2)-7

 

 

パリバ・オープン中の途中経過のポイントは?

 

パリバ・オープン中の途中経過のランキング・ポイントを計算するとこうなります。

(状況が「確定」となった選手は試合に負けてポイントが確定した選手です)

 

こちらも試合が進むたびにポイントを先に計算して更新していきます。

 

【パリバ・オープンの途中経過ポイント】

順位 選手名 ポイント 状況
1位 ノバク・
ジョコビッチ
13205
(±0)
優勝 確定
2位 ロジャー・
フェデラー
9205
(±0)
準優勝 確定
3位 ラファエル・
ナダル
5810
(+135)
R8 確定
4位 アンディ・
マレー
5695
(+270)
R4 確定
5位 錦織圭 5460
(+45)
R16 確定
6位 ミロシュ・
ラオニッチ
5160
(+180)
R4 確定
7位 スタン・
ワウリンカ
4505
(-90)
R64 確定
8位 ダビド・
フェレール
4545
(+10)
R32 確定

 

◆ワウリンカ選手がまさかの2回戦敗退(ベスト64)となりポイントが確定しました。これでフェレール選手がワウリンカ選手を越えることは決まりました(順位はまだわかりません)。

 

また近いブロックにいるフェデラー選手にとってはベスト4へ入りやすくなりましたね。(パリバ・オープンのトーナメント表はこちらから

 

◆フェレール選手が3回戦敗退(ベスト32)となりポイント確定しました。 フェレール選手にとってパリバ・オープンはポイントを増やしやすい大会だっただけにベスト32(+10ポイント)は不本意な結果だったと思います。

 

◆錦織選手が4回戦敗退(ベスト16)となりポイントが確定しました。非常残念ですが、相手は12位のロペス選手でした。格下相手とはいえ12位ともなれば、当然負けることもありますし勝負の世界ですので仕方ないですね。

 

ポイントは45ポイントアップで5460となります。ナダル選手やマレー選手はベスト8進出を決めていますので今回ランキングアップは望めない状況です。気持ちを切り替えて次の大会に期待しましょう。

 

◆ナダル選手がラオニッチ選手に負けてベスト8となりポイント確定しました。これでマレー選手が決勝進出すると(準優勝以上で)マレー選手の3位が決まります。

 

ちなみに錦織選手はどう転んでもランキング9位以下の選手に追い抜かれる心配はありません(ということで今回は特に書きませんでした)。

 

また3位から5位は一番気になるところですが、3位にはナダル選手、マレー選手、錦織選手誰がなってもおかしくない状況です。

 

3位争いをしている3人の選手のパリバ・オープン後のポイントを比較してまとめた記事はこちらから

 

スポンサードリンク

 

トップランカーのポイントはどのくらい動くもの?

 

パリバ・オープンで優勝すると1000ポイント獲得できますが、ランキングのポイントが何ポイント上がるかというのは選手によって変わります。

 

大会は違いますが先日メンフィス・オープンで錦織選手が3連覇達成しましたが、実はポイントは上がりませんでした(その理由はこちらから)。

 

ですのでランキング上位の選手毎に1回戦負けだった場合と(最低のポイント)、優勝した場合と(最高のポイント)で何ポイントになるかまとめて見ました。

 

【パリバ・オープンの結果でポイントが動く範囲】

# 選手名 最低 – 最高 説明
1位 ジョコビッチ 12165 – 13165
2位 フェデラー 8605 – 9605
3位 ナダル 5630 – 6630 詳細
4位 錦織圭 5370 – 6370 詳細
5位 マレー 5280 – 6280

 

例えば錦織選手をみると1回戦で負けると5370 (-45ポイント)となり、優勝すると6370 (+955ポイント)となるのがわかります。

(詳しいポイント情報は「詳細」をクリックして下さい)

 

ジョコビッチ選手は最高でも(優勝しても)現在と同じポイント13165をキープ となります(逆に負けるとポイントが下がります)。

 

そして錦織圭選手はパリバ・オープンの結果次第でナダル選手を抜いてランキング3位にアップするチャンスもあります。

 

パリバ・オープンも錦織圭選手の活躍に期待が高まりますね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ