錦織圭の2015パリバオープン後のポイントは?3位ナダルも射程圏内

298776

 

錦織圭選手が2015年に入ってから凄まじい勢いでランキングを上げているため大会毎に錦織選手のランキングポイントに注目が集っています。

 

特にBNPパリバ・オープンは優勝すると1000ポイント獲得できる大きな大会で、錦織選手にはポイントを大きく増やすチャンスです。

 

またこの大会はランキング上位30位以内の選手に出場が義務づけられている大会です。そのためトップランカー同士の試合を見る事ができますし、各選手のポイントが大きく動く大会でもあります。

 

そこでかなり気が早いですが、BNPパリバ・オープンで錦織圭選手が何ポイント獲得できるのかまとめました。

 

またBNPパリバ・オープンで錦織選手はランキング3位のナダル選手を抜くチャンスがあるか?も紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 BNPパリバ・オープン後の錦織選手のポイントは?

 

テニスのポイント計算は昨年の成績が重要ですので、最初にトップの選手たちのパリバ・オープン前のランキングポイントと昨年(2014年)の成績を確認します。

 

【パリバ・オープンのランキングと去年の成績

括弧内が昨年(2014年)のパリバ・オープンでの成績です。

 

1位 ノバク・ジョコビッチ 13205(優勝)

2位 ロジャー・フェデラー 9205(準優勝)

3位 ラファエル・ナダル 5675(R32)

4位 アンディ・マレー 5425(R16)

5位 錦織圭 5415(R32)

6位 ミロシュ・ライオニッチ 4980(QF)

7位 スタン・ワウリンカ 4595(R16)

8位 ダビド・フェレール 4535(欠場)

9位 トマシュ・ベルディヒ 4340(R64)

10位 マリン・チリッチ 3450(R16)

 

まず始めにベルディヒ選手(9位)とチリッチ選手(10位)の2人については、今大会で彼らがどれほど勝ったとしても錦織選手を追い越す事はできませんので、あまり気にしなくて良いかと思います。

 

逆に8位から5位の選手は現時点で誰でも錦織選手を追い抜く可能性がありますので、下位選手の動きも要チェックです。

 

そして錦織選手の現在のポイントは5415です。

 

パリバ・オープンのトーナメントが決まって第1回戦は不戦勝となりましたので、仮に2回戦負けになった場合から見事優勝した場合まで、試合の結果によって獲得できるポイント数をまとめます。

 

スポンサードリンク

 

【錦織選手がパリバ・オープン後に獲得できるポイント数】

試合結果 試合後のポイント
ベスト64 (2回戦負け) 5370 (-45)
ベスト32 (3回戦負け) 5415 (±0)
ベスト16 (4回戦負け) 5460 (+45)
ベスト8 (5回戦負け) 5550 (+135)
ベスト4 (6回戦負け) 5730 (+315)
準優勝 (7回戦負け) 5970 (+555)
優勝 6370 (+955)

 

 

錦織選手が優勝した場合は、955ポイントが加算されて6370ポイントとなります。

 

ということは錦織選手がパリバ・オープンで狙えるのは3位までです。2位のフェデラー選手との距離はまだ遠いので今大会でできることはフェデラー選手とのポイント差を縮めることですね。

 

そうするとランキング的にみて『狙う選手は3位のナダル選手ただ一人!』となります。

 

そしてナダル選手のポイントは5675ですので、錦織選手とのポイント差は260ポイントです。つまり3位に上がるにはナダル選手との260ポイント差を埋めればよいことになります。

 

一番理想のパターンは「錦織選手が優勝すること」です(当たり前なのですが)。

 

錦織選手が優勝した場合、錦織選手はナダル選手との260ポイント差をひっくり返して3位となり、なおかつフェデラー選手とのポイント差を大きく縮めることができます。

 

ただ錦織選手が優勝できなくても3位になる可能性はあります。

 

錦織選手がナダル選手よりも260以上のポイントを獲得するパターンです。

 

例えば「錦織選手が準優勝で、ナダル選手がベスト8」といった場合、錦織選手はナダル選手よりも420ポイント多く獲得しますので2人の順位は入れ替わる、という具合です。

 

テニスのポイントは計算の仕方が妙にヤヤコシイので、ある程度試合が進んで各選手の獲得ポイント数が絞られてきたら、ナダル選手や下位選手のポイントとランキングの変動情報を追記します。

 

メキシコ・オープンも見応えありましたが、パリバ・オープンも楽しみですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ