錦織とナダルとマレーのパリバオープン後のポイント比較!3位は誰に

 

3月12日からBNPパリバ・オープン2015がスタートして錦織圭選手のランキングに注目が集まっています。

 

錦織選手、ナダル選手、マレー選手とランキング3位〜5位の選手は2月に入ってランキング争いがかなり激しいですね。

 

錦織圭選手はメキシコ・オープンを準優勝で終えてランキング4位に上がったと思ったのもつかの間、その後のデビスカップでマレー選手にわずか10ポイント差で4位の座を奪い返されるという激しい展開を見せています。

 

ナダル選手も2月のリオ・オープン後に3位から4位にランキングを落としましたが、その後アルゼンチン・オープンで優勝し、再び3位の座を奪い返しました。

 

このランキング3位争いは選手たちにとって大変な所だと思いますが、見る方としては見応えのある所でもあります。

 

そこで錦織選手、ナダル選手、マレー選手がBNPパリバ・オープンで獲得できるポイントを比較できる形でまとめました。

 

スポンサードリンク

 

最初にBNPパリバ・オープンの順位は?

 

メキシコ・オープン後に錦織圭選手がランキング4位になったと大きな話題となりましたが、パリバ・オープン前の順位をみるとアンディ・マレー選手が4位で錦織圭は5位となっています。

 

非常に短期間のうちに錦織選手が5位に戻ってしまったので、パリバ・オープン前のランキングを確認します。

 

錦織圭選手が一瞬4位に上がって、その後5位になった理由は、錦織選手のポイントが下がったのではなく、アンディ・マレー選手が3/6から行なわれたデビスカップで新たにポイントを増やして上がってきたからでした。

 

錦織選手とマレー選手のポイント差はわずかに10ポイントという非常に苦々しい(?)状況ではありますが、このためパリバ・オープン前のランキングとポイントはこうなります。

 

【パリバ・オープンのランキングとポイント】

順位 選手名 ポイント
1位 ノバク・ジョコビッチ 13205
2位 ロジャー・フェデラー 9205
3位 ラファエル・ナダル 5675
4位 アンディ・マレー 5425
5位 錦織圭 5415

 

 

BNPパリバ・オープン後に獲得できるポイント比較

 

パリバ・オープンの大会中、錦織選手、ナダル選手、マレー選手がそれぞれ何ポイント獲得しているのか?気になるところです。

 

トーナメント表を見ると3人とも1回戦は不戦勝となっていますので、仮に2回戦で負けたとしてもベスト64は確定です。(パリバ・オープンのトーナメント表はこちらから

 

そこで2回戦(ベスト64)で負けた場合から優勝した場合まで、試合結果に応じて各選手が何ポイント獲得できるのか一覧で比較できるようまとめました。

 

【BNPパリバ・オープンに獲得できるポイント】

試合結果  R.ナダル A.マレー 錦織圭 
ベスト64  5635
(-45)
5335
(-90)
 5370
(-45)
ベスト32 5675
(±0)
5380
(-45)
5415
(±0)
ベスト16 5720
(+45)
5425
(±0)
5460
(+45)
ベスト8 5810
(+135)
5515
(+90)
5550
(+135)
ベスト4 5990
(+315)
5695
(+270)
5730
(+315)
準優勝 6230
(+555)
5935
(+510)
5970
(+555)
優勝 6630
(+955)
6335
(+910)
6370
(+955)

 

まとめては見たものの数字だらけで、わかりやすくなったかどうかはかなり微妙ですが、

 

例えば3選手全員がベスト8で終わったとすると、各選手のベスト8の行を見てポイントと順位はこうなります。

 

【仮に全員ベスト8で終わった場合のポイントとランキング】

ナダル選手 5810(3位)

錦織選手 5550(4位)

マレー選手 5515(5位)

 

この場合、今度は錦織選手がわずかにマレー選手を上回り4位に浮上します。

 

錦織選手がもし優勝すると6370ポイントで確実に3位となりますね(ナダル選手とマレー選手は必ず準優勝以下のポイントになりますので)。

 

また錦織選手がベスト4(5730)で、ナダル選手がベスト16(5720)だった場合は、ギリギリ10ポイント差で錦織選手が上位になるというのも見えてきます。

 

スポンサードリンク

 

3位争いのポイント・ランキングまとめ

 

3月14日現在、錦織圭選手、ラファエル・ナダル選手、アンディ・マレー選手、つまりランキング3位から5位までの選手はわずか260ポイントの間に固まっています

 

BNPパリバ・オープンの結果次第で誰が3位になってもおかしくない状況です。

 

そこで各選手がパリバ・オープンの試合結果毎に何ポイント獲得できるかまとめました。

 

3人とも非常にポイントが近いため順位変動は色々なケースが考えられると思いますが、こうしたポイント表を追いながら大会を見ると言うのもひとつ面白いかなと思います。

 

トーナメント表を見ると錦織圭選手とアンディマレー選手は近いブロックですので直接対決を見れる可能性も高いです。

 

ちなみに錦織圭選手の2回戦は3月15日の予定で、対戦相手はライアン・ハリソン選手です。

 

どんなプレーを見せてくれるか楽しみです。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ