錦織圭とイスナーの対戦成績は?進撃の巨人サーブを動画で見ると

 

錦織圭選手がマイアミ・オープン2015で準々決勝(5回戦)進出を決めたということで話題となっています。

 

準々決勝の相手は順当にいけば、同じブロックでランキング6位のミロシュ・ラオニッチ選手でした。

 

2015年に入って錦織選手とラオニッチ選手の戦いは1勝1敗。毎回接戦となる試合で見応えある試合でしたが、マイアミ・オープンでは大番狂わせ。

 

あのラオニッチ選手がまさかの4回戦敗退です。

 

そしてラオニッチ選手を倒したのが、アメリカ出身の29歳、ランキング24位のジョン・イスナー選手です。

 

そして錦織選手の準々決勝の相手がラオニッチ選手ではなくイスナー選手となりました。

 

ラオニッチ選手をも倒してしまったイスナー選手は巨人なのに快進撃を続けるので、進撃の巨人イスナーと呼ばれていますが(あ、誰もそんな呼び方してませんか。そうですよね)

 

巨人のイスナー選手はどんな選手なのでしょうか?

 

「普通に背が高いレベルを超えた背が高い長身」から放たれるサーブがどのくらい凄いのか?

 

イスナー選手のプロフィールやプレースタイル、そして錦織選手との対戦成績をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

「進撃の巨人」ジョン・イスナーのプレイスタイルは?

 

先日ナダル選手もランキング34位のベルダスコ選手に敗れて3回戦敗退となりましたが、大体30位以内にいる隠れ実力者は誠に持って侮れません。

 

イスナー選手も過去にランキング9位まで上がってきたことのある選手ですので、ランキングだけで判断すると痛い目にあいます。

 

そこでイスナー選手のプロフィールを見てみます。

 

【イスナー選手のプロフィール】

isner1

ジョン・ロバート・イスナー

ランキング 24位

1985年4月26日生まれ(現在29歳)

出身:アメリカ フロリダ州

身長/体重: 208cm/ 108kg

利き腕:右打ち

得意なショット:フォアハンドとサーブ(当然ながら)

趣味:ポーカー、ゴルフ、バスケットボール、テレビを見ること

 

 

プロフィールを見て、すぐに目に飛び込んでくるのが、趣味がテレビみることって・・・

 

そこも確かに気になるのですが、今回は身長と体重です。プロのテニス選手は皆さん背が高いのですがイスナー選手はその中でも208cmって半端ありません。

 

どのくらい半端ないかというと画像で見てみましょう。

 

【208cmが半端ない画像】

isner

 

いや、、もうこれは凄過ぎます。ボールパーソンが小学生みたいになってます。というより、ボールパーソンは普通に大人ですので、イスナー選手が巨人なのです。

 

しかもイスナー選手の腕の長さはボールパーソンの上半身分よりも長いときました。あの腕を伸ばして打ってくるサーブの打点がどれだけ高いのか想像しただけでも恐ろしくなります。

 

そんな上空からバチーンと打ち下ろすので、イスナー選手にとってネットはあってもなくても同じでしょう。

 

『あーもーなんでバスケの方に行ってくんなかったんだコンチクショー!!』

 

とイスナー選手との対戦中にラオニッチ選手がつぶやいた、というニュースはまだ見てませんが、当然ながらイスナー選手のプレースタイルといいますか武器はサーブです。

 

ラオニッチ選手との試合を見ると、イスナー選手のファーストサーブ決定率は「66%」、しかもエースの数は「25」です。

 

上空からのサーブでガンガン爆撃しておいて、あとは長い腕をしならせ通常では考えられない遠心力で打ってくるフォアハンドで「駄目押し」、これが進撃の巨人イスナー選手の得意パターンです。

 

しかもイスナー選手のサーブは巨人ゆえに返しにくい理由がありますので、それも見て行きます。

 

スポンサードリンク

 

イスナー選手のサーブが返しにくい理由とは?

 

イスナー選手が巨人といっても、錦織選手もこれまで巨人級の方々と対戦したことはあります。例えばメンフィス・オープンやメキシコ・オープンで戦ったケビン・アンダーソン選手です。

 

ケビンも身長は203cmもあるので、立派な大型巨人です。

 

しかも錦織選手は今年ケビンとは2回対戦してますが、2回とも勝利しています。特にメンフィス・オープンの時は本調子ではなかったのに決勝で勝ちました

 

ですから巨人というだけで、それほど恐れることはないと思うのですが、それでもイスナー選手は「超大型巨人」ですので、普通では起こりえないことがおこります。

 

それは世界ランキング1位のジョコビッチ選手とイスナー選手が対戦したときに起きました。

 

【普通では起こりえないことが起こった動画】

 

つまり「あまりに上からサーブするもんだから、バウンドしたボールが2m16cmのところまで跳ね上がっちゃいました」なのです。

 

ジョコビッチ選手も自分の身長以上の打点でレシーブしないといけませんので、

 

というよりジャンプしないと届かないレベルなので、猫みたいに飛び上がっちゃってますね(でもちゃんと返してるのはさすが王者です)。

 

 

「超大型巨人」イスナー選手のまとめ

 

マイアミ・オープン2015の準々決勝で錦織選手の相手となるのは、6位のラオニッチ選手を破ってガンガン勝ち上がっている進撃の巨人イスナー選手208cmです。

 

イスナー選手の得意ショットは(当然ながら)サーブです。

 

実は錦織選手とイスナー選手はこれまで対戦経験がありません。

 

ですので、恐ろしく高い位置から打ち下ろされるフラットサーブに慣れるまで、錦織選手は少し時間を要するかも知れません。

 

しかし錦織選手は178cmとプロテニスプレーヤーの中では背が低い方なので、これまでもずっと巨人たちと戦ってきました。

 

先日も203cmの大型巨人ケビン・アンダーソン選手に勝ったばかりですので、身長に関してはそれほど心配しなくても良いかなと思われます。

 

ただイスナー選手の場合、要注意なのは打点が高すぎるので、「やたらボールが跳ね上がる」ということでしょうか。

 

ですので少しエースを取られる数は増えてしまうかも知れませんが、それ以外のところで力の差を見せれば錦織選手が勝つのでないかと勝手に予想する次第です。

 

錦織圭選手とイスナー選手の試合は日本時間で4月3日の4時AMの予定です。

 

これはまた結果が楽しみですね。


スポンサードリンク

2 Responses to “錦織圭とイスナーの対戦成績は?進撃の巨人サーブを動画で見ると”

  1. […] (ジョン・イスナー選手の信じられないサーブの動画はこちらから) […]

  2. […] (尋常じゃない高さから打ってくるイスナー選手のサーブを動画で一発説明はこちら) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ