錦織圭のマイアミオープン後のポイントは?ナダルを抜き4位に!?

 

マイアミ・オープン2015で錦織圭選手が5回戦敗退(ベスト8)となったと話題となっています。

 

錦織選手を倒したのは、先日6位のラオニッチも破ったジョン・イスナー選手(24位)でした。

 

錦織選手はイスナー選手の快進撃を止めることができませんでした。

(進撃の巨人とも呼ばれる(?)イスナー選手の恐ろしいサーブの動画はこちらから

 

そして錦織選手がベスト8に確定しましたので、ポイントがいくつになるかも気になるところです。

 

そこでマイアミ・オープン後の錦織選手のポイントをまとめました。

 

そして他の選手を見ても、3位のナダル選手は3回敗退、さらに6位のラオニッチが4回戦敗退と、ある程度上位選手のポイントも決まってきました。

 

そこで現時点でわかる世界ランキング比較も紹介します。

 

錦織圭選手のマイアミ・オープン後のポイントは?

 

マイアミ・オープンは優勝すると1000ポイント獲得できる大会ですが、錦織選手は残念ながら5回戦敗退(ベスト8)となったため、獲得できるポイントは180ポイントとなります。

 

ただし、テニスのランキング・ポイントは、獲得したポイントが加算されるだけでなく、昨年(2014年)のマイアミ・オープンで獲得したポイントが引かれます(去年分は失効となります)。

 

そこで昨年のマイアミ・オープンの錦織選手の成績を見ると、錦織選手はベスト4で獲得したポイントは360ポイントでした。

 

そのため2015年のマイアミ・オープン後の錦織選手のポイントは最終的に180ポイントダウンとなります。

 

【マイアミ・オープンのポイント】

錦織圭選手 5,280 (-180)

 

錦織選手はベスト4入りしそうな気がしましたが、イスナー選手が予想以上に?強かったですね。本当に残念でした。

 

そして現時点でランキングがどうなるかというのも見てみます。

 

スポンサードリンク

 

マイアミ・オープン後の錦織選手のランキングは?

 

マイアミ・オープンもいよいよ大詰めとなってきて、上位4名のポイントはまだ確定できませんが、それでも上位のランキングは見えてますので確認してみます。

 

ナダル選手ですが、先日まさかの3回戦敗退となったため、ポイントを大きく落として(555ポイントダウン)5255ポイントとなります。

(ナダル選手が、なぜ555ポイントもダウンとなるのか詳しくはこちらから

 

アンディ・マレー選手はベスト4進出を決めたのでまだポイントは確定できませんが、現時点でわかっているポイントですでに5875ポイントとなりますので、これ以上下がることはありません。

 

錦織圭選手は確認した通り180ポイントダウンの 5280ポイントです。

 

ラオニッチ選手も4回戦敗退となったため、やはりポイントを落として(90ポイントダウン)5070ポイントとなります。

(ラオニッチ選手が90ポイントダウンとなってしまう理由はこちらから

 

 

ここまでわかっているとポイントは確定できないですが、マイアミ・オープンの最終日を待たずしてランキングはもう確定できます

 

 

【2015年のマイアミ・オープンのランキング】

1位 ジョコビッチ

2位 フェデラー

3位 マレー 5875以上(未確定)

4位 錦織 5280(確定)

5位 ナダル 5255(確定)

暫定6位 ラオニッチ 5070(確定)

 

ジョコビッチ選手とフェデラー選手は、ぶっちぎりのトップ集団なのでランキングは変わりません。

 

4位だったマレー選手はすでにベスト4以上が確定していて、ポイントは5875以上となりますので、マイアミ・オープン後は3位になるのは確実です。

 

ナダル選手、錦織選手、ラオニッチ選手はすでにポイントが確定しているのでわかりやすいですね。

 

ベルディヒ選手はベスト4進出を決めたので、まだ優勝する可能性もありますが、仮に優勝したとしても錦織選手を抜く事はありません。ただベルディヒ選手が優勝するとラオニッチ選手は抜かれます(そのため暫定6位)。

 

スポンサードリンク

 

マイアミ・オープン後の錦織選手のポイントまとめ

 

マイアミ・オープン2015は、錦織圭選手が5回戦でジョン・イスナー選手に破れベスト8という結果となりました。

 

その結果は錦織選手のポイントは5280となります。

 

またベスト4が決まって他の選手のポイントも確定してきているので、ポイントはまだ全員確定できないもの、錦織選手のランキングについてはすでに確定しました。

 

【2015年のマイアミ・オープンのランキング】

1位 ノバク・ジョコビッチ

2位 ロジャー・フェデラー

3位 アンディ・マレー

4位 錦織圭

5位 ラファエル・ナダル

 

錦織圭選手は今回ベスト8という結果でしたが、見事世界ランキング4位に浮上しました!

 

もし錦織選手が4回戦で敗退していたら、ナダル選手を抜く事はできませんでしたから、そう考えると錦織選手は納得していないかも知れませんが、割と良い結果だったのかなと思います。

 

錦織圭選手の次の大会は、モンテカルロ・マスターズの次の大会、『バルセロナ・オープン』のようです。

 

バルセロナ・オープンも楽しみですが、モンテカルロ・マスターズはランキングの上位選手はほとんど出場しますので2つとも楽しみたいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ