錦織圭がデビスカップ2015の日本代表!トーナメント表やポイントも

mainimg

 

錦織圭選手がメキシコ・オープンで準優勝を取り世界ランキング4位が確定したことで大変盛り上がっていますが、早速次の大会デビスカップへ注目が集まっています。

 

デビスカップはテニストーナメントとしては、ちょっと変わった大会で国別のチーム対抗戦になります。

 

開催場所も固定ではなく、対戦国同士が毎年交互にお互いの国で開催します。

 

そこで2015年のデビスカップ(デ杯)のトーナメント表を確認して1回戦(1stラウンド)の対戦国の情報などまとめました。

 

またデビスカップで獲得できるポイントが何ポイントなのか?というのも紹介します。

 

スポンサードリンク

 

デビスカップの初戦の相手やトーナメント表は?

まずは2015年のデビスカップ(デ杯)のトーナメント表を確認します。

 

【2015年デビスカップ(デ杯)トーナメント表】

 

 987654

 

日本は下から2番目の試合で対戦国はカナダです。

 

そしてトーナメント表をみるとお分かりの通り、デビスカップは4回勝つと優勝できますが、その4回戦を1年かけて行ないます。

 

そこで2015年の試合予定も確認します。

 

【2015年デビスカップ(デ杯)試合日程】

1回戦:3月6日〜8日

準々決勝:7月17日〜19日

準決勝/プレーオフ:9月18日〜20日

決勝:11月27日〜29日

※デビスカップの「プレーオフ」の意味はこちらから

 

3月は1回戦ということになりますが、1回戦といってもチーム戦になりますので、勝敗は各国の代表選挙4人が5試合戦い、先に3勝した方が勝ちとなります。

 

【デ杯2015 1回戦の試合日程】

3月6日(金) シングルス2試合

3月7日(土) ダブルス1試合

3月8日(日) シングルス2試合

 

デビスカップは慣れてないとちょっとヤヤコシイですね。

 

スポンサードリンク

 

日本代表選手とカナダ代表戦のメンバーは?

 

早速日本代表メンバーと1回戦の対戦国カナダ代表メンバーをチェックします。

 

【日本代表チーム】

錦織圭 単5位、複321位

添田豪 単83位、複491位

伊藤竜馬 単91位、複673位

内山靖崇 単282位、複246位

 

【カナダ代表チーム】

ミロシュ・ラオニッチ 単6位、複430位

バセック・ポスピショル 単63位複15位

フランク・ダンシェビッチ 単163位、複329位

ダニエル・ネスター 単-位、複4位

 

開催場所:バンクーバー(カナダ)

 

いやいや、カナダチームすごいです。相当な力の入れようです。メンバーがやけに強い!

 

シングルスにラオニッチ選手(6位)が登場するのは良いとして、ダブルスにもトップランカー2人が入ってます

 

カナダとしては、ラオニッチ選手でシングルス2勝取り、ダブルスで1勝取って勝つシナリオでしょうね。

 

日本は逆に錦織選手に2勝してもらって、2番手の添田選手に1勝を取ってもらうという作戦でしょうか。

 

素人目では、ダブルスでカナダに勝てる気がしないのでシングルス勝負になるように思えます。

 

(日本×カナダの対戦相手の組み合わせと結果速報はこちらから

 

デビスカップで獲得できるポイントは?

 

デビスカップはチーム戦で特殊な大会ですが、それでも世界ランキングのポイントを獲得することができます。

 

錦織選手は初日と3日目のシングルス戦に1試合ずつ出場すると思いますが、その2試合で1勝すれば40ポイント、2勝すれば80ポイント獲得できます。

 

ただし錦織圭選手の場合は、勝ったとしても世界ランキングのポイントには反映されません

 

テニスのランキング・ポイントは過去1年間に出場した大会の中から獲得ポイントの高い大会(最大でも19の大会)を選んで合計するため、デビスカップで80ポイントだとポイントが低いので選ばれないというわけなのです。

 

ただし今後日本がカナダを倒しトーナメントを勝ち進んでいけば(2回戦は7月になりますが)、デビスカップをランキング・ポイント対象の大会として選択する可能性はあります。

 

デビスカップ2015のまとめ

 

3月6日〜3月8日の日程でデビスカップ(デ杯)1stラウンドが開催されます。

 

日本の第1ラウンドは対戦国はカナダで、開催地はバンクーバー(カナダ)です。

 

カナダ代表にはミロシュ・ラオニッチ選手(6位)が入っていますので、錦織圭vsラオニッチの対戦が一番見どころとなりますし、この試合を制することが日本勝利の一番のカギとなることでしょう。

 

またデビスカップ 1stラウンドの場合は、個人で1勝すれば40ポイント、2勝すれば80ポイントとなりますので、最大で80ポイント獲得できます(シングルス)。

 

ただし錦織圭選手の場合は、他の大会でもっと高いポイントを獲得しているため、デビスカップ1stラウンドで獲得したポイントはランキングのポイントには反映されません。

 

逆にデビスカップで負けたからと言ってランキングポイントが下がることもありません。

 

そういうことですのでデビスカップの初戦に関しては、ランキングやポイントのことは忘れて、リラックスした気持ちで(?)日本代表のテニスの試合を楽しむというスタンスで良いのかなと思います。

 

正直なところ普段あまりお目にかかれない錦織選手以外の日本人選手の戦いも楽しもうかと思います。

 

ちなみに錦織選手がデビスカップの次に参加予定の『BNPパリバ・オープン2015(3/12から)』は獲得ポイントも大きいので3位のナダル選手を追い抜く可能性も十分にあります。

 

3月も錦織選手のお陰でテニスの試合をかなり楽しめそうです。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ