錦織圭のメキシコオープン第3試合はアレクサンダー・ドルゴポロフ!

 

錦織圭選手がメキシコオープンで2回戦の相手イェン・スン・ルー選手を破って3回戦進出したというニュースが入ってきました。

 

イェン・スン・ルー選手との2回戦のスコアは6-1,6-3で圧勝でした。

 

そして気になるのは3回戦(ベスト8)の対戦相手アレクサンダー・ドルゴポロフ選手です。

 

1回戦、2回戦の相手は、(失礼ながら)素人目にも問題なさそうだと思えましたが、3回戦のドルゴポロフ選手はなかなか侮れません。

 

ドルゴロフ選手のプロフィールや、錦織選手との過去の対戦成績をまとめて、試合結果の予想してみます。

 

スポンサードリンク

 

アレクサンダー・ ドルゴロフ選手とはどんなプレイヤー?

 

3回戦にもなってくると全然知らない選手、ではなくなりますね。

 

知っている人は知っていると思いますが、アレクサンダー・ドルゴポロフ選手です。

 

ドルゴロフ選手はちょっとクセのある選手ですので紹介します。

 

【アレクサンダー・ドルゴポロフ選手のプロフィール】

do

ランキング:33位(自己最高13位

ポイント:1165

アレクサンダー・ドルゴポロフ

ニックネーム:ドルゴ

年齢:26歳

出身:ウクライナ(現在モナコ在住)

身長/体重 180cm/ 71kg

右利き

得意なサーフェース:クレー

【テニスには全然関係ない情報】

趣味はカーレーシング、インターネットゲーム制作

お父さんも元プロテニスプレイヤー(2008年までコーチ)

お母さんが元体操選手

 

まず、このプロフィール写真を見た瞬間「なるほど確かにアゴにクセがあるな」と思ってしまいがちですが、今回見た目の話は置いておきます(確かにアゴにクセはありますが)。

 

 

ドルゴロフ選手のクセというのは「コートの手品師」と呼ばれるほどの自由な(トリッキーな?)プレースタイルです。

 

何がトリッキーかというと、まずはサーブです。

 

ドルゴポロフ選手のサーブを見た事がある人であればわかると思いますが、「かなりせっかちなサーブ」なのです。

 

通常トスを上げたら、ボールが最高点まで上がって少し落ちてきたら「はいサーブ!」となりますが、

 

ドルゴポロフ選手の場合は、トスを上げてボールが最高点まで上がったかな?いやもうちょっとかな?っていう微妙な所に到着したら、はい!もうサーブ打っちゃいます!なのです。

 

いわゆるクイックサーブというサーブですが、これは慣れていないとタイミングを取るのが難しくなります。

 

とはいえ錦織選手を指導するのは天下のマイケル・チャンコーチですので大丈夫とは思いますが、しかしどう対応するか見どころです。

 

またドルゴポロフ選手はそれ以外にも型破りで有名です。

 

テニスのセオリーで考えたら「いやいや、そこはフツー前に詰めたりしないっしょ」ってとこでもガンガンに詰めてきます。

 

さらにファーストサーブが失敗して、セカンドサーブになってるのに、

 

「え?それはまさかファーストサーブ級なのでは!?」

 

というようなフラット系のサーブを打ち込んでくることもしょっちゅうです。

 

ランキングが上位になればなるほど、皆さんミスの確率が少ないセオリーなプレーが研ぎすまされていくと思いますので、錦織選手がトリッキーなプレースタイルに適応するのにもしかすると手間取る可能性はあります。

 

もしドルゴポロフ選手が性格的にも「せっかち」ということであれば、逆に長いラリーに持っていくという作戦もありかなと思いますので、そのあたりは注目したいですね。

 

スポンサードリンク

 

錦織選手との過去の対戦成績は?

 

錦織選手とドルゴポロフ選手は過去に2回対戦したことがあります。

 

【錦織圭 vs アレクサンダー・ドルゴロフの対戦成績】

 

2013年「ブリスベン国際」 準々決勝 錦織圭(勝者)6-4,7-6(3)

 

2011年「上海マスターズ」 準々決勝 錦織圭(勝者)6-4,6-3

 

錦織選手にとってドルゴポロフ選手との対戦は初めてではないですし、過去はいずれもストレート勝ちしているので、データとしては安心して見てられるかなと思います。

 

とはいえドルゴポロフ選手は過去13位までランキングを上げたことのある選手ですので、この当たりの選手になってくると、思わず足下すくわれた!ケースもあり得なくはないです。

 

錦織選手には落ち着いて、バコーンとストレートで勝って欲しい試合ですね。

 

メキシコ・オープン3回戦アレクサンダー・ドルゴポロフまとめ

 

メキシコ・オープンの3回戦(ベスト8)に進んだ錦織圭選手の相手はアレクサンダー・ドルゴポロフ選手です。

 

ドルゴポロフ選手は、ジャッキーチェンで言ったら酔拳みたいな(?)、トリッキーなプレースタイルが特徴です。

 

・クイックサーブでタイミング取りづらい

 

・テニスのセオリーを無視してくる(別に無視して悪いことじゃないのですが)

 

・セカンドサーブでもファーストサーブ級で打ち込んでくる

 

など

 

しかし錦織選手は過去に2回ドルゴロフ選手と対戦した経験があり2回ともストレート勝ちしています。

 

ですのでドルゴロフ選手がいくらトリッキーといっても、錦織圭選手がドルゴポロフ選手に酒を飲ませないようなプレーでいけば問題なく勝てる相手だと思います!

 

錦織選手の次の試合は27日8:00(日本時間)からの予定です。

 

次の試合も楽しみですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ