ナダルのバルセロナオープン後のポイントは?錦織圭の4位浮上も?

 

バルセロナ・オープン2015でナダル選手がまさかの3回戦敗退となり話題となっています。

 

バルセロナ・オープンはナダル選手をはじめスペイン勢にとってはホームでの戦いで、特に2005年以降は

 

「ほとんどナダル選手の総なめ状態(10回の大会中8回も優勝)」

 

の大会でもありました。そのナダル選手がなんと3回戦敗退です。

(バルセロナ・オープンのトーナメント表はこちら

 

ナダル選手を破ったのはランキング30位でイタリア出身のファビオ・フォニーニ選手でした。

 

ナダル選手とフォニーに選手は今年2月のリオ・オープンの4回戦でも対戦していて、この時もナダル選手が敗れています。

 

ナダル選手としては今年に入ってフォニーニ選手に2連敗となり、ナダル選手はもちろんのこと地元スペインのファンもショックだったことと思いますが、

 

それはそれとして、これでナダル選手のポイントが確定しました。

 

3位から6位までのテニスランキングは今年に入ってかなり熱いです。

 

現在アンディ・マレー選手が頭ひとつ飛び出た感じですが、つい先日あったモンテカルロ・マスターズではナダル選手が錦織圭選手のランキングを追い抜いて4位に浮上したことで話題ともなりました。

(モンテカルロ・マスターズの詳しい結果はこちらから

 

バルセロナ・オープンでは逆に錦織圭選手がナダル選手を抜き返すことができるのしょうか!?

 

ナダル選手のバルセロナ・オープン後のポイントをまとめました。

 

バルセロナ・オープン後のナダルのポイントは?

 

まずバルセロナ・オープンのポイントがいくつなのか確認します。

 

【バルセロナ・オープンのランキングポイント】

 

1位 ノバク・ジョコビッチ 13,845

2位 ロジャー・フェデラー 8,385

3位 アンディ・マレー 6,060

4位 ラファエル・ナダル 5,435

5位 錦織圭 5,280

6位 ミロシュ・ラオニッチ 5,070

 

現在錦織選手とナダル選手の差はわずかに155ポイントです。

 

バルセロナ・オープンは優勝すると500ポイント獲得できる大会ですが、ナダル選手は3回戦敗退(ベスト16)でしたので獲得できるポイントは45ポイントです。

 

ただし。

 

テニスのランキングポイントはちょっとヤヤコシくて、獲得したポイントをそのまま加算しません。

 

今年の大会で獲得したポイントを加算する前に、昨年の獲得したポイントを返却(失効)します。

 

そこでナダル選手の昨年(2014年)の結果をみると、4回戦敗退(ベスト8)で獲得したポイントは90ポイントでした。

 

ですので今回(2015年)のバルセロナ・オープン後のナダル選手のポイントは差し引き -45 ポイントなりこうなります。

 

【バルセロナ・オープンのポイント】

ラファエル・ナダル 5390(-45)

 

この時点で、ナダル選手はまだ錦織圭選手(5280)より上回っています。

 

錦織圭選手は現在まだ試合中でポイントを確定できませんが、錦織圭選手がナダル選手を抜き返すチャンスはあるのでしょうか?

 

そこも引き続き見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

錦織圭がナダルを抜き返すチャンスはあるの?

 

ナダル選手のポイントが5390ポイントで確定しましたので、錦織圭選手とのポイント差は現時点でほんの110ポイントとなりました。

 

現在、錦織圭選手はベスト8進出を決めましたので、すでに90ポイントを獲得しています。

 

しかし、こちらもナダル選手の場合と同様、単純に90ポイントの加算はされません。

 

錦織圭選手の昨年(2014年)の結果を見ると、錦織ファンの方には言わずもがな優勝だったのです。

 

つまり錦織圭選手は昨年500ポイント(優勝)を獲得していますので、今年(2015年)はランキング・ポイントを増やすことができません。

 

例えば、錦織選手が仮に今年優勝して2連覇を成し遂げたとすると500ポイント獲得しますが、

 

その前に昨年獲得したポイント500ポイントを返却(失効)しますので差し引きゼロです。

 

錦織選手は今回の大会では良くて現状維持となります。

 

逆に言えば、今年優勝できなければランキングポイントは下がります。

 

テニスのポイントシステムはなかなかシビアな世界ですね。

(今年錦織圭選手はメンフィス・オープンで3連覇という快挙を成し遂げましたが、実は同じようにランキング・ポイントを増やすことはできませんでした。詳しくはこちら

 

スポンサードリンク

 

ナダル選手のバルセロナ・オープン後のポイントまとめ

 

バルセロナ・オープン2015でラファエル・ナダル選手がまさかの3回戦敗退となりました。

 

バルセロナ・オープンはナダル選手の得意な大会だったはずなのですが、昨年に続いて優勝を逃してしまいました。

 

そのためナダル選手のポイントは確定して、5390となります。

 

錦織圭選手との差がさらに埋まりましたが、錦織圭選手は昨年の優勝者ですので、バルセロナ・オープン後に錦織圭選手がナダル選手を抜き返す可能性はありません。

 

ただし、錦織圭がバルセロナ・オープン2連覇を成し遂げるチャンスは大きく開かれました。

 

バルセロナ・オープンのトーナメント表を見ると、錦織圭選手の壁となるのはナダル選手と同じスペイン出身の猛者フェレール選手でしょうか。

 

地元スペインの方々にとっては、ナダル選手が敗退したことでよりフェレール選手へ注目が集まっているはずです。

 

錦織圭選手には是非フェレール選手を ”ストレートで下して” 頂いて、今年もスペインの伝統ある大会にガツンと日本人の名前を彫り込んで欲しなと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ