ナダルのアルゼンチンオープン後のポイントは?錦織圭3位の可能性も

 

ラファエル・ナダルがアルゼンチン・オープンで快勝を続けていて現在ベスト8と話題になっています。

 

ナダルは前回の参加した大会リオ・オープンで2連覇を狙って臨みましたが、結果はファビオ・フォグニーニ(22位)に敗れてベスト8で終わりました。

 

そのためナダルのランキングポイントは320ダウンし5425となり、結果的にアンディ・マレー(5460)と順位が入れ変わってしまいました。(3位から4位に転落)

 

アルゼンチン・オープンは獲得ポイントが少ない小さな大会ではあるものの、現在のナダルにとっては少しでもポイントを稼いでおきたい大事な大会です。

 

そこでアルゼンチン・オープンの結果次第でナダルのポイントはどこまで伸びるのか?というのをまとめました。

 

スポンサードリンク

 

アルゼンチン・オープン後のナダルのポイントは?

 

テニスのポイントは優勝しても全然ポイントが増えなかったり、優勝したらポイントがガッツリ増えたり、素人目には若干ヤヤコシイです。

 

ちなみに錦織圭選手は先日メンフィス・オープンで3連覇を果たしたのにポイントが増えませんでした。その理由はこちらから

 

そして今回のナダル選手の場合は、ガッツリポイントが増えるパターンです。

 

ナダル選手の場合、アルゼンチン・オープンで獲得したポイントはそのまま加算されます。つまりもしナダル選手が優勝すれば純粋に250ポイントプラスです。

 

そして優勝でなくても結果に応じてポイントは獲得できますので、アルゼンチン・オープンの試合結果に応じて何ポイント獲得できるのか紹介します。

 

【アルゼンチン・オープンのナダルのポイント】

 

3回戦負け(ベスト8)5470 (+45)

 

準決勝負け(ベスト4)5515 (+90)

 

決勝負け(準優勝)5575 (+150)

 

優勝 5675(+250)

 

 

仮に3回戦で負けた場合は45ポイントアップでナダルのポイントは5470となります。

 

そして現時点ポイントが下がるということはありません。最悪でも45ポイントは獲得確定です。

 

ちなみに2/26時点でトップランカーのポイントと順位はこうなっています。

 

【2/26時点でのランキング】

1位 ノバク・ジョコビッチ 13045

2位 ロジャー・フェデラー 9205

3位 アンディ・マレー 5460

4位 ラファエル・ナダル 5425

5位 錦織圭 5205

 

つまり現時点でナダル選手は3位のアンディ・マレー選手を再び追い抜いています。

 

ただし、アンディ・マレー選手も現在ドバイ・デューティー・フリーテニス選手権で戦っている最中ですので、ドバイの大会の試合結果によってポイントが変わります。

アンディ・マレー選手のドバイ・デューティー・フリーテニス選手権後のポイント詳細はこちらから

 

「あー全員まとめてうまいこと比較してくれやー」

 

という感じですが、、、ランキング3位〜5位の選手(マレー選手、ナダル選手、錦織選手)は、現在ポイント数が近過ぎるので、実は誰でも3位になれる可能性があります。

 

ちなみに錦織圭選手は現在メキシコ・オープンで試合中ですが、錦織圭選手のメキシコ・オープン後のポイントの詳細はこちらです。

 

錦織選手がナダル(4位)やマレー(3位)を一気に追い抜いて、いきなり世界ランキング3位!の可能性も十分の残されていますので今回はメキシコ・オープン以外の大会も注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

アルゼンチン・オープン後のナダルのポイントまとめ

 

アルゼンチン・オープンで試合中のラファエル・ナダル選手は2回戦に勝って現在ベスト8というニュースが話題になっています。

 

ナダル選手の場合、アルゼンチン・オープンで獲得したポイントはそのまま加算されますので、今のベスト8から結果を伸ばせば伸ばすほどポイントを増やすことができます。

 

現在ランキング3位〜5位の選手はポイントがかなり近いので、誰でもランキング3位になる可能性があります。

 

【各選手のポイントと出場中の大会】

 

3位 アンディ・マレー(5460) ドバイDutyFreeテニス選手権で試合中

 

4位 ラファエル・ナダル(5425) アルゼンチン・オープンで試合中

 

5位 錦織圭(5205) メキシコ・オープンで試合中

 

各選手が参加している大会は3/1まで続きます。

 

今週はアッチコッチと気になりますが、やはり一番の注目はメキシコ・オープンですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ