ナダルとラオニッチのモンテカルロ後のポイントは?錦織圭を抜くか

 

モンテカルロ・マスターズ2015が始まって、4位の錦織圭選手が、ナダル選手(5位)、ラオニッチ選手(6位)に追い抜かれるのではないか!?と注目が集まっています。

 

先のマイアミ・オープンでアンディ・マレー選手は準優勝を取り頭一つ抜けた感がありますが、一方ラオニッチ選手がランキングを上げてきましたので、現在4位〜6位のランキングポイントが非常に近い状態です。

 

【モンテカルロのランキングポイント】

3位 アンディ・マレー 6060

4位 錦織圭 5280

5位 ラファエル・ナダル 5255

6位 ミロシュ・ラオニッチ 5070

 

アンディ・マレー選手と錦織圭選手はモンテカルロ・マスターズへ出場していませんので、ポイント変動がありませんが、

 

ナダル選手やラオニッチ選手の結果次第で錦織圭選手が追い抜かれてしまう可能性があるのかどうか!?まとめました。

 

ラファエル・ナダルのモンテカルロ・マスターズ後のポイントは?

 

ナダル選手と錦織圭選手のポイント差は、モンテカルロ・マスターズ前でわずかに25ポイント差です。

 

モンテカルロ・マスターズは優勝すると1000ポイントも獲得できる大会ですので、25ポイントくらいはトップランカーであればすぐに獲得できます。

 

今大会の場合、ナダル選手は初戦を勝てば90ポイント獲得できます。

 

ただしランキング・ポイントを増やすためには、それだけでは不十分です。

 

テニスのランキングポイントは基本的に昨年の結果よりも良い成績でなければランキング・ポイントは増えません。

 

昨年のモンテカルロ・マスターズでの成績を見てみると、ナダル選手はベスト8でした。

 

つまりナダル選手の場合、今年のランキングポイントを増やすためにはベスト8よりも上(ベスト4以上)の結果を出す事が必須です。

 

逆にナダル選手がベスト4になった時点で、錦織圭選手のランキングポイントを上回ります。

 

ナダル選手の場合、4回戦に勝つと(3人倒すと)ベスト4入りですので、モンテカルロ・マスターズはそこも少し頭に置いてみると面白いかも知れません。

 

次にラオニッチ選手も見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

ラオニッチ選手のモンテカルロ後のポイントは?

 

ラオニッチ選手もナダル選手と同じようにチェックしていきます。

 

ラオニッチ選手は現在6位 5070ポイントですので、錦織圭選手とのポイント差は210ポイントです。

 

そして昨年のモンテカルロ・マスターズでのラオニッチ選手の成績をみるとベスト8でした。ナダル選手と同じです。

 

ということは、ラオニッチ選手も今大会でベスト4以上の成績でなければランキングポイントを増やすことはできません。

 

さらに。

 

錦織圭選手とのポイント差を埋めるには、210ポイント以上を埋める必要がありますので、ラオニッチ選手が仮にベスト4になった場合のポイントを計算するとこうなります。

 

【ラオニッチがベスト4だった場合のポイント数】

ミロシュ・ラオニッチ 5250 ポイント

 

はい。「錦織圭選手にはわずか30ポイント及ばず」となります。

 

つまりラオニッチ選手が錦織圭選手を上回るには、準優勝か優勝が必要ということですね。

 

(モンテカルロ・マスターズの詳しいトーナメント表はこちらから

 

トーナメント表を見て、ジョコビッチ選手、フェデラー選手、ナダル選手がいるなかで準優勝以上というのは、かなりハードルが高いので、やはり注目はナダル選手と見て良いかなと思います。

 

スポンサードリンク

 

ナダルとラオニッチのモンテカルロ・マスターズ後のポイントまとめ

 

モンテカルロ・マスターズ2015には、アンディ・マレー選手と錦織圭選手が出場しませんので、2人のランキング・ポイントは変動しません。

 

ただし、その他のトップランカーのほとんどはモンテカルロ・マスターズへ出場していますので、現在ランキング5位のナダル選手や6位のラオニッチ選手が錦織選手を追い抜いてしまう可能性はあります。

 

そこで先にポイントを計算してみると錦織選手のポイントを追い抜くためには

 

・ナダル選手はベスト4以上の成績が必要

 

・ラオニッチ選手は準優勝以上の成績が必要

 

という結果となりました。

 

トーナメント表で出場選手を見ていると、ラオニッチ選手が準優勝となると快挙ですが、ナダル選手のベスト4以上は普通にあり得ますので、ナダル選手の試合結果は注目ですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ