真田丸の松と小山田茂誠がラブラブな理由とは?木村佳乃の結婚生活も

maxresdefault

 

大河ドラマ「真田丸」で松と小山田茂誠(おやまだ しげまさ)が、ラブラブ夫婦になると話題です。

 

木村佳乃さん演じる松は、高木渉さん演じる小山田茂誠の正室ですが、ラブラブ夫婦ということなので真田丸ではかなり踏み込んで描かれるようです。

 

とはいえ、戦国時代においては女性に関する史料というのが少なく、松に関しても例外ではないので

 

松の人生はかなり脚本(三谷幸喜さん)のアレンジが入ってくる役柄

 

になるかと思います。

 

そんな松の人生をどのように描いていくのか?について、三谷幸喜さんはインタビューの中で

 

「(松の)数奇な人生を面白おかしく描きます」

 

と宣言されていました。

 

そこで松とその夫である小山田茂誠がなぜラブラブ夫婦になってしまうのか?まとめてみました。

 

また木村佳乃さんは、実は東山紀之さんとの結婚生活でも凄い妻の力を発揮されている方なので、それも紹介することとなります。

 

スポンサードリンク

 

松と小山田茂誠がラブラブになる理由とは?

 

松と小山田茂誠は、戦国時代においてはごく普通とされる「政略結婚」で結ばれた夫婦です。

 

お互いお家のために結婚しますので、結婚するまで話したこともない、下手したら顔すら見たこともない人と結婚するわけで、少なくとも結婚するまでは二人に「恋」とか「愛」が入り込む余地はありません。

 

そんな二人のキャラクター設定はタイトルに書いたので今更なんですが

 

かなりラブラブな夫婦

 

となります。

 

奇想天外な喜劇を得意とする三谷幸喜さんですので、当初は大河ドラマであっても勢いで史実曲げちゃうかも!?という心配もあったようですが

 

インタビューで三谷さんはできるだけ史実に忠実でありたい

 

と言われていましたので、逆に史実があまりはっきりしない松と小山田茂誠に関しては、三谷作品的な見どころが入り込みやすい、ある意味見どころな二人と言えるかなと思います。

 

スポンサードリンク

 

そんな夫婦を演じるのが松役の木村佳乃さんと、小山田茂誠役の高木渉さんです。

 

木村佳乃さんは今回で大河ドラマ3回目というベテランです(過去の出演は「北条時宗」と「天地人」)。

 

そして高木渉さんは、声優や舞台が中心の方なので、映像で出演するのは今回初めてだそうです。

 

ですので必然的に(?)木村佳乃さんがグイグイ引っ張る感じとなり

 

木村佳乃「高木さん、今までにないラブラブ夫婦像を作りましょうよ♪♪」

 

高木渉「はい!よろしくお願いします」

 

みたいなところからスタートされたようですが、とにかく二人でよく相談してラブラブな様子をどうすればよく伝えられるか研究されているそうです。

 

戦国時代なのにラブラブ夫婦というのは、かなりパンチの効いた設定だと思いますが

 

わざわざ、なぜ真田丸の中で松と小山田茂誠の夫婦仲をラブラブにしたのかな?

 

と考えてみると、「真田丸」のテーマが見えてくるような気がします。

 

真田丸の出演される役者さんのインタビューを読んでいると、よく目にする(皆さんが口にされる)のが

 

「家族の愛」

 

です。

 

戦国時代は裏切り、同盟、反逆、何でもありで、逆にそういうことを駆使しないと生き残れない世界でもありますが、真田家は家族を大切にして家族の愛を描くドラマなんです

 

というような役者さんのコメントが結構見られます(私のコメントではなく)。

 

ですので脚本の三谷幸喜さんは、「松の数奇な人生を面白おかしく描く」とは言っていますが、最後に

 

「家族愛をベースにしながらね」

 

というセリフが隠れているのではないかなと思った次第です。

 

木村佳乃の夫を変えるパワー!?は実は結婚生活にも

 

木村佳乃さんは、ラブラブ夫婦を作るために高木渉さんを結構な勢いで引っ張っているようですが、

 

木村佳乃さんは、良い意味で夫を変える力が半端ない女性

 

としても知られている方です。

 

夫というのはもちろんリアル夫の東山紀之さんです。

 

東山さんといえば、ジャニーズの少年隊メンバーで尋常じゃなくイケメンな方なわけですが、一方では尋常じゃなくナルシストな方でもあったそうです。

 

自分の身の回りのことは、掃除から、洗濯から、自分の着替えさえも!彼女にさせるという色々な意味で普通を超えた方だったということです。

 

そんな東山さんに対して、木村佳乃さんは徹底的に耐えた

 

というわけではなく、むしろ東谷さんを変えてしまったのが木村佳乃さんです。

 

ジャニーズの売れっ子アイドルだった東山さんに、家事を教え、上から目線の喋り方をやめさせ、自分で着替えるようにされたというのは、木村佳乃さんって一体どんな人なのだろうかと、そっちが怖くなりますが

 

そんな内助の功が半端ない木村佳乃さんですので、恐らく役としての夫である高木渉さんをもえらく変化させてしまうのではなかろうか!?

 

と、そんなところも期待してます。

 

真田丸の松と小山田茂誠まとめ

 

真田丸で真田昌幸の娘である松(木村佳乃さん)と夫の小山田茂誠(高木渉さん)が、凄いラブラブな夫婦になるということで話題ですが

 

これは脚本の三谷幸喜さんが

 

「松の数奇な運命を面白おかしく描きます」

 

と言われた一環になろうかと思います。

 

そして木村佳乃さんと高木渉さんも単に台本通りにやるというより、二人でよく相談してラブラブ夫婦を研究されているそうです。

 

木村佳乃さんは、自身の結婚生活でも恐ろしい内助の功を発揮して超が付くナルシストの東山紀之さんすらも変えてしまう程の方ですので

 

ドラマとはいえ、夫である高木渉さんとよく研究した上でのラブラブ夫婦というのが、どのように演じられるのか楽しみですね。

 

そして、大河ドラマという割とカタイ方のドラマで、わざわざなぜラブラブ感を出すのかな?と考えてみると

 

真田丸は「家族の愛」をテーマとしたドラマだから

 

ということのようです。

 

脚本が三谷幸喜さんなので、色んな意味で度肝を抜かれるシナリオが飛び出すのではないかと期待していますが、家族愛というテーマも少し頭に置きながら見ても面白いかも知れませんね。


スポンサードリンク

2 Responses to “真田丸の松と小山田茂誠がラブラブな理由とは?木村佳乃の結婚生活も”

  1. […] ・松と小山田茂誠がラブラブ夫婦になってる理由とは? […]

  2. […] 出典真田丸の松と小山田茂誠がラブラブな理由とは?木村佳乃の結婚生活も […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ