マンガ大賞2015の結果は?東村アキコなど受賞まんがのあらすじも紹介

 

マンガ大賞2015の授賞式が3月24日行なわれて話題となっています。

 

マンガ好きの方は、年間相当な数のマンガを読むと思いますが、こういう賞を取るようなマンガがどういう作品なのか見るのも楽しいと思います。

 

そこでマンガ大賞2015の結果をまとめました。

 

また意外に知らない作品もあったので、上位5作品だけですが簡単にマンガのあらすじやエピソードなどまとめました。

 

マンガ大賞2015の結果は?

 

まずマンガ大賞2015の結果はこのような結果となりました。

 

順位 作品名 作者
大賞 かくかくしかじか 東村アキコ
2位 子供はわかってあげない 田島列島
3位 聲の形 大今良時
4位 僕だけがいない街 三部けい
5位 BLUE GIANT 石塚真一
6位 ボールルームへようこそ 竹内友
7位 イノサン 坂本眞一
8位 僕のヒーローアカデミア 堀越耕平
9位 王様達のヴァイキング さだやす
10位 累  松浦だるま
11位 月刊少女野崎くん  椿いづみ
12位 魔法使い嫁  ヤマザキコレ
13位 宝石の国  市原晴子
14位 ドミトリーともきんす 高野文子

 

 やはり有名なマンガが入ってきていますね。

 

マンガファンの方であれば「全部読んでます」とかも普通にあり得そうですが、個人的には読んだ事がないマンガもかなりあったので、上位5作品だけネットで調べた内容を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

マンガ大賞2015 上位5作品のあらすじなど紹介

 

◆1位 「かくかくしかじか」 東村アキコ

download

 

作者の東村アキコさんは、能年玲奈主演の映画「海月姫」の原作者でも有名な方ですが、いつもイデタチにもインパクトのある方です。

 

【インパクトな東村アキコさん】

news_large_DSC_0733

 

「かくかくしかじか」は作者東村アキコさんの自伝エッセイ漫画です。東村アキコさんの幼い時から始まり漫画家として有名になっていく過程が描かれています。

 

女性の漫画家の視点で自身のサクセスストーリーを作品にしたいという想いが以前からあったそうです。

 

東村アキコさんはお綺麗ですし、その服装からして独自の世界観を持っている雰囲気がかなり醸し出ているので、作品のストーリーだけでなく、東村アキコさんのルーツを知るという意味でも楽しめそうです。

 

かくかくしかじかは「Cocohana」(集英社)で2012年1月号から2015年3月号まで連載されました。現在コミックは4巻まで発売中です。

 

 

◆2位 「子供はわかってあげない」 田島列島

download (1)

 

田島列島さんの長編まんがのデビュー作品です。これまで短編での知名度は高かったのですが、長編となると「依頼されても描けなかった」そうです。

 

そこで「これは趣味だ」と自分に言い聞かせ練習用に書いた長編マンガが「子供はわかってあげない」なのだそうです。

 

初めはデビューさせるとか考えずに、あくまで練習用でしたが、それでも2ヶ月間引きこもって全20話分のネームを一気に描き上げたそうです。

 

引きこもっている間は、食事も1日1回青汁だけみたいな生活だったため、体重がいきなり10キロも痩せたというエピソードがありました。漫画家の方はこういう集中力が本当に凄そうです。

 

「子供はわかってあげない」は高校2年で水泳部員の朔田美波(さくたみなみ)さんと、同級生で書道部員の門司 昭平(もじしょうへい)くんとの間におこる、一夏の甘酸っぱい物語です。

 

モーニング(講談社)に2014年3月から7月まで掲載されました。コミックは上下巻で全20話。

 

◆3位 「聲の形」 大今良時

download (2)

 

「聲の形」は昨年劇場版でのアニメ化も決定したということで話題を集めました。

 

聴覚障害によっていじめを受けるようなった少女(硝子)と、彼女をいじめる中心人物となった少年(将也)との2人の触れ合いから、孤独、絶望、純愛などがテーマとされています。

 

聲の形は、作者大今良時さんの実体験もかなり影響しているようです。

 

大今良時さんのお母さんが手話通訳者のため聴覚障害者とは幼い頃から馴染みがあったということと、大今良時さんも10代時に不登校を経験してますので、学校生活に馴染めなかった10代の気持ちが作品に反映されています。

 

「聲の形」は週刊少年マガジンで2013年36・37合併号から2014年51号まで連載されました。コミックは全7巻です。

 

スポンサードリンク

 

◆4位 「僕だけがいない街」 三部けい

download (3)

 

昨年(2014年)のマンガ大賞でも2位を獲得しましたが作品が今年も選ばれました。

 

三部さんは「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な荒木飛呂彦さんのアシスタントをされていたので荒木さんとは師弟関係です。そのため「僕だけがいない街 2巻」では荒木さんがオビに推薦文を書いたこともあります。

 

「僕だけがいない街」は、再上映(リバイバル)という特殊能力を持っている、売れない漫画家で藤沼悟の物語です。

 

再上映(リバイバル)というのは、藤沼悟の身近で事件や事故が起きそうなると、その悪いことの原因が取り除かれるまで、原因発生の直前に何度でもタイムスリップしてしまう不思議な能力です。

 

いわゆるタイムスリップものですが、この作品で面白いのは「主人公の意思に関係なく勝手にリバイバルが発動されてしまうこと」です。主人公がピンチの時は毎回発動するかというと、そうとも限らなかったりとハラハラ感があります。

 

現在も「ヤングエース」KADOKAWAで連載中で、コミックは5巻まで発売されています。

 

 

◆5位 「BLUE GIANT」 石塚真一

download (4)

 

「岳 みんなの山」で有名な石塚真一さんの作品です。「岳 みんなの山」は2008年のマンガ大賞で大賞を受賞しました。

 

漫画「BLUE GIANT」はジャズを題材にした作品です。主人公の宮本大は高校生でバスケットボール部に所属している性格のまっすぐな青年ですが、自分が将来何をしたいのかわからずモンモンとした学生生活を送っている時にジャズと出会います。

 

そこから興味を惹かれてサックスプレーヤーを目指すという物語です。

 

作者の石塚真一さんは、もともとアメリカ留学をしてIT企業に就職したという派手な経歴な持ち主ですが、そこから漫画のノウハウ本との出会い、全く経験もなかった漫画家に見よう見まねでなったというエピソードがあります。

 

最初の作品は30ページ書くのに1年もかかったそうです。かかった時間もさることながら、その根気といいますか漫画への想いが凄まじいですね。

 

漫画家の方は大抵、漫画家になる前からその才能の片鱗が見え隠れするものですが、その点では珍しい方かなと思います。

 

BLUE GIANTは「ビッグコミック」(小学館)にて2013年10月号から連載中です。コミックは現在5巻まで発売中です。

 

マンガ大賞2015まとめ 

 

マンガ大賞2015の発表が3月24日にありましたので、受賞作品のあらすじやエピソードを簡単にまとめました。

 

マンガの作者を知っていればある程度、画風とか世界観はわかるものの、全く知らないマンガの場合は、少しネットで調べてみるとそのマンガへの印象がガラッと変わったりしますので面白いですね。

 

個人的にマンガは暇さえあると延々読んでしまうタイプなので、今度はマンガ大賞を取った作品も読んでみようと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ