黒田博樹はなぜ広島へ復帰したのか?メジャーでの成績や年俸も紹介

 

ヤンキースからFAとなった黒田博樹選手が8年ぶりに古巣・広島への復帰を決めた、というニュースが流れた直後、広島ファンは叫び上がらんばかりの興奮に包まれました。

 

黒田博樹選手はヤンキースで5年連続の二桁勝利の結果を評価され、ドジャースから年俸1600万ドル(約19億2000万円)、パドレスからは年俸1800万ドル(約21億6000万円)のオファーを受けていました。

 

しかし、黒田博樹選手はすべてオファーを蹴って、広島と年俸4億円で契約を交わしたのです。

 

黒田博樹選手は、なぜ広島復帰を決断したのでしょうか?

 

ネットの情報からその理由をまとめました。

 

黒田博樹のメジャーでの成績と年俸

 

メジャーでここまで評価されている黒田博樹選手の今までの成績と年俸はどうだったのか、まとめました。

 

【黒田博樹選手のメジャーでの成績と年俸】

チーム 防御 年俸
2008 ドジャース 9 10 3.73 7億4000万円
2009 ドジャース 8 7 3.76 12億4000万円
2010 ドジャース 11 13 3.39 15億4000万円
2011 ドジャース 13 16 3.07 12億0000万円
2012 ヤンキース 16 11 3.32 11億7000万円
2013 ヤンキース 11 13 3.31 15億0000万円
2014 ヤンキース 11 9 3.71 16億0000万円

 

 

このまとめからわかる通り、黒田博樹選手は成績も年俸も右肩上がりの真っ最中で、2015年を迎える、まさに今が一番脂の乗っている選手です。

 

メジャーでの成績が悪くなってきてから日本へ戻ってくる選手が多い中で、どうして今最高に花開いている、メジャーのフィールドを捨てることができたのでしょうか?

 

その理由を見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

黒田博樹選手はなぜ広島復帰の道を選んだのか?

 

黒田博樹選手は今年始めて広島復帰を考えたわけではありませんでした。

 

2008年に広島から初めてメジャーへ移籍する時、ドジャースは黒田博樹選手に対して4年で50億の大型契約を提示しましたが、黒田博樹選手は

 

「4年契約ではなく3年にしてくれ」と申し出ました。

 

実は黒田博樹選手の中では初めから、メジャーで力を付けたら「広島へ戦力として戻ってくる」という思いを持っていたと言います。

 

その気持ちを反映するかのように、ドジャースで3年プレーした後は毎年単年の契約を続けました。

 

プロ野球選手であればできるだけ長く年俸が確定するように複数年契約を望むものですが、黒田博樹選手が全く逆の単年契約を毎年続けました。

 

その理由は、複数年契約であればその間に衰えてしまい、自分の一番良い時期に広島へ戻ることが出来ないかも知れないという、あくまでも広島へ戻ることを最優先にしているという広島への熱い想いの現れでした。

 

かつて、黒田博樹選手の前の時代にカープのエースとして活躍した佐々岡真司はこんなコメントを残しています。

 

「これは中途半端な状態でカープには戻りたくない、という気持ちの表れでしょう。黒田は、少なくとも二桁勝利を挙げられるコンディションで、カープに戻りたいと考えているのだと思います。チームに迷惑はかけたくない。広島時代から常に黒田は、そういう男でした」

 

8月に広島で起きた土砂災害。その知らせを聞くや否や、真っ先に義援金を送ったのも黒田博樹選手でした。美談にされたくないので金額は公表しないという黒田博樹選手の行動は広島市民の胸を打ちました。

 

黒田博樹選手は本当に広島を愛していて、その気持ちを行動で現す選手です。

 

だからこそ今回の広島復帰を決断できたのだと思います。

 

スポンサードリンク

 

黒田博樹選手の座右の銘

 

黒田博樹選手の座右の銘は、西郷隆盛が読んだ『雪に耐えて梅花麗し』です。

 

黒田博樹選手はヤンキースの選手たちに自身の座右の銘を紹介し

 

「梅の花は、寒い冬を耐え忍ぶことで、春になれば一番麗しく咲く」

「苦しまずして栄光ないんだ」

 

と、そんなメッセージを伝えたそうです。

 

【”雪に耐えて梅花麗し”の意味】

梅の花は、冬の寒さや厳しさはこれからだというときにつぼみをつけ、他の木々がまだ寒い寒いと言っているときに花を咲かせます。

冷たく厳しい冬、降り積もる雪の中でも、寒さに耐えて花を咲かせるのです。

梅の花は凜としてとても美しく、香りも清らかです。桜の花のような柔らかで、華やかな感じはありません。

梅の花の美しさは、身も心も引きしまるような強さを感じる美しさです。

 

2015年の日本のプロ野球が本当に楽しみで仕方ありません。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ