【高校野球】機動破壊の意味とは?批判される理由やプレー内容も

kido

 

 

甲子園で群馬代表の健大高崎高校が活躍すると、やたらご登場する言葉が『機動破壊』です。

 

最近は「機動破壊」という言葉がトレンドワードに上がったり、高校野球ニュースでもしょっちゅう目にする言葉となりました(しかも前説明なしで!)。

 

機動破壊という言葉は、数年前に登場した言葉なので、知ってる人には普通に説明不要でわかる言葉ですが、聞き慣れない人にはちょっと混乱する言葉です。

 

というのは「機動破壊」にとても似ている「価格破壊」から連想すると、実際の意味とは全然違う場所に着地してしまうからなんですね。

 

 

 

そして、ここまで知名度が高まったとは言っても、まだ「機動破壊」のWiki(ウィキペディア)が登場するには至っていないので、知らない人は知らないのかなと思います。

 

そこで「機動破壊とは?」その意味を簡単にまとめました。

 

また「機動破壊」を批判する声も少なからずあるようですので、その理由も紹介します。

 

スポンサードリンク

 

『機動破壊』の意味とは?

 

素人が「機動破壊」と聞いて、すぐ連想するのが結構似てる「価格破壊」なんですが、この連想をたどると余計混乱する羽目になります。というのは

 

 

「価格破壊」の意味は、従来の価格相場が破壊されて値段がえらく安くなっていくこと。

 

ですので、同じようにこれを機動破壊に当てはめてみると

 

「機動破壊」の意味は、従来の機動力野球が破壊されて、えらく斬新な野球になること。かな?

 

なんて思ってしまいます。

 

ここは他にも連想パターンはあると思いますが、少なくとも価格破壊から入った場合、「機動力が何かしらの形で破壊されるのかな?」になると思います。

 

しかし、実際は全くその逆です。

 

機動破壊は、機動力が破壊されるどころか機動力を追求することなのです。

 

つまり

 

機動破壊とは、尋常ではない機動力を使って相手を破壊する(倒す)こと。

 

という意味になります。

 

価格破壊から意味を取ろうとした人は(私ですけど)

 

「あーそっちかー」

 

となるわけですが、機動破壊とは平たく言ってしまえば「機動力野球」ということで良いかなと思います。

 

ただ「機動破壊」というインパクト抜群なこの言葉を使った場合、ほとんど健大高崎の話題になります。

 

その理由は「機動破壊」という言葉は、かつて健大高崎でコーチをしていた葛原美峰さんによる造語だからなんですね。

 

葛原美峰さんは、現在(2015年)健大高崎で投手と走塁のコーチを務める葛原毅コーチのお父さんでもあります。そのため、機動破壊の戦術は葛原毅さんにも受け継がれています。

 

スポンサードリンク

 

「機動破壊」が批判される理由とは?

 

機動破壊なプレーというのは、要は機動力野球ですので「いかにして多くの盗塁を成功させるか」という技術や戦術を追求したプレーになります。

 

盗塁は選手にとってはかなりプレッシャーになりますので、良いスタートを切れるよう選手を育成することも大事ですが、さらに「意表をついたタイミング」、つまり走らないであろうタイミングで盗塁することも成功率を上げる秘訣になります。

 

それで色々と物議をかもしたのが

 

「大量リードしている時に盗塁はしないもんでしょ論」

 

です。

 

かつて健大高崎はリードしている相手に大しても容赦なく「機動破壊プレー」で攻めまくり結果10-0で勝利した試合があり、それに対してネットでは

 

・大量リードしてるのに盗塁するってモラルがない

・健大は野球の暗黙のルールを知らないんだな

 

という批判的な意見が飛び出てネットは大騒ぎとなりました。この批判はメジャーリーグや日本のプロ野球にもある

 

「大量リードしている時の盗塁については、ルールブックに規定されていなくても大人のモラルとしてやってはいけないこと」

 

という暗黙のルールのことを指しての批判だったわけですが、それはそれとして

 

・高校野球では10点差であってもひっくりかえる試合があるのにそれはおかしい

・プロの暗黙ルールをアマチュア、それも高校球児に当てはめるのは大論外

 

という反論が飛び出てネットでは炎上騒ぎとなったのでした。

 

「機動破壊」のまとめ

 

今や健大高崎と聞けば「機動破壊」という言葉がやたら登場します。

 

知ってる人には抵抗がないと思いますが、知らない人にとっては、見た目がかなり似てる「価格破壊」から意味を想像しがちですが、それをやると罠にはまります。

 

「機動破壊」とは機動力を破壊するのではなく、機動力野球を追求して相手を破壊することなので、むしろ機動力(盗塁)の話題が中心となります。

 

高校野球の場合は、当然ながらプロの世界とはまるで違いますし、大量リードしていても試合がひっくり返ることもよくありますので、いくら点差がついていようとも変に手加減せず、常に全力でプレーしてもらった方が、見ている方も気持ちが良いですね。


スポンサードリンク

2 Responses to “【高校野球】機動破壊の意味とは?批判される理由やプレー内容も”

  1. data より:

    何を言っているの?

    薄っぺらい内容で適当な記事書いていると晒すよ?
    フッターも早く作ろうね

  2. data2 より:

    冗長

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ