iPhone6SIMフリー版を裏ワザで購入!意外な入手方法とは

 

先日、突然iPhone6/6 PlusのSIMフリー版の販売が停止となりiPhoneユーザーに衝撃が走りました。

 

もともと日本のiPhone6/6 PlusのSIMフリー版は他の国と比較して数万円安いということで注目を浴びていました。

 

最近になって少し値上げされましたが、それでもまだ1万円程度は安いという状況だったため日本人はもとより外国からも購入者がたくさん集まっていましたのですが、それが何の前触れもなく突然の販売停止ということで色々な憶測が飛び交っています。

 

現在の所、販売中止の理由も明らかにされておらず、さらなる値上げなのか?そして待っていれば販売が再開されるのか?それともこのまま販売中止となってしまうのか?全く先が見えない状況です。

 

それでは販売が再開されるまで、もはや日本でiPhone6/6 PlusのSIMフリー版を手に入れることはできないのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

販売再開待たずともiPhone6/6 PlusのSIMフリー版を手に入れる裏ワザがあります

 

iPhone6のSIMフリー版が販売中止になっているからといって諦める必要はありません。

 

というのはiPhoneはもともとSIMロック版とSIMロックフリー版で別々の機械だったわけではありません。

 

むしろ工場から出荷されているiPhoneは、SIMロック版でもSIMロックフリー版でも同じなのです。

 

出荷されたiPhoneがSIMロック版となるか、SIMフリー版となるか、それは初めてiPhoneを購入した際に行うiPhoneを使えるようにするための設定(アクティベーション)で決まります。

 

iPhoneをアクティベーションする時は必ずサーバーから各iPhoneが持つ固有の情報(SIMロック情報含む)を取得しますが、各販売キャリアはiPhoneひとつひとつのSIMロック情報を固有情報として事前にサーバーへ登録しているため、アクティベーションされたiPhoneは自分がSIMフリー版なのかそうでないのかその固有情報から認識できるという仕組みです。

 

ということは!

 

手持ちのiPhoneがたとえSIMロック版のiPhoneであったとしても、サーバーにある固有情報を書き換えて、もう一度アクティベーションするれば、SIMフリー版として生まれ変わることができるというわけなのです。

 

しかし理屈としてはそうですが、実際この生まれ変わる作業(ファクトリーアンロック)は個人でできるレベルではないため、ファクトリーアンロックが可能な業者へ依頼することが必須となります(販売キャリアはやってくれません)。

 

日本国内でそれができる業者は存在しませんが、実は香港にある小龍茶館のファクトリーアンロックサービスを使うことでSIMロックフリーとして生まれ変わらせることができます。

 

小龍茶館のファクトリーアンロックサービスでは、香港の業者だからといって香港へ手持ちのiPhoneを送る必要はありません。

 

また小龍茶館の代表が日本人であることから日本語で行うことができますので、言葉の問題も心配不要です。

 

そうすると会社は香港であっても実質日本の業者に依頼するのとほとんど変わず、日本に居ながらにしてiPhone6/6 PlusのSIMフリー版を手に入れることができるというわけです。

 

スポンサードリンク

 

iPhone6/6 PlusをSIMフリーにする流れ

 

1. インターネットから小龍茶館のHPにアクセスします。(小龍茶館で検索)
2. 小龍茶館のHP上から見積依頼します。(日本語)
3. メールで見積金額と注意事項が届くので、OKであればメール返信をして申し込み。
4. 代金を送金。(先払い)
5. 代金着金次第、サーバへの解除(アンロック)申請を開始。
6. アンロックが完了したら、お知らせが届きます。
7. お客様側で再アクティベート
(元キャリアと違うSIMカードを挿してアクティベーション)をすればiPhoneがSIMフリーになります。

 

※iPhone本体を業者へ送る必要はなくメールのやり取りだけで完結できてしまいます。

 

iPhone6/6 Plusのファクトリーアンロック費用

 

iPhone4/4s 1万5000円~2万2000円前後
iPhone5/5s 2万4000円~3万3000円前後
iPhone6/6 Plus 3万5000円~3万8000円前後
※2014年10月現在
※為替や外部要因で価格は変動するため、まずは見積りをとって確認が必要です。

 

価格はやや高い?ですが、SIMロック版はSIMフリー版よりも安いのでそこはある程度カバーされるかも知れません。またiPhone6だけでなく5や4も対応しているという点も注目です。

 

もし手持ちのiPhone5などあれば、それをSIMフリー化するという手もあります。

 

iPhone6/6 PlusのSIMロックを解除するためにかかる期間

 

通常は着金確認後1~15営業日が目安ですが、iPhone6/6 Plusはさらに時間がかかります。
外部に委託するためどの程度時間がかかるのかというのは保証できないようです。
場合によっては数ヶ月かかる場合もあるそうですので要注意です(最長4ヶ月という事例もあり)。

 

意外に時間がかかるようです。これはファクトリーアンロックの作業を外部へ委託するためどのくらいで作業が完了するのか読めないということが原因だそうです。

 

iPhone6以外であれば期間はより短くなるようですので、そこも検討の余地があるかも知れません。

 

ファクトリーアンロック費用の支払い方法

 

1. PayPal決済(香港ドル建、VISA・Master・JCB・American ExpressクレジットカードとVISAデビットカード使用可、手数料当方負担、為替手数料お客様負担)
2. 香港の銀行への振込(香港ドル建、振込手数料お客様負担)
3. 中国の銀行口座への振込(人民元建、振込手数料お客様負担)
4. Alipay(支付宝)決済(人民元建、支払手数料無料)

 

香港に口座など持っていない限り、日本からの海外送金になると思いますので振込手数料を考えるとPayPal決済がベストと思います。

 

 iPhone6/6 PlusのSIMフリー化の裏ワザまとめ

SIMロック版のiPhoneであっても、SIMフリー版に生まれ変わらせる裏ワザがあることを紹介しました。

 

この方法を使えばiPhone6/6 Plusに限らず、全てのiPhoneシリーズをSIMフリーにすることができるため、もしiPhone5や4を持っていれば、海外用に古い方のiPhoneをSIMフリーにする方がコスト的にも時間的にも良いという場合もあるかも知れません。

 

海外では安くて簡単にSIMが手に入りますので、海外へ行く機会が多い場合はSIMフリー版を手に入れる選択のひとつとして考えたいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ