新井場徹が構想外で引退!丸橋祐介の移籍騒動へのネットの反応は?

 

セレッソ大阪に所属する新井場徹選手(イバ)が現役引退を決意したというニュースが話題となっています。

 

新井場徹選手は昨年末に突然構想外(戦力外)通告を受けたというニュースがあり、その後の進退問題が心配されていました。

 

新井場徹選手が現役引退と聞いて結局その選択肢しかなかったのかと感じたファンも多かったと思います。

 

そんな中ネット上では、新井場徹選手が突然の構想外通告を受けるひとつの要因となった「丸橋祐介選手の移籍騒動」について多くのメッセージが飛びました。

 

新井場徹選手引退に絡んだ「丸橋祐介選手の移籍騒動」について、ネット上ではどんな反応を見せたのかまとめました。

 

丸橋祐介選手の移籍騒動と、新井場徹選手の引退までの経緯

 

丸橋祐介選手の移籍騒動が、新井場徹選手の引退とどう関係するのか?これまで経緯を紹介します。

 

 

1)2014年11月7日(金)丸橋祐介選手に鹿島アントラーズからのオファーが判明

 

セレッソ大阪に所属する丸橋祐介選手は2014年11月7日に鹿島アントラーズから来季の戦力として正式なオファーを受けていることがニュースで明らかにされました。

 

鹿島アントラーズでは左のサイドバックが補強ポイントとなっていて、U-21,U-22で日本代表にも選ばれている丸橋祐介選手が大きく評価された結果でした。

 

この時点ではまだセレッソ大阪のJ2降格はまだ確定していなかったものの、丸橋祐介選手にとってJ1で常に上位争いを繰り広げる鹿島アントラーズからのオファーは魅力的なものとなったはずです。

 

 

2)2014年12月15日(月)丸橋祐介選手が鹿島アントラーズからのオファーを断る

 

丸橋祐介選手は熟慮した結果、鹿島アントラーズからのオファーは断ると決断をしました。

 

この時はすでにセレッソ大阪のJ2降格が確定したタイミングでしたが、丸橋祐介選手は「人生で一番悩んだ」としながら

 

「鹿島アントラーズにもセレッソ大阪にも将来はあると思うし、今後もセレッソ大阪に残って共に戦いたい」

 

という発表を行いました。

 

丸橋祐介選手は小学校の時からずっと大阪でプレーしてきて、13歳でセレッソ大阪の下部組織へ入ってからもずっと所属チームを変えていません。セレッソ大阪への特別な思い入れがあっての決断と話題となりました。

 

 

3)2014年12月28日(日)新井場徹選手へ戦力外通告(来季構想外)であることが伝えられる

 

この日新井場徹選手はセレッソ大阪のクラブハウスで契約更改交渉のつもりで臨みましたが、その席で来季は構想外であることを伝えられたとみられています。
丸橋祐介選手のセレッソ大阪残留が決まったことで新井場徹選手の構想外となったと見て良いと思いますが、この時点で他のクラブからのオファーはなく、引退の可能性も心配されました。

 

本人からは「自分の中でも結論は出ていない」というコメントがありました。

 

 

4)2014年1月18日(日)新井場徹選手が現役を引退することを発表

 

セレッソ大阪から戦力外(構想外)通告を受けて、新井場徹選手は新天地を探していましたが、結局他のクラブからのオファーはなかったということで正式に現役を引退することとなりました。

 

新井場徹選手の成績はJリーグでは通算423試合出場(22得点)。今季はリーグ全34試合中10試合出場となりました。

 

こうした丸橋祐介選手の移籍騒動に対してネットの反応はどうだったのか見ていきます。

スポンサードリンク

 

新井場徹選手の現役引退に対するネットの反応は?

 

新井場徹選手の構想外のニュースが流れた頃(昨年末頃)からネットでは新井場徹選手に対する同情の声が多く聞かれ始め、引退発表が合った時には多くのメッセージが飛び交いました。

 

新井場徹選手引退に対するネットの反応をまとめました。

 

【新井場徹選手の構想外、そして引退となったことへのネットの反応】

・たぶんセレッソはまず降格決まった後すぐに丸橋とか扇原とか主力の慰留に動いたんだろうな。で、微妙だったイバとかは新監督の編成次第にした。そこでアウトゥオリが切った可能性はあると思う。あの人リアリストだし、平気で補強するとか言いそうだし。だからこの時期になったんじゃないかな。

 

・鹿島サポからセレッソフロントに苦情が…。基本的に契約しない旨は11月の末までに伝えないといけない筈なんだけど、丸橋の残留が決まるまでは残って貰うっていう流れだったのかな。んで契約交渉が昨日で丸橋残ったからイバさんええわ、ってなったんならそりゃガチ切れですわ!舐めるのも大概にせえよ

 

・必要とされなかったことも丸橋がどーのってことも理解してるし、それをきっとイバがのんだ(んだろう)からあの時期に発表になったっんだとは思うけど、心情的には無理。恨みたい…。

 

・玉突き的に丸橋がうちに移籍してれば、イバさんは契約更新してたかもしれませんねぇ。。

 

・本気で丸橋を批判してる人はそんなにおらんと思う。大好きなイバが引退だったら要因になる事に文句言いたくなる気持ちは分かる。俺だってそうだ。あれが早く決まってればこうならなかったかもって思いたいやん。そこをくんでほしい。

 

・イバさんほ報道に便乗して叩きたいだけのサポもいそうだけど、丸橋叩きしたいなら鹿サポ名乗って欲しくないな

 

・だから使わねーなら早く言えって話。丸橋くんは関係ないでしょ。イバも関西から出られないならセレッソから無理って言われたら選択肢殆どないけど。

 

・イバさん引退で丸橋叩いてる人いるってマジか?選手を大事にしないフロントを批判するのはわかるけど選手を批判するのは違うと思う。

 

ネットの反応を見ていて多いなと思った反応はこんな感じです。

 

1)丸橋祐介選手は昨年11月中に鹿島アントラーズからのオファーへ回答しなければいけなかったはずなのに、結局12月15日まで回答を引き延ばしたことに対する不満。そのために新井場徹選手が他のチームを探す時間もなくなってしまったという怒り。

 

2)選手は悪くない。悪いのは選手のことを考えていないフロント。

 

3)丸橋祐介選手の判断が出るまで様子見を続けたセレッソ大阪フロントに対する不満。新井場徹選手のことを考えたらもっと早く伝えるべき。

 

4)新井場徹選手の今の成績を考えれば仕方ないのかも知れないけど、心情的にこのやり方は納得できない。

 

新井場徹選手のことを想うファンの心情としては丸橋祐介選手を叩くというよりは、関係者の自己都合のために割を食ったようにみえる新井場徹選手への悲しみや、心境複雑な怒りといった感じでした。

 

他にも「新井場徹選手が引退するなら、別の形でセレッソ大阪に残る道があったらいいのに」というコメントもありました。

 

スポンサードリンク

 

新井場徹選手の引退と、丸橋祐介選手の移籍騒動まとめ

 

1月18日、セレッソ大阪の新井場徹選手が現役引退を発表しました。

 

新井場徹選手としてはまだ現役でのプレーを望んでいましたが、昨年末に構想外(戦力外)との通告を受けたのをきっかけに現役引退の判断を下さなければならない結果となりました。

 

新井場徹選手への構想外通告へ少なからず影響を及ぼしたと見られるのが丸橋祐介選手の移籍騒動でした。

 

そこで2014年11月から始まった丸橋祐介選手の移籍騒動と新井場徹選手の引退までの経緯をまとめました。

 

ネット上では新井場徹選手の突然の引退に対して、ショック、悲しみ、怒りといったメッセージが多く飛びました。

 

皆さんからは「わかっちゃいるけど、心情的には納得いかんぞ」といった心境複雑なメッセージが多かったように思います。

 

突然の引退を決意しなければいけなかった新井場徹選手は相当辛かったと思います。きっとこれからのことも決まっていないはずです。

 

チームのために苦しい決断をしなければいけないことがあるのもわかりますが、新井場徹選手が今後もJリーグに関わる仕事ができる『粋なハカライ』を期待します。

 

Jリーグは選手とファンだけではないですし、皆で一緒に盛り上げられたら凄く良いのになと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ