さよなら歌舞伎町が人気の理由とは?キャストと感想や評価を紹介

tumblr_inline

 

2015年1月24日からロードショーされている映画「さよなら歌舞伎町」が静かな人気と話題となっています。

 

ニュースでは小規模公開の邦画でありながら上映館はかなり賑わっているそうです

 

「さよなら歌舞伎町」はキャスティングは染谷将太、前田敦子、イ・ウンウ、南果歩、など人気があって華やかなメンバーですが、ストーリーはちょっと深い大人の(R15の)内容となっています。

 

割とメッセージ性が強い映画という印象ですが、なぜ人気が出ているのか?

 

その理由についてネットの感想や評価を見ながらまとめました。

 

スポンサードリンク

 

映画「さよなら歌舞伎町」のあらすじ

 

「さよなら歌舞伎町」の舞台は新宿にある「大人のホテル」ATLASです。

 

一流ホテルマンと周りに嘘をついているATLASホテル店長の徹役が染谷将太さん

 

そしてホテル店長と同棲中でプロミュージシャンを目指す沙耶役が前田敦子さんです。

 

映画の内容は、新宿歌舞伎町という様々な背景を持った人たちが集まる都会のど真ん中で、怪しげな事情をもったお客さんたちが、大人のホテルへやってきては、それぞれカップルのストーリーを展開するという、いわゆるグランドホテル方式、群像劇スタイルの映画です。

 

面白いのはキャスティングが染谷将太さん、前田敦子さん、など人気があって綺麗どころ(可愛いどころ)が多いのに、結構人間のダークな世界を扱っているところでしょうか。

 

イ・ウンウさんや南果歩さんは、それぞれ深い事情を持ちながらホテルを利用するお客さんとし登場します。

 

また驚いたのは元AKB48の前田敦子さんもちょっとした汚れ役(?)のような役どころも演じています。

 

主題歌はmeg with SWEEP「Believe in love」でちょっと切ない雰囲気が映画とマッチしています。

 

映画「さよなら歌舞伎町」が人気の理由は?

 

「さよなら歌舞伎町」へのネットの反応を見てみると、内容が「良かったー!」とか「面白かったー!」というコメント以外に割と深い感じのコメントも目立っています。

 

【さよなら歌舞伎町へのネットの反応】

・さよなら歌舞伎町はよかったな。染谷将太君は死んだ目をした若者やらせたらピカイチやなあ。目は死んどるけどかといって死んだままでは終わらん感とか。イ・ウンウちゃんがとてもよかった。南果歩さんもよかった。

 

・『さよなら歌舞伎町』の前田敦子、良かったなあ

 

・さよなら歌舞伎町。今思うと、過剰に女を強く描写しすぎている気がする。主体性のない男性、それを庇護する慈愛にあふれた強い女性という図式。

 

・さよなら歌舞伎町、僕はダメでした。これ廣木監督の嫌なとこしっかり入ってるんだもの。むしろマエアツも浮いちゃってるしさ。

 

・「さよなら歌舞伎町」見てきたんですけど、この映画の主人公は イ・ウンウ と 南果歩です。

 

・観てよかった。自分の利害で行動する人間より、誰かを思いやりながら生きてる人間の方が一見損して見えても本質的に揺るぎなく温かく美しい。泣きました。

 

・さよなら歌舞伎町は2回目だったけど、前回とはまた違った視点から見れたと思う。

 

・それぞれのカップルでいろいろ抱えてるものがあって、そこで起きてる葛藤とか戸惑いとかそういうのが心に染みてきた。ヘナ・チョンスのカップルが個人的には一番温かいと思うなー(^^)

 

・テアトル新宿にて さよなら歌舞伎町鑑賞。それぞれの事情を抱えてる登場人物がどれも魅力的でどこか愛おしかった。

 

スポンサードリンク

 

映画の見てくれとしては、派手なCG、豪快なアクション、無駄に盛り上げる音楽、そういう要素とは無縁です。

 

むしろ新宿にある大人のホテルが舞台なので、全体的に地味な印象はあるのですが、その分、新宿歌舞伎町で生活する人たちの身も心もむき出しのリアルな人間関係が浮き立たせていて、この映画のテーマになっているようでした。

 

映画のレビューや感想を見ても、そうした人生に迷った大人の人間模様(?)に対する内容が多いので、それが人気の理由のひとつかなと思います。

 

また他の人気の理由はキャスティングの良さと演技力の高さもあります。

 

この映画に登場する女性(前田敦子さん、イ・ウンウさん、南果歩さんなど)はワケありの事情をもつせいか、たくましくて、精神的に強い、という設定ですので、華奢っぽいのに芯がある女性の演技に注目が集まっています。

 

また逆に男性はみんな頼りない、弱い、脆い、という感じですが、そんな中で染谷将太さんのちょっと影のある感じの演技が映えているようです。この辺の役どころは染谷さんの得意分野かも知れません。

 

もうひとつ前田敦子の弾き語りを見れる(聞ける)のも人気の一つになっているようでした。

 

全体的に新宿歌舞伎町の深い人間ドラマを垣間みるような映画ですので

 

「今日はちょっと変化球の邦画を見たいな」という時にバッチリかなと思います。

 

個人的にはこの終末にもでもちょっと劇場で見てみようという気になってます。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ