五代友厚と広岡浅子は恋仲に?あさが来たの白岡あさとモデルを比較

godaiasa

 

朝ドラ「あさが来た」で白岡あさが新次郎の妾騒動で弱ってる所へ、五代友厚さんがすかさず愛のアプローチを放ったと話題です。

 

超イケメンでオシャレな五代友厚さん(ディーンフジオカさん)のあさへのアプローチは

 

1)芸事ばかりで仕事もしないヤサ男の新次郎さんをけなしまくり

2)加野屋を支えているのはあささんだとその手腕を誉めまくり

3)最後に、あささんへ優しい言葉をかけます

 

「私が見方になる。大丈夫(あの優しい顔で)」

 

でした。

 

さすがイギリス帰りだけあって、見事な三段活用?でしたが、あさの返答は

 

「やさ男の何が悪いんだす!ふらふらしてる、か弱い旦那様が好きなんだすっ!」

 

と、旦那好きを公言して、あのイケメン五代さんが撃沈です。

 

個人的には

 

「ここで微妙な恋愛要素を混ぜてくるとは、、さすが朝ドラ」

 

なんて思った次第ですが、ちなみに

 

五代友厚と白岡あさの実在モデルとなった二人の関係はどうだったのでしょうか??

 

少し気になったのでまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

実在モデル五代友厚と広岡浅子との関係は?

 

まず五代友厚さんの実在モデルは同姓同名の五代友厚さんで、白岡あさの実在モデルは、明治の女性実業家である広岡浅子さんとなります。

 

そして実在した五代友厚さんと広岡浅子さんの恋について調べてみたところ

 

結論からバーンと言ってしまいますと、、、

 

「それは100%あり得ない」

 

です(そうかなとは思いましたが・・・)。

 

ただ、なぜ100%あり得ないかというのを見てみます。まずリアル五代さん(実在した五代友厚さん)は

 

1)慶応3年(明治維新の前から)にすでに結婚していて、しかも子沢山だった

 

ので、浅子さんが会ったときは、ディーン・フジオカさんみたいなイケメン・シングルではなかった(イケメンでなかったかどうかは関係ないですね・・)。

 

2)リアル五代さんは、洒落っ気が全くなく、服装などまるで無頓着だった

 

ので、浅子さんが会ったときは、ディーン・フジオカさんみたいなカッコイイ服を着てなかった

 

3)リアル五代さんが浅子さんと初めて親しく話したのは、浅子さんの炭坑事業で爆発事故が起きた後のことだった

 

ので、事業立て直しの時期ですし、二人とも子供もいて若くもなったので恋愛という状況ではなかった。

 

ということでした。

 

「あさが来た」は、あくまでドラマですので、原作通りである必要はないのでそこは全然OKなのですが、原作や史実を比べると、うまく恋愛の話を入れていてさすがですね。

 

スポンサードリンク

 

五代友厚と白岡あさ(広岡浅子)の恋愛まとめ

 

あさが来たのドラマの中では、「五代友厚さんがあさへ密かな恋心を寄せる設定」になっているようで、五代さんのさり気ないあさへのアプローチが展開されています。

 

そこで実在モデルとなったリアル五代友厚さんと、広岡浅子さんの関係を調べてみますと

 

「二人の恋愛関係はまずあり得ない」

 

でした。

 

というのはリアル五代友厚さんは、英語堪能で国際情勢にも明るい方ですが、本当に洒落っ気がなかったようで

 

・膝に吸殻の焼け焦げがたくさんついた着物を平然と着ていたり

・洋服は夏用一着、冬用一着しか持っていなかったり

 

という方だったようです。こうなるとディーン・フジオカさんとは真逆タイプ過ぎて、恋愛に発展できなかったろうと思います。

 

また原作「土佐堀川」を見てみると、広岡浅子さんがリアル五代友厚さんと初めて親しく話したのが、かなり後のことです。

 

二人とも子供がいますし、その時のリアル五代さんは大阪の実業界を君臨する凄い人になっています。

 

一方、広岡浅子さんは爆発事故から炭坑事業を立て直さなければならない時で、しかも浅子さんは事業大好きな方だったようなので、恋愛に発展しようがなかったろうと思います。

 

ドラマを見ていて、まさか実際にそんな色恋話はないだろうなあ、とは思ったのですが気になったので調べてみました。

 

ただ原作とドラマのギャップに少し注目してみるのは面白いかなと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ