大学入学希望者学力評価テストとは?センター試験との違いは何?

 

中央教育審議会(中教審、安西祐一郎会長)は、現在の大学入試の内容を変更し、さらに高校や大学の教育も抜本的に改革すべきだとの提言を、下村文部科学相に答申したというニュースが話題となっています。

 

特に注目が集まっているのは、センター試験を廃止して、あらたに「大学入学希望者学力評価テスト」の導入が提案されている点です。

 

大学入学希望者学力評価テストとはどんな試験で、センター試験とはいったい何が違うのでしょうか?

 

気になったのでまとめました。

 

スポンサードリンク

 

大学入学希望者学力評価テストとは?

 

大学入学希望者学力評価テストは、現在の大学入試センター試験を廃止して新たに導入しようとしてる大学入試のための学力試験となります。

 

大学入試の改革を議論している文部科学相の諮問機関「中央教育審議会(中教審)」が大学入試改革案をまとめあげて、12月22日に下村博文文部科学相に答申を行いました。

 

簡単に言うと、ペーパーテストの点数だけでなく、小論文や面接などを活用して多面的に評価するしようということで

 

知識偏重の入試から、思考力や主体的に学習に取り組む姿勢を評価する入試への変更が狙いです。

 

さらに高校生の学力到達度をみる「高校基礎学力テスト」も新たに導入し、大学入試の抜本改革を打ち出しています。

 

これが実現すると、大学入学試験の大改革となります。

 

現在のところ2020年からの実施が予定されていますので、現在小学6年の子供が最初の大学入学希望者学力評価テスト対象者となります。

 

大学入学希望者学力評価テストとセンター試験との違い

 

大学入学希望者学力評価テストとセンター試験との違い(変更点)はいくつかあるのでまとめました。

 

1)現在の「教科型」から「合教科型」「総合型」への変更

 

段階ではありますが、現在の教科毎の試験から、数学と理科など複数の教科を合わせた「合教科型」の試験や、教科の枠を超えた「総合型」の出題が行われます。

 

2)1発勝負の試験から複数回テストに変更

 

大学入学希望者学力評価テストは年に数回実施され、将来的にはコンピューター出題方式の導入を目指します。

 

3)評価方式が段階別評価方式に変更

 

これまでの「1点刻み」式の評価ではなく、テスト結果を段階別に示して評価する方式に変更。

 

4)試験の難易度の幅をより大きく持たせ、回答方式も変更

 

難関大を目指す学生にとってセンター試験は易し過ぎるという問題があったため、テストの難易度に幅を今より幅を持たせます。

 

回答方式もマークシート式に加えて、記述式も追加されます。

 

5)英語は「読み」「書き」だけでなく、「話す」「聞く」も含めるよう変更

 

英語の4つの能力(読む、書く、話す、聞く)を網羅して計るようにするため、米国のTOEFLなど民間試験の活用も提言されています。

 

スポンサードリンク

 

大学入学希望者学力評価テストとセンター試験との違いまとめ

 

大学入学希望者学力評価テストとセンター試験の大きな違いを5つまとめました。

 

この大改革が実現した場合、現在小学校6年生の子供が最初の受験者となりますが、新テストの具体的な内容などはまだ検討段階です。

 

学校側が親の不安はもちろんのこと、塾や予備校などへも影響が大きいと思いますので、今後は関係者からの反発なども含めて動向に注意していきたいと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ