苗字制定記念日とは?昔は苗字がなかったのか記念日の由来も紹介

 

2月13日はあまり知られていませんが「苗字制定記念日」です。

 

ただ苗字制定記念日と言われても、苗字なんて昔からあるのになぜ制定記念日なんてあるのでしょう?

 

ネットを見ると「苗字制定記念日」の意味はあるものの、なぜ苗字制定記念日なんて必要だったのかという情報が意外と少ないようだったのでまとめてみました。(まとめるという程でもないですが)

 

スポンサードリンク

 

苗字制定記念日とは?

 

ネットでもよく説明されている「苗字制定記念日とはなんぞや」ということですが、これは簡単に言うと

 

明治8年(1875年)の2月13日に平民苗字必称義務令が出されたので、以来2月13日は『苗字制定記念日』となりました。

 

となります。

 

「だとすると、明治8年前は苗字がなかったの?」

 

というのが気になってきます。

 

確かに水戸黄門とかみると「おい、助さん」とか「ちょっと格さん(かくさんの字はこれなんですね)」とか呼んでますから、

 

もしかして気づいてなかったけど昔は苗字がなかったのかも?

 

なんて思ってしまいがちですが(誰もそんなこと思わない?)

 

確かに江戸時代、「苗字を名乗っていいのは武士だけ」でした。

 

そのため江戸時代に苗字を持っていたのは武士だけ思われがちですが、実は江戸時代の商人たちは自分たちのお墓にちゃんと苗字を刻んでいますし、江戸時代よりも前の室町時代には農民の苗字が記載された資料も出てきています。

 

つまり苗字は武士だけでなく商人や農民も持っていましたが、「名乗っていいのが武士だけ」だったということなんですね。

 

スポンサードリンク

 

苗字制定記念日では何が起きたの?

 

元々苗字を持っているならわざわざ苗字制定記念日を作る必要はないのでは?と思いますが、実は苗字制定記念日が決まる5年前(1870年明治3年)に明治政府からお達しがきて

 

「皆さんー、今日から武士以外の人でもドンドン苗字を名乗っていいですよー」

 

となりました。

 

ただ武士以外の国民生活において苗字なんてなくてもちゃんと生活できるシステムができあがっていましたので、

 

「いやーいきなり苗字を名乗っていいと言われても・・・別に今のままでいいです。はい。困ってませんし」

 

という人たちが続出し、まるっきり国民生活には浸透しなかったのです。

 

そこで明治政府は

 

「いやいや、そうじゃなくて苗字を名乗って下さい!これは義務です!義務ですよ皆さん!」

 

とやったのが明治8年2月13日の「平民苗字必称義務令」で、それから「苗字制定記念日」というのができたということです。

 

当時にしてみると「苗字を名乗れって言われてもなんだかなー」という感じだったかも知れませんが、現代においては苗字がないとえらいことになるので

 

「そうかー今日は苗字制定記念日かー。まーよかったよかった」

 

と思う一日にしようと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ