フェデラー3回戦敗退!モンテカルロマスターズ後のポイントは?

 

ロジャー・フェデラーがモンテカルロ・マスターズ2015でまさかの3回戦敗退となり話題となっています。

 

フェデラー選手はマイアミ・オープンで欠場でしたので、BNPパリバ・オープン以来約1ヶ月ぶりの大会でしたが、3回戦敗退となりました。

 

フェデラー選手を破ったのは、ランキング18位でフランス出身のガエル・モンフィス選手!

 

今回フェデラー選手は調子が悪かったのか、38回の凡ミスを犯したというニュースも出ていましたが、これでフェデラー選手のポイントが確定しました。

 

フェデラー選手は昨年のモンテカルロ・マスターズで良い結果を残していただけに、今回の結果(3回戦敗退)でどこまでポイントを落としてしまうのか、まとめました。

 

スポンサードリンク

 

フェデラーのモンテカルロ・マスターズ後のポイントは?

 

フェデラー選手がまさか3回戦で敗退するとは思いませんでしたが、結局モンテカルロ・マスターズ後は何ポイントになるかみてみます。

 

まずモンテカルロ・マスターズ前のフェデラー選手のポイントを見てみます。

 

【モンテカルロ・マスターズのポイント】

1位 ノバク・ジョコビッチ 13205

2位 ロジャー・フェデラー 8895

3位 アンディ・マレー 6060

 

フェデラー選手は現在2位を独走状態です。

 

そして今回は3回戦敗退、すなわちベスト16のですので、フェデラー選手が獲得できるポイントは90ポイントとなります。

 

ただし90ポイントがそのままランキング・ポイントに加算されるわけではありません。

 

テニスのランキング・ポイントは基本的に昨年の大会で獲得したポイントがなくなって(失効して)、新たに獲得したポイントが加算されますので、

 

昨年の結果と比べて成績が良ければランキングポイントは増えますし、悪いと逆に下がります

 

そこでフェデラー選手の昨年のモンテカルロ・マスターズでの結果を見ると、実は準優勝だったんですね(昨年の優勝はワウリンカ選手でした)。

 

つまりフェデラー選手の場合は、準優勝以上でなければポイントが下がってしまう状況だったのですが、今回は3回戦敗ということなので大きくポイントを落とすことになります。

 

フェデラー選手が昨年準優勝で獲得したポイントが600ポイント、そして今回獲得するのが90ポイントですので、計算してみると

 

フェデラー選手のランキングポイントは -510ポイントとなります。

 

【モンテカルロ・マスターズのポイント】

2位 ロジャー・フェデラー 8385

 

フェデラー選手の場合、ぶっちりの2位なので、これでもあまり下がった感じがありませんが(?)、510ポイントダウンはかなり大きなダウンとなりました。

 

スポンサードリンク

 

フェデラーのランキング・ポイントまとめ

 

ロジャー・フェデラー選手がモンテカルロ・マスターズで3回戦敗退となり、ランキング・ポイントに注目が集まっていました。

 

モンテカルロ・マスターズは優勝すると1000ポイント獲得できる大会ですので、3回戦敗退でも90ポイント獲得できます。

 

ただしランキング・ポイントは、昨年の結果と比較して決まるため、昨年準優勝したフェデラー選手の場合は、90ポイントを獲得しても600ポイントを失うため、結果として -510ポイントなりました。

 

今年のモンテカルロ・マスターズは、昨年の優勝者であるワウリンカ選手まで3回戦敗退になるという大波乱です。

 

これでジョコビッチ選手優勝の可能性がひとつ高まりましたが、果たして結果はどうなるか楽しみですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ