あさが来たの榮三郎の嫁のモデルとは?加島屋作兵衛と長田家の関係も

eizaburo

 

あさが来たの白岡榮三郎(栄三郎)のお嫁さんが誰になるのか話題です。

 

榮三郎さんも今やすっかり大人になって、新次郎さんに色々と道楽(遊び?)も教えてもらっているようですが

 

ドラマの中で、榮三郎さんがちらっと話題に混ぜてくる

 

「もう嫁もらえ、嫁もらえて大変ですわ」

 

が、かなり気になるところです。

 

あさが加野炭坑事業で加野屋を立て直し、新次郎さんが榮三郎さんの後見人とは言っても

 

加野屋の家督を継いだ当主は、白岡榮三郎さん

 

です。ですので

 

加野屋当主のファーストレディー!?(お嫁さん)はどなたがご担当なのか?

 

というのは早く知りたい所ですね。

 

ただ榮三郎さんのお嫁さんの名前や、担当する役者さんが誰なのかは、まだ公開されていませんので

 

榮三郎さんの実在モデルとなった広岡久右衛門(広岡正秋)さんと、その嫁「なつ」さんについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

白岡 榮三郎の実在モデルは?

 

白岡榮三郎さんは加野屋の三男坊で、幼少時はまるで目立たない存在でしたが、成人して役者が桐山照史さんに変わったとたん

 

榮三郎の存在感は抜群状態!

 

となります。(榮三郎さんは加野屋当主ですので目立って当然なんですが)

 

そして、あさが来たの主要人物には皆さん実在モデルが存在しますので、もちろん榮三郎さんにも実在モデルも存在します。

 

榮三郎さんのモデルは、広岡正秋さんです。

(ちなみにあさのモデルは、広岡浅子さん)

 

そこで広岡正秋さんのプロフィールをwikiっぽく見てみます。

 

【広岡正秋さんのプロフィール】

masaaki

広岡正秋(ひろおか まさあき)

9代目 広岡久右衛門(ひろおか くえもん)

生誕:1844年(弘化元年)

没年:1909年(明治42年)

嫁:広岡なつ(旧姓 長田なつ)

娘:郁子(日本女子大学校卒)

加島銀行 初代頭取

大同生命保険 初代社長

ドラマでは白岡榮三郎(栄三郎)で桐山照史(きりやま あきと)さんが演じる。

 

榮三郎さんのモデル正秋さん、シブイですね、、というのは良いとして、他にも色々ツッコミどこ満載と言いますか、凄い実績が並びます(実績は他にもありますが割愛です)。

 

加島屋はドラマで言うと加野屋(名前が似てる)ですが、加島屋の当主は代々「久右衛門」という名前を継いだので

 

9代目 広岡久右衛門(もしくは広岡久右衛門正秋)

 

といった呼ばれ方もしました。

 

そして加島屋は加島銀行を設立し、その初代頭取が広岡正秋さんです。

 

只今「あさが来た」のドラマでは加野屋の銀行を作るとか作らないとかで、あさと榮三郎さんがもめてますが

 

いずれは加野銀行が設立されて初代頭取に榮三郎さんが就任!

 

という流れになるのかな、と思います。

 

また加野銀行が設立される頃には、はつと惣兵衛の息子たち、藍之助や養之助も事業に絡んでくるのでは!?という気もするのでその辺りも個人的には楽しみなところです。

 

さて、それでは榮三郎さんの嫁さんの実在モデルとなる「なつ」さんも見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

榮三郎の嫁さんのモデルは?

 

榮三郎さんのお嫁さんの実在モデルは、当然ながら広岡正秋さんのお嫁さんということになりますが、そのお名前は先ほどの正秋さんのプロフィールでバレてるのですが、、、

 

広岡なつさん(旧姓 長田なつさん)

 

です。

 

広岡正秋さんは加島屋の当主ですし、広岡財閥の基礎を作った方でもあるので

 

そんな豪商の家に嫁ぐ女性とはいったいどんな家柄の女性なのだろう!?

 

と思いネットを調べてみると

 

実はなつさんの実家となる長田家も、加島屋と同じく江戸時代から続く大阪の大きな商家(両替商)でした。

 

長田家も「作兵衛」という名前を代々継いでいましたので、長田家の当主は代々「長田作兵衛」とも呼ばれましたが

 

なつさんの父親は、何代目かわかりませんが長田作兵衛さん(つまり長田家当主の娘)のようです。

 

そして幕末の両替商といえば、ドラマでは加野屋と山王寺屋が、明治維新の時に新政府から資金調達を命じられ、惣兵衛一家の山王寺屋は廃業に追い込まれるわけですが

 

実は明治政府から資金調達を命じられた両替商の中に長田家も含まれていました。

 

長田家がどうやって明治維新の波を乗り越えたのかはわかりませんが、その後長田家は商社として生き残り復活します。

 

ですので、もしかしたら五代友厚さんが言っていた『ビッグなカンパニー』に入っていたかも知れません。

 

いずれしても史実では明治3年に長田家は鴻池家や広岡家と共同で貿易商社『尽力組』を起こすことになります。

 

ですので、もしかするとこの頃から広岡家と長田家の縁が強まって

 

なつさんが広岡家へお嫁入り

 

になったのではないかな?という感じもします。

 

榮三郎のお嫁さんの実在モデルまとめ

 

朝ドラ「あさが来た」で存在感急上昇中の桐山照史さん演じる榮三郎さんですが

 

実在モデルは広岡正秋さんです。

 

そして広岡正秋さんは事業を手広く展開して、凄い肩書きをたくさん持つことになります。

 

もしかするとその肩書きは、広岡浅子さん(ドラマでいう白岡あさ)のお陰なのかも!?知れませんが、ドラマでの榮三郎さんがどのように描かれるのかも楽しみですね。

 

そしてそんな広岡正秋さんの奥さんとなるのが、長田作兵衛さんの娘のなつさんです。

 

ネットを見ているとなつさんの父親の長田作兵衛という名前が、加島屋作兵衛となっていることもあるので、もしかすると正秋さんとなつさんが結婚する前から広岡家(加島屋)と長田家は親戚関係にあったのかも!?知れません。(当時は政略結婚的なしきたりが普通だったということで)。

 

そして広岡正秋さんとなつさんの間には郁子さんという娘が生まれますが、郁子さんは広岡浅子さんが創設に大きくかかわった日本女子大学校に入学することになります。

 

「あさが来た」は眉山惣兵衛とはつのストーリーにかなり脚色が入っているので、後半はどんな風に描かれるのかかなり楽しみですね。

 

◆関連記事

はつの命を25歳で終わらせないで。NHKが急遽台本書き換え

惣兵衛とはつの子供 藍之助には実在モデルが存在しない!?

藍之助&養之助&千代のプロフィールを比較すると意外なドラマ設定が


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ