フェデラーとジョコビッチのドバイテニス選手権後のポイントは?

 

ドバイDutyFreeテニス選手権の決勝が順当にジョコビッチとフェデラーの決戦となったと話題になっています。

 

ジョコビッチとフェデラーと言えば、言わずと知れた現在テニス・ランキングでぶっちりぎの1位と2位のツートップです。

 

2強の試合内容も楽しみですが、決勝の勝敗によって二人のポイントがどうなるのかも気になるところです。

 

そこでドバイDutyFreeテニス選手後の二人のポイントについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

同じ優勝でも加算されるポイント数は選手によって変わる?!

 

まず最初にジョコビッチとフェデラー、二人の現在のポイント数をみてみます。

 

【現在のランキングポイント】

1位 ノバク・ジョコビッチ 13045

2位 ロジャー・フェデラー 9205

 

5位 錦織圭 5205

 

残念ながら上位2人は現時点で錦織圭選手の2倍近くのポイントを持っています。(でも錦織選手も今年はきっとこの上位グループに食い込んでいくでしょう)

 

そしてポイントを計算する上で重要なのが去年のドバイDutyFreeテニス選手権の結果ですので、昨年(2014年)の結果も見てみます。

 

2014年のドバイDutyFreeテニス選手権の結果】

【優勝】 ロジャー・フェデラー(第4シード) 500ポイント獲得

【ベスト4】 ノバク・ジョコビッチ(第1シード) 180ポイント獲得

 

昨年のフェデラーは第4シードだったために、決勝よりも早い準決勝が「ジョコビッチ vs フェデラー」というカードになりました。

 

そして、その試合でフェデラーが勝ったのでジョコビッチはベスト4という結果に終わっています。

 

テニスのポイント計算は基本的に

 

「去年の試合で獲得したポイントを返して(マイナスして)、今年獲得したポイントを加算する(プラスする)」

 

というルールです。

 

ということは昨年優勝しているフェデラーは、最初に去年獲得した500ポイントを返さないといけないので、もし仮に優勝したとして500ポイント獲得しても、ランキングポイントはプラスマイナス0となります。つまり現状維持です。

 

一方ジョコビッチが優勝した場合は、去年の180ポイントを返上して、500ポイントを加算するので、トータルで320ポイントプラスになる、ということになります。

 

スポンサードリンク

 

ドバイDutyFreeテニス選手権後のポイントまとめ

 

ドバイDutyFreeテニス選手権の優勝獲得ポイントは500ポイントですが、過去の成績によってランキングポイントに加算される点数が変わってきます。

 

ドバイDutyFreeテニス選手権でジョコビッチが優勝した場合と、フェデラーが優勝した場合と、それぞれのケースでランキング・ポイントがどう変化するかまとめることこうなります。

 

【2015年ドバイ・テニス選手権でジョコビッチが優勝した場合】

ノバク・ジョコビッチ 13365 (+320)

ロジャー・フェデラー 9005 (-200)

※二人のポイント差 4360

 

【2015年ドバイ・テニス選手権でフェデラーが優勝した場合】

ロジャー・フェデラー 9205 (±0) (優勝しても現状維持)

ノバク・ジョコビッチ 13165 (+120)

 ※二人のポイント差 3960

 

現在は1位と2位の差が激しいので結果がわかりにくいですが、二人のポイント差をみるとどちらが優勝するかによってかなり差ができることがわかります。

 

錦織選手的に考えると、どっちが優勝するのが嬉しいのか、これは微妙なところで意見も分かれるかなと思います。

 

ただ個人的には、、、フェデラー応援ですかね。

 

今週は5位の錦織選手がメキシコ・オープンで決勝進出しましたし、その他の上位選手、3位のアンディ・マレーや4位のラファエル・ナダルも別の大会で戦っていますので、見る方も結構忙しいですね。

 

今週末はゆっくりテニスを楽しもうと思います。

 


スポンサードリンク

One Response to “フェデラーとジョコビッチのドバイテニス選手権後のポイントは?”

  1. […] で、もし仮に優勝したとして500ポイント獲得しても、ランキングポイントはプラスマイナス0となります。 [紹介元] フェデラーとジョコビッチのドバイテニス選手権後のポイントは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ