嵐やTOKIOやSMAPやV6など血液型でわかるグループの意外な性格

 

個人で「血液型は何型?」なんて話で盛り上がるのはよくあると思いますが、グループに対して血液型はあまり考えないと思います。

 

嵐、TOKIO、SMAP、V6、KAT-TUN、GLAY、Dir en grey、Perfumeなどジャニーズを中心に人気グループの血液型をそれぞれ調べてみると意外な共通点と性格がが見えてきました。

 

どのグループもキーとなるのは『B型』の存在です。

 

「B型は自分が目立つことを第一に考える傾向があるので他人から反発を招きやすい」などと言われますが実際のところどうなのでしょうか?

 

B型には不思議な法則のようなものがあったのでまとめました。

 

スポンサードリンク

 

グループメンバーとしての血液型の特徴

 

血液型の特徴として、几帳面、わがまま、大雑把など色々ありますが、グループメンバーとして見る場合はこんな感じで見られることが多いです。

 

【グループメンバーとしての血液型の特徴】

A型:まとめ役 (グループのマネジメント役)

B型:ムードメーカー (グループの盛り上げ役)

O型:リーダー (グループを引っ張る役)

AB型:調整役 (グループの関係を円滑にする役)

 

人気グループに見る不思議な血液型の法則

 

個人の血液型の特徴はよいとして、グループとして集まったらどんなことになるのか、ジャニーズを中心に人気グループの場合で見てみます。

 

【A型が多いグループ】

嵐 (5人中4人がA型)

V6 (6人中3人がA型)

SMAP (5人中3人がA型)

Perfume (3人全員がA型)

 

【O型が多いグループ】

GLAY (4人中3人がO型)

TOKIO (5人中4人がO型)

 

【B型が多いグループ】

Dir en grey (5人中4人がB型)

KAT-TUN (デビュー当時6人中3人がB型)

 

【AB型が多いグループ】

該当なし (というかあったら逆にすごい)

 

 

これを見ると嵐やTOKIOは、こんなにA型とO型に血液型がかなり偏っていたのかと驚きでした。こうして比べてみると結構面白いですが、血液型によってグループはこんな性格を持つと言われてます。

 

 

A型が多いグループは、平和的な雰囲気でまとまりがある。

O型が多いグループは、バイタリティーがあり家族的なムードがある。

B型が多いグループは、一見マイペースでバラバラだけど本番に強い。

 

そして血液型の話題の時に、良くも悪くもあれこと言われるのが『B型』です。

 

B型というのは筋金入りのマイペースで、これだと思ったら周りには全く目もくれず目的に向かって突き進むという、他の血液型にはない一点集中的な性格を持ちます。

 

良い方に働けばずば抜けて良い方向へ進んでいく反面、悪い方に働くと分裂、脱退、といった危険があります。

 

そしてこれが面白いのですが、

 

『長く続いている人気グループほど『B型』メンバーがほぼ皆無』です。

 

天下のジャニーズ事務所は、もしかするとそういうとこまで気にしてメンバーを選抜していたりするのではないか!?と思うくらいですが、B型メンバーの分布はこうなってます。

 

【B型メンバーがいないグループ】

 A型4人とAB型1人(相葉雅紀)

SMAP A型3人とO型2人。森(B型)がいたらここまで売れてなかったという噂も。

TOKIO O型4人とA型1人(松岡昌宏)

GLAY O型3人とA型1人(JIRO)

Perfume (3人共A型)

 

異様なくらいB型不在のグループが多いですね。

 

ちなみにV6はA型3人とO型2人にB型1人(岡田准一)です。まとめのA型とリーダーのO型で固めおいてB型が1人くらいいるというのは良いのかも知れません。

 

さらにKAT-TUNはデビュー当時、B型3人、O型2人、AB型1人です。KAT-TUNはA型不在なんですね。結果的にですが脱退が多くて大変なことになってます。

 

ちなみに、2人グループですが、テゴマスは手越祐也さんがB型で、増田貴久さんがO型です。

 

ジャニーズメンバーの血液型&干支マップ

 

ネット上にジャニーズメンバーを血液型と星座で分類した面白いマップがあったので紹介します。

 

【ジャニーズメンバーの血液型と干支のマップ】

BM8DzgHCcAAFGMo

 

これを見るとAB型が少ないのは良いとして、B型は明らかに少ないですね。

 

もしかすると過去の経験や実例から考えてB型の採用が厳しくなっているのかも!?などと勘ぐってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

血液型でみるグループの性格まとめ

 

ジャニーズを中心にグループメンバーの血液型を見てみると、やけに血液型が偏っていて安定して売れているグループはA型やO型の比率が多く、面白いことにB型が皆無(V6だけはB型1人)ということがわかりました。

 

ジャニーズメンバーを血液型と星座で分類したマップで見ても明らかにB型メンバーが少ないです。

 

もしかするとB型の採用には特別な採用基準もあるのかも知れませんが、そうだとするとB型というのはかなり特殊タイプに見られているということでもあります。

 

ちなみに日本の歴代総理大臣中で多い血液型がO型だそうです。そして世界のリーダーと言われるアメリカやイギリス国民の中で多い血液型もO型です。

 

血液型を調べてみると意外な法則があるので、人気グループを見る時は、『血液型の分布』なんかも見てみると面白いかも知れませんね。

 

ちなみに私はB型なので、書きながら心境複雑ですが、B型グループの成功例がもっと増えて欲しいと願ってます。

 


スポンサードリンク

8 Responses to “嵐やTOKIOやSMAPやV6など血液型でわかるグループの意外な性格”

  1. リアル より:

    はじめまして。
    血液型とグループの関連は非常に興味深いです。
    過去にB型が中心のグループとして、BOOWY(布袋)、X JAPAN(YOSHIKI)、シュガーベイブ(山下達郎)、キャロル(矢沢永吉)、ユニコーン(奥田民生)、YMO(坂本龍一)、などがいます。
    メンツを見てみると、個性が強く我が道を行くタイプが目立っている気がします。
    そう考えると、B型はグループよりもソロ向きかもしれませんね。

    • terry より:

      リアルさん

      B型中心メンバーをこんなに挙げてもらってありがとうございます!

      B型がソロ向きかも、と聞いてB型の自分はかなりドキッとしました。

      確かにB型は火がつくと一人でどんどん突き進みたいタイプが多い気がするので、ソロ向きかも知れません。もしくはちゃんと手綱を引いてくれるO型やA型の存在が必要とか?ですね。

  2. ゆり より:

    干支じゃなくて星座ですね

  3. 名前 より:

    この記事書いた奴相当アタマわりーな。
    リーダーはA型だろ。中居見りゃわかるだろゴミ野郎。

  4. ぱぴこ より:

    GRAYではなくGLAYです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ