「びっくりぽん」の語源とは?京言葉や京都弁の方言ではなく造語とも

 

rio

 

「ええ音やなあ、びっくりぽんや!」

 

朝ドラ「あさが来た」で鈴木梨央ちゃんが演じる今井あさちゃんの口癖「びっくりぽん」がジワジワ話題です。

 

ネットをみると「びっくりぽん」は流行語大賞狙ってる!という話題で溢れていますが、確かに語呂がいいし使いやすい言葉ではありますね。

 

ただ「びっくりぽん!」って、、、あさの時代の言葉なんでしょうか??

 

そこで「びっくりぽんの語源」について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

今井あさの話し言葉はどこの方言?

 

「今井あさは江戸時代の終わり頃、京都随一の商家 今井家の次女として生まれました」

 

というナレーションがドラマ中に入っていますので、今井あさは京都生まれの設定となっています。

 

ちなみに今井あさのモデルとなった広岡浅子さんも山城国京都(現在の京都府京都市)生まれですので同じ設定ですね(浅子さんは四女でしたが)。

 

ということは今井あさの話す言葉は京言葉(いわゆる京都弁)ということになります。

 

ところが、京言葉で「びっくりぽん」を調べても、まあ出てきません、と言いますか京言葉でも「びっくり」は「びっくり」のようで

 

あさちゃんのセリフを素直に言ったら

 

「びっくりや!」

 

になります。

 

ネット上でも「びっくりぽんは京都の方言ではございません!」というコメントで溢れていますので、

 

どうやら「びっくりぽん」は京言葉(京都弁)が語源ではない見たいです。

 

スポンサードリンク

 

「びっくりぽん」はどこからきたの?

 

今井あさちゃんは、町の男子と相撲で遊ぶくらい活発だったので、びっくりぽんは子供同士の遊びの中で生まれた言葉かも知れませんね!とか真面目に考えても仕方ないですので(ドラマですので)

 

「びっくりぽん」が京都の方言ではないとすると

 

これは「ドラマ用に作られた造語」とみて良いかなと思います。

 

だとすると、わざわざ京言葉にない「びっくりぽん」を今井あさに使わせたのは「なんでどす?」ですね。

 

「あさが来た」は実在のモデルこそいますが、あくまでドラマということで、当然ながら脚色やアレンジが大いに加わるだろうと思います。

 

そうすると脚色やアレンジを含めてストーリー全体を考えるのは誰かな?と考えていくと・・・

 

脚本を担当された大森美香さん

 

さらに制作統括の佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサー!!

 

となりますね。

 

佐野元彦さんと大森美香さんはこんな雰囲気の方々です。

sano

 

また佐野元彦さんはインタビューで「びっくりぽん」の話題になった時に

 

「びっくりぽんは、好奇心旺盛なヒロインのキャラクターを表現した言葉で、何度も出てきます」

 

と説明されていましたので、元気で活発な今井あさちゃんが、びっくりの後に自分で「ポン」を付けたという設定なのかな?とも思った次第です。

 

「びっくりぽん」の語源まとめ

 

朝ドラ「あさが来た」で鈴木梨央ちゃん演じる今井あさが「びっくりぽん」をあまりに連発するので、流行語大賞狙いか!?と話題になっています。

 

びっくりぽんは確かに頭に残るフレーズなので流行りそうな雰囲気はありますが、このフレーズは当時の京都の方言(京言葉)ではないようです。

 

これはドラマ用にアレンジされたフレーズで、びっくりぽんにした理由は

 

「好奇心旺盛な今井あさのキャラクターを表現するため」

 

だそうです。

 

恐らく脚本の大森美香さんと佐野元彦さんの間で出来たのではないかな!?と思われますが、鈴木梨央ちゃんも「びっくりぽん」を見事に使いこなして演じていて、見ていて嫌な感じはないですね。

 

ドラマのストーリーはいよいよ梨央ちゃんから波瑠さんにバトンタッチとなりますが、「びっくりぽん」は波瑠さん演じるあさでも進化して登場するそうです。

 

佐野さんと大森さんがやけにこだわっている?!びっくりぽん・シリーズも楽しみにしたいと思います。

 


スポンサードリンク

2 Responses to “「びっくりぽん」の語源とは?京言葉や京都弁の方言ではなく造語とも”

  1. […] (びっくりぽんの語源が京都弁ではないっぽい件はこちらから) […]

  2. 山本 啓二 より:

    『びっくりぽん』・大森美香・あさがきた・NHKは最低!!
    料金引き落としを止める事にします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ