ベッキーの肌が綺麗な理由は酵素美容?愛用の化粧品とシャンプーは?

 

「2014年ベストビューティストアワード」が発表され、タレント部門はベッキーが受賞しました。

 

この賞は「”美”を通じて世の中の人々に共感され、今年最も輝いた女性に贈られる賞」です。

 

授賞式へ参加したベッキーを見るとスラッとした細い体型、綺麗な髪、ツヤのある肌、さすが受賞するだけのことはあるなと思いましたが、ベッキーからこんな受賞コメントがありました。

 

引用 〜ベッキーのベストビューティストアワード受賞コメント〜

今年はバラエティや歌など色々なお仕事に加え、プライベートも充実した年でした。美しさを維持するために食事に気を付けたり酵素美容、冷え取り健康法などを実践しています。

 

ベッキーの冷え取り健康法は聞いたことがあったのですが、酵素美容?って何だろうと思い気になったのでまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

酵素美容って何がどういいの?

 

ベッキーがベストビューティストアワード受賞の際に、美しさを維持するためにやっていると言っていたのが”酵素美容”ですが、酵素美容というのはどういう効果があって、誰でもできるものなのでしょうか?

 

酵素というのは3000種類程あると言われ、ビタミンやミネラルが体の中にで働く際に必要な物質です。もしかしたら酵素パワーの何とかという洗剤の方が有名かもしれませんが、これも汚れを落とすときに酵素の力を利用していて酵素は食べ物とは限りません。

 

食品としての酵素には消化吸収、新陳代謝、排泄などを促す作用があります。

 

つまり酵素を取り入れることで栄養の吸収を良くして、肌の代謝を高め、さらに便秘解消など老廃物の排出を行うので、体の内側を綺麗していくことで血行や肌のツヤがよくなり自然に潤った肌になるということなんですね。

 

酵素による美容効果

・ダイエット

・便秘改善

・デトックス

・美肌作用

・美白作用

 

酵素美容は意識して酵素を定期的に食べる・飲むするということですが、酵素を含む食品は野菜、フルーツ、お刺身、それといわゆる発酵食品(麹、味噌、醤油、納豆など)です。

 

ベッキーのように仕事が忙しい方は、こうした酵素を含む食品だけを意識的にとるのは難しいと思いますので、おそらく市販されている酵素入り飲料などを活用しているだろうと思います。今は酵素に特化したドリンクが結構出回っています。

 

またベッキーで言えば、他にも【冷えとり健康法】【22~2時睡眠】【マイボトルで白湯】など色々と体の内側からも綺麗になるためのアプローチもされているようで、美しさを維持するために色々と努力されていますね。

 

スポンサードリンク

 

ベッキー愛用の化粧品とシャンプーは?

 

ネットを調べてみると、ベッキーは髪が綺麗なので、ベッキーが使っているシャンプーが何か知りたい!という声がかなり多いです。

 

またベッキーがシャンプーのCMに出るようになってしまったため、CMガールとしての宣伝ではなくて、実際使っているシャンプーが知りたい!という声も多いです。

 

ちなみにベッキーがCMで宣伝しているはディア ジャングル(DearJungle)というノンシリコンのシャンプー&トリートメントです。

 

そしてベッキーがプライベートで愛用しているシャンプーを探してみると、ファンの方がベッキーのイベントで「いつも使っているシャンプーとトリートメントを教えて下さい!」と質問したことがあり、その時にベッキーは「マニアックだね〜」と笑いながら、

 

頭皮は無添加のシャンプーで洗って、髪はケラスターゼを使ってる

 

と話したそうです。

 

またベッキー愛用の化粧品についても調べてみると色々と出てきますが、まとめると大きくこんな感じになりました。

 

・乾燥肌敏感肌向けの化粧品として、キュレルシリーズ
・エステなどで使われているベクティーナシリーズ
・ナチュラルメイクのRMKシリーズ

 

シャンプーや化粧品は個人の体質によっても相性があると思いますが、一度試してみるのはよいかも知れませんね。

 

ベッキーが美しさのために実践している酵素美容と愛用シャンプーと化粧品のまとめ

 

ベッキーが実践している酵素美容について、酵素が持っている力と酵素を取り入れることによって得られる美容効果についてまとめました。また酵素を食べる・飲むためにどういう食材が良いかというのと市販の酵素ドリンクでも代用できることを書きました。

 

ベッキー愛用のシャンプーは地肌は無添加シャンプー、髪はケラスターゼということです。また化粧品は主にキュレル、ペクティーナ、RMKを使っているという噂でした。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ