Apple Payとは?超便利な仕組みやSuicaやFeliCaとの違いを紹介

 

最近よくニュースなどで目にする(耳にする)『Apple Pay』という言葉。

 

何となく簡単に支払いできるサービスというのはわかりますが、Apple Payとは具体的にどんなサービスで、どうやって使うのでしょうか?

 

また便利とは言ってもクレジットカード情報を扱うので、セキュリティ面の問題は大丈夫なのでしょうか?

 

SuicaやFeliCa(お財布ケータイ)など、すでに似たようなサービスもありますが、それよりも断然便利で使いやすいApple Payの仕組みと使い方を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

Apple Payとはどんなサービス?

 

Apple Payをわかりやすくと言うと、

 

『iPhoneを使ってSuicaのようにかざすだけでクレジットカード決済(カード払い)ができるサービス』

 

と言えるかと思います。

 

ただしSuicaよりも使い道が広く、超便利で、より安心なサービスなので、具体的にどんな仕組みになっているのか紹介します。

 

クレジットカードの情報を守るセキュリティ機能は大丈夫?

 

Apple Payを使うには、自分の使いたいクレジットカード情報をiPhoneに登録しますが、この時専用のアプリで一つ一つ設定する必要としません。

 

登録方法は極めて簡単でiPhoneでクレジットカードの写真を撮るだけでOKです。
(手入力を選択することもできます)

 

さらにクレジットカードは何枚も保存できるので、支払いの際にどのクレジットカードを使うか自分で選択することもできます。

 

ただここで心配なのは、大事なクレジットカード情報をiPhoneなどに入れておいても大丈夫か?という点ですね。

 

Apple Payに対応したiPhoneは固いセキュリティ機能を持っていてクレジットカード情報は安全にガードされます。

 

スポンサードリンク

 

Apple Pay対応のiPhoneのセキュリティ機能

 

1)支払いの際は必ず本人の指紋認証が必要となります。

2)クレジットカード情報はiPhone内に用意された特別の専用データ領域に暗号化されて保存されますので、万が一iPhoneを誰かに取られてもiPhoneからデータを取り出すことができません。

3)万が一iPhoneを紛失しても、他のパソコンなどから「iPhoneを探す」の機能を使ってカード利用をすぐに停止できます。クレジットカード会社に電話してカードの利用を停止してもらう必要はありません。

4)支払い先の店舗が自分のクレジットカードの情報を参照することができません。

 

これだけセキュリティ機能があれば、安心して使っても問題なさそうですね。


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ