アルジャーノンに花束をの映像に「はんぐる」の文字?韓国陰謀の噂

 

4月10日から始まるドラマ「アルジャーノンに花束を」が話題となっています。

 

「アルジャーノンに花束を」はアメリカ人の小説「Flowers for Algernon」が原作となっていて、2002年にユースケ・サンタマリアさん主演でドラマ化された時は大ヒットとなりました。

 

今回はTBSでドラマ化され、主演に山下智久さん、さらに窪田正孝さん、工藤阿須賀さんとイケメン揃いですが、ユースケ・サンタマリアさんの時の出来が良かっただけに山下智久さんの演技へ非常に注目が集まっています。

 

が。その一方で

 

今回の「アルジャーノンに花束を」は、韓国が日本のテレビ局(TBS)を操っているのでは?とネットで噂にもなっているので紹介します。

 

韓国が日本のテレビメディアを操る噂

 

今に始まったことではなく、以前から韓国人は裏で日本のテレビ局を牛耳っている、ダメにしている、支配している、といった陰謀の噂はちょいちょい出てはいました。

 

そういうニュースは結構面白いのですが、陰謀説でよく話題となるのがこんなネタです。

 

・テレビ局には韓国人採用枠が存在する

 

・よく見てみるとテレビ局の社員には在日韓国人がやたら多い

 

・番組の監督やプロデューサーが韓国人で気付かれないように韓国よりの番組を作っている

 

・副音声で韓国語放送を行なっている

 

 

特に面白いのが韓国のステルス・マーケティング(いわゆるステマ)説です。

 

つまり平たく言うと

 

「韓国人はテレビの視聴者が宣伝と気付かない仕方で韓国の宣伝をしている」

 

ということですね。

 

これは例えばどういうことかと言うと

 

・サザエさんのカツオ君の部屋に東方神起(韓国出身の超人気デュオ)のポスターが貼ってある

 

・よく見るとK-POPを番組でごり押ししている

 

・スポーツ番組で日本人優勝時は君が代斉唱をカットし、韓国人優勝の時は国歌斉唱をノーカットで流す

 

・アニメの中でいきなり韓国料理(参鶏湯など)が登場する

 

・天気図がやけに韓国に寄ってる

 

こういう感じです。

 

ステマと言われるだけあって、「えーそうなの!?全然気付かなかった」といつも驚かされますが、このステマの背後にあるのが

 

「日本人は自然と韓国モノを好むよう、サブリミナル的に韓国を刷り込まれている」

 

というわけなんですね。

 

「ほーそうだったのかー」という感じですが、

 

では「アルジャーノンに花束を」はどこが韓国ステマなのでしょう?

 

ネットの噂を見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

「アルジャーノンに花束を」に隠された韓国ステマとは?

 

4月10日にスタートするドラマ「アルジャーノンに花束を」にも韓国のステマが入っていると噂になっているのですが、その理由は

 

ドラマの予告編映像の中にさり気なく映し出される「はんくる」の文字です。

 

【「アルジャーノンに花束を」の予告編】

6fdc2e42

 

とてもさり気ないのですが、確かに「はんくる」というカードが配置されています。

 

これを偶然と言うにはあまりにも出来過ぎている(むしろ意図的としか思えない)と話題となっています。

 

【偶然とは思えない理由】

 

1)「は・ん・く・る」という4枚のカードが選ばれている

 

2)さらに4枚のカードが「はんくる」という並びになっている

 

3)そして「く」の右上に点があることで「ぐ」に見えやすくなっている

 

 

そう言われると、確かにこれはちょっと「異常」ですし、なんだか不気味です。

 

いったい誰がこんなステマを作れるのでしょう?

 

意図的ということであれば、誰かが仕組んだということになりますが、そこでまた噂が広がっているのが「アルジャーノンに花束を」の編成プロデューサーです。

 

「アルジャーノンに花束を」を担当する編成・プロデューサーは韓哲(はん ちょる)さんなのです。

 

【韓哲さんのプロフィール】

han

韓哲(はんちょる)

1973年4月23日生まれ(41歳)

出身:東京

麻生高校卒。早稲田大学商学部卒。

1997年TBS入社。

TBSテレビのディレクター、プロデューサー

 

wikiでは特に触れられていませんが、出身は東京でも名前が韓国名(?)なので在日韓国人と言われています。

 

そして韓哲さんは、これまでも番組編成やプロデューサーとして韓国ステマ疑惑に登場したことのある方なので、今回ももしかして!?!?となっているわけなんですね。

 

スポンサードリンク

 

「アルジャーノンに花束を」に韓国ステマの噂まとめ

 

4月10日から始まるドラマ「アルジャーノンに花束を」の予告編映像の中に韓国ステマが刷り込まれていると話題となっています。

 

その理由は、予告映像の冒頭で「はんくる(はんぐる)」というカードががさり気なく配置されているということで、これはまさしく韓国ステマだと噂となっています。

 

そして今回「アルジャーノンに花束を」を担当する編成プロデューサーが韓哲(はんちょる)さんということで、韓国ステマ疑惑はさらに大きくなっているようです。

 

そこへ追い打ちをかけるように女性セブンでは次のような記事が掲載されました。

 

4月10日からTBS系でスタートする注目ドラマが、『高校教師』『未成年』『聖者の行進』(いずれもTBS系)など大ヒット作を次々と生み出した野島伸司さんが脚本監修を担当する『アルジャーノンに花束を』。

 

「野島さんのほうから『アルジャーノンをやってみたい』という話がありました。半世紀以上前に書かれた小説ですが、いまだに色あせない魅力があるのでドラマ化が決定しました」(プロデューサー・韓哲さん)

 

原作にはないエピソードも盛り込まれている。

 

「山下智久さん(29才)演じる主人公・咲人を中心とした友人関係を新たに書き加えました。花の配送センター(原作ではパン屋)で一緒に働いている仲間たちとの友情を強く描いています」(韓さん)

 

原作のファンも新鮮な気持ちで楽しめる想像を超えた展開が待っていそう。

 

※女性セブン2015年4月9日・16日号 引用

 

ネットではこれに対して、「原作にはないエピソードへ、さらなる韓国ステマが盛り込まれるのでは?」という意見も多く見られました。

 

そう言われてしまうと「ステマがないかどうか、(内容より)そっちの方が気になって仕方ない」ですが、でも見るとステマの影響受けちゃうし、、、なんてちょっと考えてしまうところですね。

 

個人的に、「アルジャーノンに花束を」はあまり見る気なかったのですが、ステマの噂を聞いたら逆に見たくなったりしてます。


スポンサードリンク

5 Responses to “アルジャーノンに花束をの映像に「はんぐる」の文字?韓国陰謀の噂”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ