あぶない刑事2015最新作のキャストの年齢は?公開日とストーリーも

abu

 

「あぶない刑事」が10年ぶりに劇場版で公開決定と話題となっています。

 

タイトルは『さらば あぶない刑事 ―long good-bye―』と、かなり意味深なタイトルです。

 

あぶない刑事といえば90年代に超大ヒットした刑事ドラマですが、若い人にとっては聞いたことがない、もしくは名前くらいしか知らないという存在かも知れません。

 

一方、タカ&ユージのコンビが最高だったあぶない刑事にハマった「あぶデカ世代」にとっては、大変なサプライズニュースです。

 

当時凄まじい人気でしたので、あぶない刑事と聞いて、きっと青春時代の楽しい思い出が突然よみがえるような気持ちになった人も多かったはずです。

 

ただ、その後少し冷静になってみると、ガクっとテンション下げた人も多かったと思われます。

 

というのはあぶない刑事が流行ったのはえらく昔なので、当時から考えて、タカ(舘ひろし)やユージ(柴田恭兵)一体今何歳なんだ?

 

と思っただろうと思うのです。

 

そんな歳で今更アクションとかされても厳しいと言いますか、それこそ「あぶない刑事」ですから、見てる方が心配です。

 

あれから舘ひろしさんや柴田恭兵さんは、どのくらい貫禄がついてしまったのか?

 

また浅野温子さんは、真山薫役を今更演じることが可能なのか!?

 

余計なことをするなと言われそうですが、当時のあぶない刑事の画像と比較しながら、今回どんなあぶない刑事になりそうか予想してみました。

 

また現在公開されているストーリーと公開予定日についても紹介します。

 

スポンサードリンク

 

10年ひと昔と言いますけど「あぶデカ」は何昔?

 

今回のニュースをみて多くの「あぶデカファン」は

 

「やったー!あぶない刑事また見れんのー♪」

 

とにわかに喜んだ人は多いと思いますが、その後

 

「いやいや、ちょっと待てよ」

 

となった人は多かったのではないかと思います。

 

ニュースでは10年ぶりの復活という流れていますが、あぶない刑事が最初にテレビで放映されたのは1986年です。

 

つまりシリーズ最後の劇場映画となった「まだまだあぶない刑事(2005年)」から数えて10年ぶりということなんですね。

 

そう考えると、あぶない刑事は放送開始から数えて、実はもう30年近くも経つのです。

 

そのために「あぶデカ復活はとても嬉しいのだけど、その歳じゃ物理的に無理っしょ」という気持ちになったのではないかと思います。

 

ちなみにネットの反応も見てみます。

 

・あぶない刑事、私の青春でした♪

 

・あぶない刑事が復活そして完結するという噂を耳にして、青春を捧げた(そんな大げさでもない)わたしはどんなに面白くなくても(失礼)映画館に足を運ばなくては!!と思いました。

 

・「あぶない刑事」はドラマ放送当時からドラマは全て見てきたし映画も見に行った。当時は田舎暮らしだったから撮影場所の港ヨコハマは憧れで、GWに遊びに来てはゆかりの場所を回ったり…近くに住むようになった今でも行くたび想い出す。

 

ネットの反応を見ていると、純粋に嬉しい、すごい楽しみ、というコメントもありますが、結構多いのが昔を懐かしむようなメッセージです。

 

当時のあぶない刑事は絶大な人気を誇っただけでなく、ロケ地もかなり注目を集めて、ロケ地まわりをするファンも多かったようです。

 

ですので、”あぶデカ世代”があぶない刑事と聞くと、どうしても若い頃を思い出してしまうんでしょうね。

 

それでは放送開始から30年経った今「あぶない刑事」をやったらどんなことになってしまうのかストーリーと一緒に見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

あぶない刑事のキャストは今何歳?今から現場刑事は大丈夫?

 

ニュースを見ると、今回の「さらば あぶない刑事」のストーリはこんな感じです。

 

シリーズを通して広域暴力団「銀星会」との抗争も描いてきたが、最新作ではタカとユージが最後の事件としてその銀星会の残党を叩いたことで、背後に”最強の敵”の影が浮かび上がる。

果たして2人は、「夢見る優雅な年金生活」を無事に送ることができるのか。

おなじみの仲村トオル演じる町田透、浅野温子演じる真山薫も登場。

劇場版の3作目と4作目のコンビ、村川透監督と脚本・柏原寛司が再びタッグを組む。

 

なんとタカ&ユージだけでなく、お馴染みのメンバーまで登場するようです。

 

「わーなんて豪華キャスト!もしかしたら木の実ナナやベンガルまで出演するかしら?」

 

なんて思いがちですが、もしそうなったらこれはもうえらいことです。

 

というのは実は皆さんもう50代、60代で実際問題、定年退職レベルなのです。

 

それで事件とか最強の敵とか言われても、色んな意味でホントに「あぶない」ですから、せめて現場は水谷豊さんとか織田裕二さんに任せた方がいいくらいです。

 

では実際タカ&ユージがどのくらい「あぶない刑事」なのか、メンバーの年齢を確認して見ていきましょう。

 

【現在のタカ。舘ひろしさん(64歳)】

zenryoku_01

 

今年1月スタートのドラマ「全力離婚相談」の舘ひろしさんです。

 

今でもクールな雰囲気は残ってはいますが、見るからに角がとれてしまってかっこ良く年を取りましたね、という感じです。少なくともワルと格闘とかは無理そうです。

 

「全力離婚相談」の役どころも「弁護士事務所所長」となっていますので、現場でバリバリ仕事をするという感じではないですね。

 

ちなみに昔の舘ひろしさんならこうです。

 

【現場仕事しかしてなかった頃の舘ひろしさん】

p1

 

この姿については、コメント不要ですね。

 

「ノーヘルでバイク乗って、手放しで、銃まで打つという、これぞ舘ひろしです」

 

次はユージをチェックしてみましょう。

 

【現在のユージ。柴田恭兵さん(63歳)】

001

 

今年1月スタートの時代劇「風の峠」で中村雅俊さんと共演する柴田恭兵さんです。

 

柴田恭兵さんの場合、変わり過ぎてちょっと言葉を失ってしまいますが、今のお姿を拝見すると例えば

 

「犯人を追いながらガードレールをひょいっと飛び越えて下さい」

 

なんて指示を監督は出せないと思うんですよね。

 

ちなみに時代劇での役どころも「政治を一手に担う家老」です。やはり年齢的に考えて、もはや斬り合いとかできないレベルです。

 

 

ちなみに昔の柴田恭兵さんならこれもんです。

 

【クールでナンパだった頃の柴田恭兵さん】

image

 

ユージ(柴田恭兵さん)は、舘ひろしさんの硬派なイメージとは対象に、オシャレでクールな軟派刑事だったんですよね。

 

ある意味ユージのあぶない刑事復帰が一番心配なのは私だけでしょうか。

 

ついでなので薫もチェックしてみましょう。

 

【現在の薫、浅野温子さん(53歳)】

00000552001

 

去年(2014年)に舘ひろしさんと共演したドラマ「なるようになるさ」の浅野温子さんです。

 

浅野温子さんの場合、容姿うんぬんより前にもうタカ(舘ひろしさん)と夫婦になっちゃってます。

 

さすがに女性なので綺麗にはしていますが、それでも「なるようになるさ」での役どころは子供が3人いてさらに孫までいる熟年夫婦の妻役です。

 

いくら53歳には見えない!とはいっても、あぶない刑事のあのちょっと頭悪い感じの薫役というのはどうでしょう。

 

薫役は可愛いからこそできるのであって、今の浅野温子さんがやったら。。。

 

ちなみに昔の浅野温子さんならこうです。

 

【可愛いおバカキャラだった頃の浅野温子さん】

 

f99d0f64ac

moblog_8e8cacdes

 

はい、可愛いですねえ。浅野温子さんだけ2枚です(記事を重くしてすみません)。

 

当時の浅野さんは、怒っても、ドジっても、叫んでも、可愛かったんですよね。

 

たださすがに今回は新たに可愛いヒロインさんが登場するようですので、誰になるのか楽しみですね。

 

そして次は仲村トオルさん(49歳)と行きたい所ですが、、、いい加減この辺にしときます。ちなみに仲村トオルさんは今回かなり出世しているそうです。

 

こうしてみると(失礼ながら)還暦を越えた元刑事が署長クラスならまだしも、バリバリの現場に復帰するというのはイマヒトツ想像が難しいかなと思います。

 

ちなみに舘ひろしさんは「足腰は多少パワーダウンしましたが、今でも特技はバイク・アクション!」とアピールされたそうです。

 

ちなみに公開は2016年の正月予定だそうです。

 

どんな「あぶない刑事」なるのか楽しみですね。

 

劇場版「さらば あぶない刑事」のまとめ

 

舘ひろし、柴田恭兵コンビの「あぶない刑事」が10年ぶりに復活すると話題となっています。

 

今回はタカ(舘ひろし)&ユージ(柴田恭兵)のコンビが復活するだけでなく、真山薫こと浅野温子さんや町田透こと仲村トオルさんも出演することが明らかになりました。

 

あぶない刑事はかつて絶大な人気を誇った刑事ドラマですが、放送が開始された1986年から数えるともう30年近く経つことになります。

 

タカ&ユージはとっくに還暦を過ぎています。そしてかつては浅野ゆう子さんとダブル浅野とも呼ばれ、美しい女性の代表だった浅野温子さんも、残念ながら今では50を超えました。

 

当時のあぶない刑事の頃と現在の画像を比べて見ると大変なことになってしまいました。

 

ただネットの反応を見ても多かったのは「懐かしくて楽しみ」「あぶデカは私の青春」「当時はドラマ・映画だけでなくロケ地周りも楽しかった」というコメントでした。

 

ファンにとっては(ずいぶん年取ったなとは思うと思いますが)年齢は関係なく、青春時代のあの楽しみをまた味わえるという期待が大きいのかなという印象でした。

 

今回は映画の内容がどうこうというより、「あぶない刑事」と同窓会にいくような気持ちで劇場にたくさんのお客さんが集まるのではないかなという気もします。

 

あぶない刑事のタカ&ユージや薫は今でも若いままだから、今更見に行きたくないという気持ちもなくはないですが、

 

公開されたらやっぱり見てしまいそうです。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ